トラブル解決

高くない?水の修理料金、水道救急センターなら基本料金一定の5000円

更新日:

みんな経験あるある 頭が痛い水回りのトラブル

お買い物をして家に帰ったら、家が水浸しに…。人生に一度はこんなトラブルがあるものです。しばらく固まってしまいますが、すぐに水の修理業者を呼んで処置しないと、問題は自分の家から下の家、さらに下の家へと広がっていくでしょう。

家にいるときでも水のトラブルは突然発生します。ある日トイレで用を足すと、水が流れません。排泄物がたまった状態では他の仕事が手に付かないことでしょうし、お客さんも家に呼べません。いち早く問題を解決することが重要になります。

>>>もしも水道トラブルがおきてしまったら…

あわてて自分で解決しようとすると…

さらに多くの人が経験しているのが、自分で水の問題を解決しようとしてもっと問題が大きくなることです。

例えばトイレが詰まり、どうにか今ある排泄物だけでも流そうと思います。タダでさえあふれそうな便器に、わずかな期待を抱いてもう一度水を流すと…。そう、排泄物を含んだ水は便器の上からあふれ出すのです。ここに書くのもはばかれるような悲惨な状況は、現実問題としていろんなところで起きています。

こんな失敗例もあるようです。水道の蛇口からの水漏れを自分でどうにか直そうと思い、水の元栓を締めて、パッキンの交換を試みます。水漏れのある蛇口のつなぎ目を取り外そうと思ってレンチを回すと…。水道のつなぎ目が外れるのではなく、水道の蛇口そのものがバラバラに割れてさらに水が吹き出てしまう、そんなこともあるようです。これは、分解の順番や、レンチを回す方向を誤まったことが原因で、ひどい時は蛇口の交換だけではすまず、建物の中の水道管そのものを壊してしまい、更なる厄介な水漏れの原因を生むこともあります。

ここから学べる教訓はなんですか?そうです。水の問題は「自分で修理できそうだ」と感じたとしても、素人が解決してはいけないのです。

 

水の問題は専門家に 水道救急センターで解決

水の問題は発見したら、なにもせず、水の専門家に連絡するのが一番賢明です。さてどこに連絡するのがいいでしょう?水修理の技術を持っている業者はたくさんありますが、水の修理というのは、特有のある問題が伴います。

それは水漏れや水詰まりはあまりにも急を要する事態のために、修理料金の話をせずに、先に修理してもらって後から料金の話になることが多いのです。多くても1万円くらいかな?と思っていると、3万円や5万円を要求されることもあり、トラブルの元となりかねません。

絶対的な受託仕事量が多くない町の個人の水道修理業者からするとそこが付け入る隙です。一件の修理からたくさんの利益を得るために、修理が終わってから料金の話をします。でも修理してもらう側からすると、作業前にいくら掛かるのかちゃんと説明してもらい、無駄なお金は払いたくないことでしょう。

この水特有の問題を解決してくれるのが、水道救急センターです。基本料金は一律5000円と定められています。それプラス修理に必要な部品の料金と作業料が足されます。

作業員が現場に到着すると、まず修理場所を見定め、修理見積もりを出し、全体でいくら修理料金が掛かりそうなのかお客さんに説明がなされます。お客さんがその修理料金に同意してから、修理作業開始となります。同意しなければ、その場で修理せずに作業マンに帰ってもらった場合でも1円の料金も発生しません。

全体的な修理費用は、個人経営の水道修理業者よりも安くなる場合が多いでしょう。水道救急センターは水道修理の大手企業のために、基本料金は5000円で全体で掛かる価格もさほど高くありません。修理料金を抑えることができるのは、企業全体としての修理の受注量が多いので、一件あたりの修理料金を抑えることができるためです。

 

水道救急センターってどんな会社?


水道救急センターは、日本の水道修理業者の中でも大手に属します。本社は東京の渋谷区にあり、各官公庁の水道修理業務も任されている技術信頼度の高い業者です。水道修理業者の中でも多くはない、水道局指定業者となっていることがそのことを証ししています。国も認める高い修理技術を要している会社ということでしょう。

さらに興味深いのは、メンテナンス業をしている会社なのに、ホームページの中でお客様へ接する上での社のポリシーを掲げていることです。

  1. 常に誠実であること
  2. 常に研鑽を忘れないこと
  3. 常に笑顔であること

正直言って、メンテナンス修理業界ではポリシーを掲げているような会社はほとんどありません。ですが全国規模で行なうような大きな会社となると、会社として1つに基準を保つためにポリシーを掲げる必要があるというわけです。

