セキュリティ・安全性

カギのトラブル!一体いくらかかるの?

更新日:

カギがない!家に入れない…

こんな時、すぐに対応してくれるカギ屋さんがいてくれたら本当に助かります。しかし、やはり気になるのが料金!

頻繁に活用する業者ではないので、どれくらいの費用が必要かを知っている方も多くありません。今回は鍵交換の相場費用や実際の作業費用について見てみましょう。

鍵交換・複製・作業費用の相場


鍵の交換や、合鍵を作製する際にかかる費用を簡単に見てみましょう。鍵のトラブルはたいていの場合、緊急性が高いことが多いでしょう。そのため深夜や早朝に鍵師を呼び出す場合は数千円の別料金や出張費がかかることがあります。また鍵の種類や故障の状況によって料金は異なってきます。いまから紹介するのはおおよその相場ですので実際にかかる費用は前後するかもしれません。

作業費用―鍵の交換

もちろん鍵やドアのタイプによって費用は変わります。最近は防犯性の高い鍵も増えてきています。当然そうした鍵の値段は従来の鍵よりも高くなります。

玄関の鍵を、ディンプルキー(従来の鍵の仕組みは数十万通りだったのに対し、ディンプルキーは1億通り以上あるものもあるようです)など防犯性の高い鍵にする場合、1~1.5万円程の出張・作業費となり、1~3万円が部品代と考えておくとよいでしょう。ディスクシリンダーキーやピンシリンダーキーなどの部品代は半額程度です。

部品をホームセンターなどで買い、自分で取り付けることもできます。この場合、部品代だけで済むのでコストは安く抑えられるかもしれません。しかし、鍵は種類も豊富でドアに合わない鍵を間違えて選んでしまう可能性も高くなります。また、鍵の取り付け自体が慎重さを要する作業ですので、微妙なズレや隙間が、後々トラブルとなる可能性があります。

基本的には、在庫を豊富に有し、施工技術がある鍵の専門業者に交換してもらうことをお勧めします。

作業費用―鍵の修理

鍵の修理にも様々な場合があります。例えば鍵が入らない、鍵が回らない、鍵が折れたなどです。トラブルが起こる可能性として、同じ鍵を何年も使用していたり、合鍵の合鍵を使っているため、鍵が鍵穴に入らなくなったり、回らなくなってしまうといったことがあります。また鍵が抜けなくなったり、無理やり使っているうちに鍵が折れてしまうこともありえます。

原因は経年劣化のほかに、鍵穴の中にホコリやゴミの付着などが考えられます。そのような場合、シリンダーを分解して、中を掃除する(ゴミを取り出す)という作業が必要になります。

修理の場合は鍵を交換するよりも安くなる場合が多いでしょう。業者の出張費は8,000円~と見ておけば良いでしょう。しかし、トラブルが深刻な場合は鍵を交換することになることもあります。潤滑油を活用するなど、日ごろから鍵のチェックや定期的なメンテナンスをお勧めします。

作業費用―鍵穴から鍵の作製

鍵がなくなっても、なんと鍵穴から新しく鍵を作ってもらうことができます。ディスクやピンシリンダーキーなら1万円から。ディンプルキーなどの場合は1万5,000円程度~が目安となります。鍵をなくした場合は、防犯上、鍵を交換することを考慮した方が良いでしょう。最近では、ストーカー対策などの関係で、鍵の複製や交換時に、身分証明書が必要になることもあるようです。

作業費用―合鍵の作成

合鍵の作製合(鍵の複製)費用はディスクやピンシリンダーキーである場合500~1,000円、ディンプルキーなどの高性能防犯鍵は2,000~4,000円程度になります。鍵の種類によって値段の差が生じますが、だいたいの相場は上記に記した通りです。

折れたり曲がったりした鍵からの合鍵を作ることは可能でしょうか?可能ですが、その場合は別料金がかかることを覚えておきましょう。また、鍵の種類や状態によっては、小さな店舗では対応できないこともありますので、前もって確認してみてください。

作業費用―鍵開け

鍵をなくしてしまった!すぐに施錠、開錠してほしい!という急を要する事態に直面した場合や、車の中に鍵を置き忘れてしまったという場合は、鍵の業者に鍵開けを依頼することとなります。玄関の鍵であれば、大体5,000~1万円の費用で開けてもらうことができます。やはり防犯鍵や特殊な鍵の場合は費用が割高になりますので忘れずに。

車に鍵を置き忘れてしまった場合、国産車と外車で違いが生じます。国産車は5,000~1万円程度、外車は1万5,000~4万円程の費用になります。さらに高速道路上(サービスエリアなど)でこうしたことが起こってしまった場合、作業費以外に別途高速料金が加算されるようです。

まとめとして


鍵のトラブルは突然やってきます。時間に余裕があるときは複数の業者に見積もりを取ってから決定することもできますが、緊急時には難しいでしょう。それで、いまから信頼の置ける鍵業者を探しておくことや、緊急時の連絡先を確保しておくことをお進め致します。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.