トラブル解決

便器やタンクの大量の水滴がついて汗をかいている感じに?なぜ起きる?その対処法は?

更新日:

便器やタンクが濡れている…

便器に座ったとき、タンクに触ったときに濡れている、よく見てみると汗をかいているかのように水滴が大量に付着しているというケースはありませんか?
特に梅雨をはじめとして雨のよく降る時期や台風が多くやってくる秋口、さらに冬に突入して寒くなってきたときに起こりやすいです。

便器やタンクに付着している水滴の正体は、ずばり結露によるものです。

結露は簡単に言うと、温度差によって生じる現象です。トイレの空気中の水分とタンクや便器の中にある水の温度差が大きければ大きいほど、結露は起こりやすくなります。

ただ濡れているだけだと、別に対策を講じなくてもいいような気がするかもしれません。しかし長期間放置していると、住宅の強度などに問題の生じる可能性があります。

タンクや便器に水滴がついているだけであれば問題はないかもしれません。しかしその水滴が大量に生じると、いずれ床に落ちる恐れがあります。床が濡れたままの状態で長らく放置していると、床の腐食を進める可能性もあります。

もし結露が生じているようであれば、早めに対策を講じる必要があります。

換気をして空気の入れ替えをしよう

結露が生じる原因として、トイレの中の湿度が高くなって、その状態で滞留していることが原因です。

そこで換気をして、空気を入れ替えることで結露を防止できる可能性があります。まずトイレの扉を開けて、窓がついているようであれば窓を開けて空気を入れ替えてみましょう。

しかし中には、窓などがついていないタイプのトイレもあるでしょう。その場合、換気扇がついているはずです。この換気扇をつけることで、空気を入れ替えることも可能です。

まずは空気の入れ替えをしてみましょう。ただしトイレの場合、特に換気扇のみしか空気入れ替えの方法がないと、十分に空気が動かない恐れもあります。

防露の劣化が起きている可能性も

タンクに水滴がついている場合、タンクそのものが劣化している可能性も考えられます。

というのも現在使用されているタンクには、防露タンクといって結露対策ができているからです。タンクの内側に断熱材が貼り付けられていて、これが結露を起こさないようにしています。

この断熱材の中には、発泡スチロールを原料としているものもあります。発泡スチロールの場合、長年タンクの中にあって水に触れる環境にあると、徐々に膨張してしまいはがれてしまって結露を引き起こすケースも考えられます。
このような状況になると、水道業者の中にはいったんこの発泡スチロールを取り外すという応急処置を取るケースもあります。

もしタンクに結露が生じているのであれば、タンクの中を確認しましょう。発泡スチロールや断熱材が貼り付けられていて、何か異常はないか確認しましょう。

ただし最近のタンクを見てみると、防露層といってタンクの陶器内に結露対策の素材が使われているケースもあります。
この場合、タンクの内側を見ても特に大きな変化が確認できません。

水道業者に相談して、結露の原因を特定してもらい、適切な対応をお願いしたほうがいいでしょう。

便器・タンクを取り換えるのも一つの方法

あまりに便器やタンクに結露が生じて、床に水滴が滴るような感じになっていれば、便器やタンクを交換してみるのも一つの方法です。
最近の便器・タンクを見てみると、防露対策されている種類もあります。このような便器・タンクに交換することで、結露が起こりにくくなります。

冒頭に紹介したように、便器やタンクに結露が生じると床に水滴の滴る可能性があります。床に水滴がたまると腐食を引き起こしたり、カビが生えたりするかもしれません。
床材の中には、結露に強い素材もあります。具体的にはクッションフロアやタイルなどです。このような床材を使っていなければ、結露に強い素材に取り換えてみるといいでしょう。

また皆さんの使っている便器には、便座など暖房機能のついているタイプも多いでしょう。冬場便座に座ったときに冷たくてびっくりするようなこともないでしょう。
もしこの暖房機能がついていれば、トイレの中の温度差が大きくなりにくいです。
しかし止水栓に結露が生じやすくなる傾向が見られます。

止水栓に結露が生じると、すぐに滴って、床面を濡らす恐れが高いです。
もし室内換気などを行っても状況が好転しなければ、結露防止テープを止水栓のところに巻き付けるといいでしょう。
結露防止テープは、ホームセンターなどで販売されているはずです。
もし結露防止テープがなくて近くのお店で購入できなければ、応急処置として雑巾などを巻き付けておいてもいいでしょう。

また結露の生じやすい時期には、便座やタンク、止水栓などが濡れていないか、汗をかいていないか確認しましょう。
もし結露が発生しているのなら、こまめにふき取っておくのもおすすめです。そうすれば、床に水滴が落ちて濡れる心配もなくなります。



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.