トラブル解決

他人事ではなくなってきている!盗聴器の発見方法と予防策

更新日:

2種類の盗聴器

「賃貸探しをする時には盗聴器が仕掛けられていないかどうかチェックせよ」といわれても、真剣に受け取らない人も多いかもしれません。しかし盗聴器は決して皆さんと無縁のものではなくなっています。まず盗聴器ですが、電気店や通販などで普通の人でも簡単に購入できます。また自分がターゲットにされていなくても、賃貸の前の住民が狙われていて盗聴器を仕掛けられそのまま、ということもありうるのです。

現在販売されている盗聴器は、2種類に分類できます。まずは録音式盗聴器といって、盗聴器の内部にメモリー機能がついているタイプです。メモリーを再生することで、盗聴した内容をあとから確認できます。

録音式の場合、盗聴器そのものが何かを発することはないです。このため、発見するのが難しいと言われています。ただし録音式の場合、後で盗聴器を回収しないと内容を聞くことはできないです。その意味では、自由に部屋の中を出入りできる人物が設置した可能性が高いです。

もう1つの種類が、電波式盗聴器と呼ばれるものです。電波を発信するもので、受信機を持っていれば部屋の中の会話の内容などを聞くことができます。受信機を持っている人であれば聞くことができるので、仕掛けた人間以外も盗聴しようと思えばできます。

盗聴器を回収する必要がないので、発覚するリスクは小さくできます。しかしこの手の盗聴器は電波を発していますので、発見装置を使えば簡単に発見することもできます。

自分で簡単にできる盗聴器の発見方法

部屋に仕掛けられている盗聴器を見つけるには、専用の発見装置などが必要と思っている人もいるでしょう。しかし実際には、手元にあるものを使って簡単に調べることも可能です。もしFMラジオとラジカセのような音の出る機器があればこちらを準備します。

ラジカセを使って音を出して、FMラジオの周波数をいろいろといじってみましょう。もし盗聴器が仕掛けられていると、ラジカセの音とFMラジオの音がリンクするような感じになるはずです。

実は電波式盗聴器の場合、FMラジオの使用している76.0~108.0MHzを共有しているものが多いのです。ですから周波数のダイヤルをいじると、電波式盗聴器の発する電波を拾うことがままあります。まずはFMラジオのダイヤルを最も低いところにセッティングして、徐々にダイヤルを上げていく方法がおすすめです。

もし盗聴器の仕掛けられている可能性が高いのであれば、ラジオを持って部屋の中をうろうろしましょう。すると盗聴器の仕掛けられている所に近づくと、音が大きくなります。音が大きくする方向に近づいていくと、最終的にハウリングを起こします。そのハウリングを起こしたところが、盗聴器の仕掛けられている場所となります。

盗聴されないための方法


盗聴器を発見するよりも、できることならハナから盗聴されない方が良いに決まっています。盗聴防止のために有効な方法がいくつかあります。

まず盗聴器ですが、コンセントや電化製品に仕掛けられることが多いです。そこでコンセントや電化製品に、不正開封防止シールを貼り付けておきましょう。もしこのシールがいじられていれば、盗聴された可能性が出てきます。またこまめに掃除をすることも大事です。掃除をしていれば、なかったはずのものが取り付けられていることにいち早く気づけるからです。

盗聴器を取り付けるのは、犯人がまずその部屋の中に入る必要があります。逆に言えば、皆さん以外が部屋に入らなければ、盗聴器を仕掛けられることもないです。そこで部屋に入れる人を自分が信用できる人たちに絞り込んでおくことが大事です。もし盗聴されても、犯人の特定がしやすくなります。



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.