こうしたお客さんへの対応基準は全国にいる作業マンが、一つ一つの修理を大切に修理してくれることの保障となるでしょう。

利用特典 Tポイントが貯まるし使える

町の水道修理の会社なら、家に来てもらって水道を修理してもらってそれで終わり、何の特典もありません。時にぼられてしまうという事もあるでしょう。

ですが水道救急センターは適正価格で修理をしてくれるだけでなく、利用特典があります。何と修理価格に応じてTポイントが貯まるのです。200円の修理代金に付き1ポイント貯まるので、もしも修理代金が1万円なら50ポイント貯まるという計算になります。思った以上に大きな修理が必要だったという場合も、Tポイントが貯まるのであれば、利用しやすいのではないでしょうか?

また、水道救急センターは時々キャンペーンを行っており、通常200円で1ポイントのところを100円で1ポイント貯まるときがあります。常々直そうと思っていた水道蛇口などがあるならキャンペーン期間中に修理してしまうとお得かもしれません。さらにツタヤなどですでにたくさん溜まっているTポイントで支払いができてしまうのも嬉しいところです。

意外と珍しい24時間365日対応

水道救急センターの更なる特徴として、24時間365日電話受付に対応していることがあげられます。緊急性の伴う水道の修理業者なのですから当然のようですが、これが意外とメンテナンス会社の多くは休日は休みのところが多いのです。

ですが水道の修理が必要になるのは、外にいる平日ではなく、会社が休みで在宅している日曜休日だったりするのではないでしょうか?せっかく休日なのに水道があふれだしたり、水詰まりで何も流せないという状況になったのに、どこも対応してくれないでは困ってしまいますよね。

ですが水道救急センターなら、24時間365日いつでもしっかり電話が掛かります。これはすごいことです。全国規模ので水道修理を展開している会社は複数社あり、幾つかの会社も365日受付しているのですが、24時間受付ではありません。夜の12時を過ぎると電話が掛からないというのがほとんどです。夜中でも修理に駆けつけてくれるというのは心強いでしょう。

修理し始めるまでは、相談、出張、見積もりがすべてが無料

お客さんからすると一番心配なのは、料金が予想以上に高く掛かってしまうことです。一番多い水漏れの原因は水道管のつなぎ目にあるパッキンが傷んでいることです。パッキン交換なら1万円ほどで修理で終わってしまうでしょう。

しかし実際に現場で水漏れの原因を調べてみると、パッキンではなく水道蛇口そのものがダメになっていたとか、もっとひどいことに、トイレの便器そのものが壊れて漏水しているというケースもあります。そうなるとちょっと大掛かりな工事となります。水道蛇口交換なら1万5000円~3万円ほど掛かるでしょうし、トイレそのもの交換なら5万前後の費用が掛かることもあるでしょう。

大きな出費となると、できれば修理をしてもらう前にか見積もりを出してもらって、今すぐ修理するかどうか決めさせてほしいと思うかもしれません。財布の中身が寂しいときもあるからです。町の水道屋さんに来てもらうと良くあることなのですが、何も修理しなくても、現場見積りそのものに5000円~8000円くらいの料金が掛かります。業者からすると見積もりのために、車を走らせてお客さんの家に訪問し、原因究明のために時間を費やすわけですから当然見積り料金がほしいことでしょう。ですがお客側からすると、まずはタダで見積もりしてくれて、どのくらいの修理が必要なのか知りたいのです。

水道救急センターではそれが可能です。電話での相談が無料なのはもちろんのこと、修理の専門家が訪問して見積もりを出してもらうまですべてが無料です。見積もりの額を聞いた時点でやっぱり今回は直さないことにするというのであれば、1円も費用はかかりません。お客さんに無駄な費用はかけない親切な営業システムでしょう。

 

水道救急センターのサービス内容

 

何の修理ができるのか?

水道救急センターでは、何の修理をしてもらえるのでしょうか?当然ながら水道蛇口からの水漏れを直してもらえます。さらによくあるのがトイレの水を流した後に水が止まらないという状況ですが、それも確実に修理してもらえます。トイレやお風呂場の水が詰まったという場合は、専門業者が特殊な器具で詰まりを解消してくれます。

トイレの場合、汚水が溜まっているので申し訳ないと感じることもあるでしょうが、水道修理会社からすると、汚水は仕事をする上でつき物なので、なんとも思いません。実際に手に触れることなく道具で詰まりを解消するので、トイレが詰まったとしても詰まったままの状態で水道救急センターに連絡すると良いでしょう。

水の問題というのではなく、洋式トイレの機能やウォシュレットに異常が生じたというケースもあるでしょう。タンクレバーをひねっても水が流れない、タンクに水が溜まらない、ウォシュレットのノズルがでてこない、便座が温かくならない、スイッチが反応しないなどのケースも水道救急センターなら解決可能でしょう。

ただしホームページの中では給湯器の水漏れ修理をするとは述べられていません。給湯器はガスや電気との兼ね合いもあるために特殊な技術が必要です。給湯器からの水漏れの場合は、水道救急センターではなく、給湯器修理ができるとうたっている他の水道修理会社に電話したほうが良いでしょう。

>>>サービスの詳しい内容についてはコチラ!

