トラブル解決

賃貸物件で水のトラブル!受ける方も与える方も知っておきたい対処方法

更新日:

水漏れや雨漏れ、排水管の破裂まで様々な水トラブルと背中合わせに!

賃貸マンションなど、共同物件でのトラブルと言えば「騒音」そして「水」があります。

特に水トラブルは「誰が責任を負うのか」で揉めやすいため、ある程度対策を知っておいたほうが安心です。

水トラブルはすぐに管理会社へ連絡しよう

排水管から水が溢れる、蛇口の水が止まらない…。他にも天井から水が漏れてくる!なんていうことも。特に天井からの水漏れは「上の階の住民のせいだ!」と決めつけがちですが、そうでないパターンも割と多いです。

ということで、これらの水トラブルが起こったら、すぐに管理会社に連絡しましょう。大家さんの連絡先がわかっているのなら、そちらでもOKです。

特に上階部からの水漏れは住民が留守にしていることがほとんど。
居るのなら、本人が対策しているはずですよね。
なので鍵が必要になり、結局大家さんがいないと始まりません。

 

大家さんが来るまで何をする?

家具や家電が濡れるのを防ぐことも大切ですが、被害状況を写真や動画にしておくことが重要です。これは後々被害請求の際に重要な証拠として扱われることになります。

もちろん、家電が濡れてショートしたら大変なので大至急プラグをコンセントから抜いておきましょう。

 

原因を究明する

大家さん、または管理会社の人が来たら、次は原因を究明します。
原因箇所が分かったら適切な対処を済ませ「誰に責任があるか」を追求することに。

例えば、洗濯機のホースが外れていた、お風呂場の水を出しっぱなしだった…といった明確な原因が特定できれば、当人が請求に応じることになります。

しかし、水道管の劣化による水トラブルなど、誰が責任を負うべきかハッキリとしない場合は大家さんが弁償するケースがほとんどです。

保険加入は必須!

自分が被害を受ける側なら責任を取ってもらえば良い話なので、まだ気が楽です(もちろんダメージは大きいでしょうが…)

しかし、自分の過失で水トラブルが発生して、建物の修繕が必要だったり、他の住民に賠償金を支払わなくてはならなかったり…となると大変!

なので必ず「火災保険」に加入しましょう。水トラブルによる賠償問題は「個人賠償責任保険」で保険金がおります。これは火災保険の特約としてセットになっています。

 

保険金は時価額

どちらかというと、被害を受ける側での話になります。

例えば、上階の住民の水漏れが原因でテレビが壊れてしまったとします。
当然弁償してもらうわけですが、あくまでも「時価額」の保険金しか支払われません。

買ったときは10万円だったけれど、弁償額は3万円だった…ということも十分ありうるわけです。

これに関しては「そういうものだから仕方がない」と割り切るしかありません。

 



-トラブル解決

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.