トラブル解決

洗面所の水が止まりにくい原因はパッキンであることが多い?その対処法を紹介

更新日:

洗面所の蛇口から水が止まらない

あたり前のことですが、蛇口を閉めれば水は止まります。しかし、家庭によっては蛇口を閉めても水が止まらないということもあります。

家庭の蛇口は、ふつう子供でも水が止められるようになっています。ところが大人が力強く蛇口を閉めないと水がなかなか止まらないというのであれば、蛇口に異常が発生していると考えてよいでしょう。

このような蛇口の水が止まらない原因ですが、たいていはパッキンの劣化です。もし蛇口を閉めても水が止まらない、止まりにくいようであれば水道業者に依頼して修理をお願いする方法もあります。しかし原因によっては、自分で修理できる可能性もあります。

パッキンを交換すれば問題解決できる

洗面所の水が止まらないのは、ほとんどがパッキンの劣化です。修理作業は簡単に、パッキンを新しいものと交換することです。パッキンはホームセンターなどでも購入することができます。

まずは蛇口の止水栓を止めます。そこから蛇口の分解を始めましょう。蛇口を分解して劣化したパッキンを新しいものに交換し、逆の順序で蛇口を組み立てていきます。組み立て終わったら、止水栓を開けて水が正常に出し止めできるか確認しましょう。

パッキンをホームセンターなどで購入するとき、いま使われているパッキンを持っていきお店の人に見せるのがよいでしょう。パッキンは同じサイズでないと交換できないので、いま使っているものを持って行くと安心です。

レバーの場合の対処法は?

最近では洗面所の蛇口がレバータイプの家庭も多いでしょう。レバータイプでも水がなかなか止まらないというトラブルは起こります。そういったときは、まずレバーのふたを開けてパッキンの交換をしましょう。レバーのふたは通常、後ろ側に取り付けられています。

レバーのふたを開けたら止水栓を締めて、水の出ない状態にします。中にねじがあるので、ドライバーなどを使ってねじを緩めていきます。するとパッキンが取り出せるので、劣化したパッキンを取り除き、新しく購入したパッキンを取り付けます。

もしこのとき、ねじが硬くなっていたら、ねじのところにオイルを塗り、しばらく放置します。すると滑らかにねじを緩めることができるので、力を入れても外せそうにないときにはこの対策を講じてみるとよいでしょう。

最後に逆の工程で、レバーを組み立てていき、止水栓を開けましょう。これで水がきちんと出し止めできるかどうか確認して、問題ないようであれば作業は完了です。これはシングルレバーでもダブルレバーでも基本的な流れは一緒です。

水道の修理全般に共通していることですが、作業をする際に力任せにおこなうとパーツが破損してしまうことがあります。無理におこなわないように心がけましょう。

修理にかかる費用は?


洗面所の水が止まらなくなり自分で修理をおこなうとなれば、パッキンの購入費用だけの負担で済みます。水道のパッキンですが、ホームセンターなどでも販売されていて、数百円程度で購入ができます。

もしこれが水道業者に依頼するとなると、4000~8000円程度掛かることになるでしょう。費用で比較すると、自分でおこなうのが無難といえます。

ただし素人が修理をおこなっても大丈夫なのかという不安を持っている人もいるでしょう。そういったときは、無理せずに水道業者に相談することです。

水道業者に蛇口の交換などを依頼する際には、きちんと状況を説明しましょう。例えば、洗面所の蛇口を閉めても水が止まらないということを伝えたら、いくらくらい費用が掛かるのか見積もりを出してもらうことです。なぜその値段になるのか、具体的にどこに問題があって、どのように修理をするのか、詳しく内容を確認し納得できればその業者に作業を依頼することです。たいていのところが見積もりは無料で出してくれるはずです。

洗面所の蛇口を閉めてもなかなか水が止まらないというのは、軽く見てしまうかもしれません。しかしパッキンの交換をすれば、問題は解決できます。パッキンは結構長持ちする部品で、1回交換すれば10年ほど交換せずに済むことが多いです。

また洗面所の蛇口をきつく閉める癖のある人はいませんか?もしこのような癖がるなら気をつけましょう。

というのも蛇口を毎回きつく閉めると、パッキンの劣化を早める恐れがあるからです。子供でも止められるほどの硬さに蛇口はなっています。あまりきつく蛇口を閉めないよう心掛けましょう。



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.