水道救急センターの修理料金のなぞ

修理料金は、ホームページに次のように記されています。

これは水道救急センターの1つのなぞなのですが、ホームページでは料金に関して、ただ上記のようにしか述べられていません。

基本料金だけ見ると、他の水道修理の会社は8000円ほどの設定されていることも多いので、確かに水道救急センターは割安感があります。ただし、他の水道修理の会社のホームページには基本料金以外の、作業料や材料費などの目安価格も記されており、全体としてどれくらいの料金が掛かるのかイメージできるようになっています。

ですが水道救急センターのホームページには作業料金と材料代の目安も書かれていないのです。基本料金は非常に安く設定されているのは良心的ですし、割引キャンペーンも行っているのはお客にとっては嬉しいことでしょう。でも果たして実際にどれほどの作業料金と材料費取られるのかは不安です。では、ホームページにかかれていないそれらの費用に触れていきたいと思います。

実際の修理料金は全体でいくらになるのか?


どんなにすばらしい会社でも赤字経営をすることはありません。ではメンテナンスを営む会社は最低でもいくらお客から徴収しないと黒字にならないのでしょうか?

業界では「作業マンが車を走らせてお客の家のものを直す」という作業は、一件当たり最低でも8000円~1万円徴収しないと黒字にはならないと言われています。これは水道修理のみならず、カギの修理や家電の修理、どんなものでも一緒です。修理依頼をするとどんなことが必要か考えてみるとよいでしょう。

コールセンターが修理を受け付けて、一人の作業マンを手配し、その作業マンが時間と車のガソリン代をかけて現場に向かいます。ある程度の時間をかけて修理し、また事務所に戻り、その後作業マンは報告書を会社に挙げるのです。一体延べどれほどの時間が費やされているでしょうか?

8000円以下の修理費だと、普通赤字になってしまうのです。ましては無料見積りを売りにして、時には見積もりだけしてもらって料金をもらわずに帰る作業マンも入ることを考えると、基本料金以外の作業料金をそれなりに取らないと経営が続かないと考えるのが普通です。

嬉しいのですが気になる点として、水道救急センターは基本料金5000円が、キャンペーン期間中の場合さらに3000円安くなり、2000円の基本料金で工事してくれるという点です。ですから最低でも作業料金は5000円に設定されていることでしょう。

キャンペーン期間中のパッキンの交換修理だけなら、もしかすると全体で7000円程度で済むかもしれません。通常期間なら最低でも1万円といったところでしょう。簡単な蛇口の交換などとなると、さらに材料代として5000円くらいが上澄みされ、1万5000円の修理代。トイレのつまり解消で特殊器具を使用するなら1万2000円~1万5000円。もしもトイレの便器をいったん分解して水詰まりを解決するような作業なら、2万円以上掛かると思っておくのが賢明です。

作業マンがこれらの見積もりを出します。ちょっと高いなと感じるかもしれませんが、ここに上げた価格が適正価格ですので、心の準備をしておきましょう。

>>>詳しく修理料金を知りたい方はコチラ!

非常に便利な料金支払い方法 カード支払いOK!


場合によっては、修理料金が何万円にもなることがあります。水道救急センターが出した見積もり額が極端に高いということはおそらくないでしょうが、トイレの便器の交換など大きなものを交換する必要があるときは、それなりの価格となってしまいます。

現金の持ち合わせがないときにはできれば、クレジットカード払いができると嬉しいことでしょう。水道救急センターでは修理メンテナンス業では珍しく、VISA、MASTER、JCBなどのカード払いが可能です。しかも一回払いだけでなく、分割払いにも対応しているので、毎月の金銭的な負担が減ることとなり、利用しやすいでしょう。

水漏れが起き、「これは大きな問題で、かなりの費用になりそうだなぁ」と感じたならカードでの分割払いができる水道救急センターに連絡すると良いでしょう。

割引とキャンペーンを最大限活用しよう


はじめてのお客さんでも利用しやすいように、水道救急センターでは、定期的に割引キャンペーンを開催しています。基本料金が5000円そのものも安いのですが。「キャンペーン期間中は3000円引き」となります。

