トラブル解決

洗濯機からの水漏れ…故障しているの?原因と対策を紹介

更新日:

洗濯機が故障すると大変

洗濯機はファミリー世帯はもちろんのこと、一人暮らしでも家にある人は多いでしょう。毎日洗濯機を回している世帯も多いでしょうが、トラブルが起きて使えなくなると不便になります。コインランドリーなどに行って洗濯しなければならず、近くにないとどうすればいいか途方に暮れてしまいます。

洗濯機の耐用年数は、一般的には7年といわれています。しかし、10年以上平気で使い続けているという人もいるでしょう。洗濯機は使えるのが当たり前と思っている人が多いので、ひとたび問題が起きるとどうすればいいかパニックになってしまう人も多いようです。

洗濯機のトラブルにはいろいろなケースが考えられます。その中でも多いのが水漏れです。洗濯機から水漏れが発生した場合、以下で紹介する原因を疑ってみるといいでしょう。

フィルターや洗剤ケースからの水漏れ

洗濯機から水漏れが起きている場合、どこで発生しているかによってある程度原因を特定することが可能です。フィルター部分や洗剤ケースから水漏れが起きているのであれば、その部分で詰まりの発生している可能性が高いです。

とくにフィルター部分からの水漏れは発生しやすいので、こまめに糸くずや繊維を取り除いておきましょう。糸くずや繊維カスをそのまま長期間放置していると、溶け残った洗剤と絡みやすくなって、ヘドロのようになります。これが詰まりの発生源となって、水漏れを起こします。とくに排水時に水漏れが起こりやすくなるので、チェックしてみましょう。

洗剤ケースの水漏れの場合、洗剤が溶け残ってしまいこれが固形状になり詰まりになることで発生し、そして、給水時に水漏れが発生しやすくなります。洗濯機の内部に固形化した洗剤が流れ込んでしまって水漏れや最悪故障の原因となる可能性もありますので、こまめに清掃するのがおすすめです。

洗濯槽やタンクが内部の水漏れ


洗濯やすすぎなど洗濯機を使用しているときに水漏れを起こすということはありませんか?これは、洗濯機の内部で何らかの故障・不具合の起きている可能性が高いです。具体的には洗濯槽がひび割れを起こしている、内部のタンクに故障が起きている可能性も出てきます。

洗濯機も家電製品の一つなので、経年劣化を起こします。とくに購入してから10年以上も経過すると、内部で故障が起こりやすくなります。決して頻度的には多くないですが、内部の不具合が洗濯機の水漏れを起こす可能性のあることは頭に入れておいて損はないでしょう。

内部の故障ですが場合によっては、シャフトやバルブなど不具合を起こしている部品を交換して直すことも可能です。しかし、耐用年数を超えた水漏れは、メーカーがその機種の部品をすでに生産していない可能性もあります。この場合は、修理よりも新品に交換したほうがむしろいいかもしれません。

ちなみに洗濯機の寿命ですが、もちろん使っている環境・使用頻度などによっても変わってきます。しかし、平均的には10~15年が相場といわれています。使用回数でみると2500~3000回の間が目安になります。もし、洗濯機を購入して10年以上経過して水漏れが起きているのであれば、そろそろ寿命かなと判断したほうがいいでしょう。

洗濯機の水漏れを予防するにはどうすればいいの?

洗濯機の水漏れですが、いくつか自分たちでできる予防策があります。できるだけ長く洗濯機を使用したければ、以下で紹介する対策を実践することです。

この中でも洗濯機を定期的に掃除するのはおすすめの方法です。排水パンや排水溝のほかにもごみ取りフィルターのこまめな交換、洗剤ケースの掃除などを実践することです。目安とすれば、月に1~2度程度のペースで掃除をしましょう。こうすれば洗濯機の寿命を延ばすことも可能ですし、水漏れの起こる可能性も少なくできます。

また洗濯機の使い方も一つポイントになります。一度に全部の洗濯物を洗濯したいと思う人はいませんか?容量を超えて洗濯機を回すのはおすすめできません。一度に大量の洗濯物を入れて洗濯機を回そうと、あまりにたくさんの洗濯物を一度に入れてしまうと、洗濯機にかかる負担がどうしても大きくなります。洗濯機にはそれぞれ、容量が決められています。できれば余裕を持たせるために、容量のマイナス1キロを目安にするといいでしょう。

洗濯機を長持ちさせるためには、定期的にメンテナンスをすることが大変重要です。洗濯機を定期的にチェックして、どこか異常が発生していないかどうか確認しましょう。異常が発生しても早めに対策することで、長持ちさせることも可能です。

内部の水漏れなら素人には対応不可

洗濯機は、内部と外部と大きく水漏れのカ所は2種類に分類できます。外部の場合、ホースなどの接続部のゆるみが原因のケースもあり、素人でも自分で直せることもあります。しかし、内部の異常で水漏れが起きているのであれば、洗濯機を分解する必要があります。こうなると専門知識や技術が要求されるので、素人で対応するのは無理です。

もし、洗濯機の内部で水漏れが起きているのであれば、専用メーカーに問い合わせをすることです。このとき、修理する際の費用について見積もりを取ることです。場合によっては修理ではなく、買い替えた方が費用の安くなることもありますので、慎重に判断しましょう。



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.