トラブル解決

シャワーを止めてもポタポタ水が垂れる…修理する前のチェックポイント

更新日:

シャワーの水が止まらないのは決して故障ではない

お風呂場のトラブルで水道業者に問い合わせするというケースも多いです。その中でもしばしば問い合わせのくるものとして、「シャワーの水が止めても止まらない」という内容があります。シャワーの水をしっかり止めたつもりでもポタポタ水が垂れてしまうと、「故障しているのではないか?」と思うかもしれません。

しかし業者がチェックすると、まったく故障していないケースが多いです。業界では「残留水」とか「残水」と呼んでいるようですが、シャワーヘッドの中に溜まっている水が重力によってポタポタ落ちているだけだったというケースが多いのです。ですからいきなり業者に依頼するのではなく、まずは本当に故障しているかどうか自分でチェックしてみるのがおすすめです。

シャワーヘッドを取り外してみる

シャワーを止めてもポタポタ水がしたたってくるようであれば、シャワーヘッドを取り外してみましょう。シャワーヘッドは簡単に取り外せるようになっていて、ヘッドを反時計回りに回せば緩んで外せます。手で外すことができるはずですが、水で滑るようであればゴム手袋をつけておこなうと作業がスムーズになります。

手でどうしてもシャワーヘッドが外せないようであれば、ホース側についている金具をプライヤーで回して外せばいいでしょう。ダイレクトにプライヤーをかませると金具が傷ついてしまう恐れがあります。ですからホームセンターで販売されているゴム板を巻いてからプライヤーをかませるようにしましょう。

ホースの中の様子を確認する

シャワーヘッドを外せたところで、ホースの中の水の様子を確認しましょう。水がホースからあふれてくるようであれば、問題はないと思っていいでしょう。残留水・残水のせいだからです。

通常シャワーを止めるとヘッドから水がポタポタしたたることはないです。これは表面張力が働くことで、ヘッドの内部に溜まっている水が流れ出ないようになっているからです。ところがいったん水が流れ出してしまうと、シャワーヘッドの中に空気が入ります。すると吐水穴の下の部分まで溜まっている水がすべて流れ出てしまうので、なかなか止まらなくなってしまいます。

ホースから水が溢れてきて止まらないようであれば、これは止水機能に何らかの問題の起きている可能性が高いです。これはシャワーの故障なので、水道業者に修理を依頼したほうがいいでしょう。水がいつまでもポタポタしたたりますので、水道代がそれだけ無駄に請求される恐れが出てきます。

故障ではない場合のポタポタ・どのくらいで止まるの?


残水によるポタポタは故障ではないので、水道業者に連絡を取る必要はないです。ではここで疑問として、どのくらい待てばポタポタ水がしたたらなくなるのかという点が出てくるでしょう。これはシャワーヘッドの種類によって、かなり違いがあるようです。比較的短時間で止まるタイプもありますし、5分以上経過してもポタポタ水が垂れているタイプもあります。

シャワーヘッドの散水板をチェックしてみましょう。散水板の小さいものであれば、残水はそれほど大量ではないでしょう。シャワーヘッドのサイズが大きいと、その分散水板のところも大きめなので残水が多くなりがちです。

故障カ所ではないかチェックしたい、でもシャワーヘッドを取り外すのは面倒・心配という人もいるでしょう。そのときにはシャワーの水の出る散水板のところを上に向けてみましょう。

残水であれば、重力がない環境の中で水漏れが起きることはないです。上に向けても水がじわじわ出てくるようであれば、給水のところがきちんと止められていない可能性が高いです。また水が止まらない故障を起こしているとき、一定の間隔で水が落ちてくるはずです。この部分でも見分けてみるといいでしょう。

水がポタポタ落ちてくる…この場合の対処法は?

残水によるシャワーのポタポタは故障ではないので、そのまま放置しても問題はありません。しかしポタポタ水が垂れているときになって仕方がないという人もいるでしょう。とくにワンルームのような一人暮らしで限られた空間だと、「ポタポタ」という音で気が散ってしまうという人もいるでしょう。

そのときには、まずシャワーの下のところに洗面器やタオルなどを敷いておきましょう。こうすれば、ポタポタという水の音が気にならないでしょう。

そのほかにはシャワーを使い終わったところで、シャワーヘッドをよく振ります。そして人工的に残水を出し切ってしまうことです。その後シャワーハンガーにかければ、ポタポタ水は垂れてこないでしょうし、垂れたとしても本当に少量なのですぐに収まるはずです。

そのほかには、シャワーを使い終わったところでシャワーヘッドを外してしまうという方法もあります。そうすれば残水も外した時に一気に出てしまいます。

中にはシャワーを浴びた後に浴室の床をからぶきしているという人もいるでしょう。せっかくからぶきしたのにシャワーのポタポタで濡らしたくないでしょう。あまりおすすめできる方法ではないですが、シャワーヘッドを外してしまえば、からぶきした床が再び濡れることはないでしょう。

シャワーの残水の点検を業者に行ってもらうとなると、少なく見積もっても3000円かかってしまいます。故障でもないのにこれだけの費用を払うのはもったいないです。ですから上で紹介したチェックをして、故障なのかどうかチェックしてみることです。



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.