この3000円引きですが、生活応援キャンペーンとして春の限定期間などとうたっていますが、よく見ると、ウェブ限定割引も3000円引きとなっています。他のキャンペーンとの併用はできませんとかかれてはいますが、言い換えれば、WEBを使って申し込めば、常に3000円引き価格で修理が受けられるというわけです。

別のサービスとして水道救急センターに修理をしてもらうと、「Tポイントが200円分に付き1ポイント貯まる」というものもあります。水道救急サービスセンターは「Tポイントキャンペーン」を不定期に開いています。その期間はTポイントが2倍溜まるので、狙い目ですね。

>>>キャンペーンについてはホームページをチェック!

 

水道救急サービスセンターの利用方法の詳細

修理依頼から修理完了まで

家で水漏れや水詰まりが発生した!という状況から無事修理終了まで5つの段階を踏んで行きます。

1.修理申し込み

まずは電話かWEBフォームで、水道救急センターに連絡です。電話はフリーダイヤルなのでどこから電話してもお金がかかりません。WEB申し込みもホームページ内連絡すると、メールかもしくは電話で状況の確認が行なわれます。

2.電話やメールでの状況確認

電話やメールで確認されるのは、水漏れなのか水詰まりなのか、その問題が、台所、お風呂、トイレ、洗面台のどこで生じているのか、さらに具体的な状況の確認が行なわれます。プロの業者は、詳しい状況確認ができると、ある程度の故障箇所の見定めと費用の目安をお伝えできるかもしれません。電話やメールの段階で、住んでいる場所の詳しい特定もなされるでしょう。

3.作業マンの手配と訪問

住んでいる場所に基づいて、最も近くの場所の作業マンが手配されます。急ぎの状況というのであれば、修理の申し込みがなされてから、作業マンが手配されてお客さんの家に到着するまでが30分以内になされるでしょう。会社名に「救急」という言葉が入っているだけあって、手配と行動の早さが水道救急センターの強みです。

4.現場での調査と見積り

実際にどこが修理が必要なのか、修理の際にどんな交換材料が必要かどうかは、実際の現場の状況を作業マンがみてはじめて分かる場合がほとんどです。ですから詳しい見積もりは作業マンが現場に着いてから、問題箇所の調査が行なわれて初めて分かるでしょう。調査の時間は通常5~10分程度で終了します。調査が終わると見積もりが計算されて、修理の見積り額の提示がなされます。修理料金は適正価格ですが、もしも高すぎると感じ、今は修理したくないなら、その場で作業マンに帰ってもらうということも可能です。もちろん見積り無料をうたっている水道救急サービスセンターですから、断ってしまえば料金は発生しません。

5.問題箇所の修理

見積額にお客さんが同意すると、修理作業の開始です。修理作業の時間はまちまちですが、簡単なパッキンの交換であれば5~10分程度。大変な便器の取り外し作業などが伴ったとしても1~2時間ほどあればほとんどの修理は完成してしまいます。

6.修理状況の確認と料金の支払い

修理が完了すると、どんな修理がなされたのか説明がなされ、すでに水漏れや水詰まりが解決していることの確認がなされます。お客さんの確認が終わると、作業前に提示していた料金の支払いが行なわれて、作業マンが引き上げます。

 

ズバリ!これが水道救急センターのメリットとデメリット

水道救急センターは、日本でも有名な水道修理業者なのですが、詳しく見ていくと、これはさすが!というメリットもあれば、触れられてはいないけど他の修理業者のほうが優れているデメリットなども見えてきます。ホームページからは容易に分からない点も含めて、見ていきましょう。

水道救急センターのメリット

水道救急センターの他社よりも秀でているメリットは4つあります。

1つ目はやはり、「基本料金の安さ」でしょう。水道救急センターの場合、基本料金とは、作業料と材料代以外の価格となります。つまり出張料、相談料、見積り料などがすべて含めて5000円ということになるわけです。これはメンテナンス業界でも最安値でしょう。

他社より少し多めの作業料金を計算してつじつまを合わせているのでしょうが、それでもWEBキャンペーンの3000円引きまで含めると、確実に業界最安値の修理料金に属することになります。水道救急センターはほぼ全国規模で展開している修理会社なので、いったん評判が傷つくと影響が大きいでしょう。そのため法外な修理代金を要求する心配もありません。

2つ目のメリットは、「見積もりまでがすべて無料」という点です。緊急対処が必要な水の修理でよくあるトラブルは、「とにかく直してください」とすべてを水道修理業者に任せてしまって、修理が終わった後に、高めの修理料金を請求されてしまうというパターンです。修理がすべて終わってしまっているので言われた額を払うしかありません。これではせっかく水道の問題が直っても、腑に落ちないことでしょう。

水道救急センターが見積もりをすべて無料にしているという点は、作業料金を含めたすべての修理額が適正料金であるという自信の表れです。さもないと、業者からすると、せっかくお客さん宅に足を運んだのに修理そのものをせずに1円も得ずに引き返すという最悪の結果になってしまうからです。見積もりがタダというのは、提示料金が安心料金である証しなのです。

3つ目のメリットは「クレジット払いができる上に、分割払いまでできる」という点です。突然必要になる水道修理は明らかに臨時出費となるので、カード払いができるのは助かります。

4つ目のメリットは「24時間365日対応可能」という点です。緊急対応が必要となる水道修理では当たり前のようですが、このサービスを提供しているところは多くありません。

水道救急センターのデメリット

さて今からが簡単には分からない水道救急センターのデメリットです。2つ挙げられるでしょう。

1つは「サービス提供地域が限定的である」という点です。他の水道修理会社の中には日本全国どこにでも修理に伺うとしている業者が幾つかあります。しかし水道救急センターは関東、東北、関西地区の限られた地域だけです。

「30分以内に訪問します」とウェブサイトで長所のように挙げていますが、言い換えれば、30分以上訪問時間が掛かる地域には修理に行かないという意味です。事前に自分はサービス提供地域に住んでいるのか確認してから電話する必要があると言えるでしょう。

2つ目のデメリットは、「料金体制がイマイチ不透明」という点かもしれません。基本料金5000円、実質いつでも使えるWEB割引キャンペーンで3000円引きとなると、2000円しか基本料金が掛からないことになります。その他の作業料金や部品代がいくらになるのかという表示が、ホームページ上に一切なく、実際の料金がどのようになるのか、水漏れ水詰まりが起きて作業マンに来てもらい見積もりを出してもらってはじめて分かるのです。できれば、どんな修理をしてもらったらどれくらいの料金が掛かるのかを会社としてホームページにのせておく必要があるでしょう。見積りが無料と言えども、見積もりに来てもらうまではいくら必要なのかまったく予想もつかないのでは困ります。

 

口コミ(メリット、デメリット)

どんな会社か見極めるのに、ホームページよりもよく分かると言われるのが利用者の口コミです。生々しい口コミの数々を見ていきましょう。

Tポイントが使えて安い:ツタヤのTポイントカードで料金が払える上、Tポイントが溜まりました。キャンペーン期間中で安かったので利用しましたが、キャンペーン期間でなくても頼みたいと思うほど対応がよかったです。」(東京都50代男性)
夜中なのにすぐ対応:夜中でしたがトイレの水が詰まって漏れ出して大変でした。電話したら30分ですぐ来てくれて直してくれました。」(大阪市20代女性)
ちょっと料金が高いような:なかなかトイレの詰まりが直らず、業者を呼ぶと、この場合はトイレそのものの交換となると言われました。最初の提示が7万5000円ということで高すぎるので値段交渉したら6万円にしてくれました。それでも高すぎるように感じます」(東京都30代男性)

対応面はほとんどが好意的なコメントばかりで、作業マン、コールセンターのいずれも良い口コミばかりです。やはり社として接客基準のモットーを掲げているのが大きいのでしょう。修理料金に関しては「1万円以内で済んで安心している」という好意的なコメントもあれば、大きな修理が必要ときは高すぎたと感じている口コミもあるようです。

料金に関しては納得しないなら修理を頼まないという確固たる態度が必要でしょう。

 

まとめ‐水道救急センターの利用価値

ここまで見てきた水道救急センターの特徴ですが、全体としていえることもまとめていきましょう。

まずは接客、これは間違いなく「◎」で、すばらしい会社のようです。社のモットーも含め、好意的な口コミの多さもそれを支持しています。365日24時間対応もお客さんの立場にたったすばらしい制度です。

料金に関しては、「○」で基本料金が5000円で、さらにキャンペーンを利用するなら3000円安くなるのは嬉しい限りです。しかし作業料金を含めた修理価格は、現場判断となることが多いので、後悔しないためには安易に納得せずに、しっかり説明を受けてから修理してもらうことが必要でしょう。

対応地域に関しては「△」でしょう。関東、大阪、東北地区だけというのは営業範囲があまりにも限定的です。今後九州や北海道なども利用できるようになっていく必要があるでしょう。

全体的には評判はよく、利用頻度も高い会社です。まさかのときのために連絡先のフリーダイヤルを控えておくと良いかもしれませんね。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.