セキュリティ・安全性

知っておいて損はない!「鍵の救急サポートセンター」-見積もり料・出張料・キャンセル料無料

更新日:

カギのことで悩んだこと

先日、近所で空き巣の被害がありました。昔は、他人事のように考えていましたが、まさかこんな近くで、空き巣があるとは考えもしませんでした。しかも、犯人は堂々と玄関のカギを開けて侵入したというのです。

「十年以上前から使っている我が家の玄関のカギは大丈夫だろうか。」と不安になってネットで調べてみることにしました。すると、家の玄関のカギは形がギザギザしている型で、ピッキングで簡単に開けられてしまうものだということが分かりました。近くですでに空き巣の被害が出ているということは、いつ何時我が家に空き巣が来るとも限りません。

そう考えると、家を空けるのが不安になってきました。一刻も早くセキュリティーの高いカギに交換する必要があります。とはいえ、カギに関しては全くの素人で、最近のカギの種類や特性、また値段などは全く分かりません。

そこで、カギについて調べていると、近くにカギ屋さんがあり、気軽に相談できることが分かりました。それで、新しいカギを取り付けることについて、相談に乗ってもらうことにしました。私と同じような相談をしに来ている人も、多数おられるそうで、カギ屋さんも慣れた様子で説明してくれました。

予想はしていましたが、カギにはいろんな種類があることが分かりました。「ディンプルキー」、また「電子錠」などもあります。最近どこでも多くみられる「ディンプルキー」はピッキング対策として使われるようになったカギの種類です。

これまでのギザギザした形ではなく、カギの表面にポツポツと穴のような型がつけられているものです。そもそも、「ディンプル」には英語で「くぼみ」や「えくぼ」という意味があるようです。

「ディンプルキー」は、これまでのカギに比べて精度が高いのが特徴です。カギを「ディンプルキー」に交換すると、セキュリティー強化につながります。

またさらに、別の種類のカギとして、「電子錠」というものもあることが分かりました。「電子錠」とは、電気で作動するカギのことです。普通のカギは、シリンダーに入れたカギを回すことで開きます。しかし、「電子錠」では、電気でこれらを動かすのです。それで、施錠と解錠はボタン一つで可能になります。

また、「暗証番号型」のカギもあります。「暗証番号型」の最大のメリットは、カギを持たなくてよいので、失くすことがないということです。また、いつでも暗証番号を変えられる種類もあります。特に多くの人が出入りする会社などは便利だそうです。もし、退社する人がいる場合は、暗証番号を変えるだけで良いからです。

私は、「暗証番号型」のカギのメリットとデメリットを比較検討することにしました。最大のメリットは、カギを持たなくてもよいことです。しかしデメリットもあります。それは、番号を見られてしまう危険性があるということです。

このように、一口に新しいカギを交換するといっても、種類がたくさんあることが分かります。カギを使うタイプと、暗証番号タイプです。家族で検討した結果、カギ穴を使う必要のない、「暗証番号型」のカギにすることにしました。

「鍵の救急サポートセンター」で解決

新しいカギに換えるとき気になるのは、新しいカギについての知識です。また、安全を確実にするためにも、カギ業者のしっかりしたアフターケアーも欠かせません。

そこで、以前からよく目にしていた、「鍵の救急サポートセンター」に相談することにしました。見積もりを出してもらい、取り付けを決めました。サービススタッフの丁寧な説明と、確かな技術で、安心して新しいカギを取り付けることができました。

なんといってもうれしいのは、1年間保証が付いていることです。何か不具合があれば、いつでも駆け付けてくれるからです。こうした、「安心」や「信頼」はカギ業者の基本といえます。

とはいえ一般的に、カギ業者に求められる条件には、「安心」や「信頼」のほかにも幾つかあります。一つ目の重要な条件はなんでしょうか。

それは、「安さ」です。「鍵の救急サポートセンター」では、相場に比べ、料金がリーズナブルな値段に設定されています。また、表示価格には、見積料と出張料が含まれているので、かかる値段が明瞭です。

また、カギ業者に求められる別の条件として、「早さ」もあります。カギのトラブルは、常に予想外の時に起こりますよね。それで、カギ業者には迅速な対応が求められるのです。「とにかく急いでいたので、早くカギを開けてくれて助かった」などの口コミが多くみられます。

「カギの救急サポートセンター」では365日、早朝8:00~深夜0:00まで受け付けています。対応エリアも日本全国に拡大しています。関東エリアだけでなく、中部、近畿、中国・四国、また北海道・東北エリア、そして九州・沖縄までサービススタッフが待機しています。このように、「早さ」の面でも、良いカギ業者の条件を満たしているといえます。

さらに、カギ業者に求められる条件として、「高い技術」も見逃せません。カギは、家や車の安全を守る、重要な役を担っています。また、最近は複雑なカギも増えているため、「高い技術」が必要になります。また、カギの種類も豊富なため、カギや防犯に関する知識も兼ね備える必要があります。

「鍵の救急サポートセンター」では、経験と知識の豊富な「防犯整備士」が常駐しているため、安心して大事なカギを任せることができるのです。カギ交換の満足度は業界ナンバー1という実績があるのも不思議ではありません。さらに先ほどあげたように、一年保証付きなのもうれしい点です。一年以内に何か不具合が生じたときは、いつでも駆け付けてくれます。

そんな「鍵の救急サポートセンター」は、「安心」、「信頼」のほかに、良いカギ業者に求められる条件である、「安さ」「早さ」「高い技術」を兼ね備えるといえるでしょう。では、「鍵の救急サポートセンター」とは、一体どんなカギ業者なのでしょうか。

>>>鍵の救急サポートセンターの公式サイトはコチラ!

「鍵の救急サポートセンター」とは

「鍵の救急サポートセンター」とは、全国どこでも、確かな技術を持ったサービススタッフがすぐに駆け付け、カギのトラブルを解決してくれるカギ業者です。出張料や見積もり料が無料なので、かかる料金が明瞭です。また「鍵の救急サポートセンター」は、利用者の満足度は96.8%とかなり高い割合で、よい評価を獲得しています。

その要因として何があげられるでしょうか。その一つは、365日、年中無休で対応していることがあげられます。また、「高い技術」を持つサービススタッフが待機しているので、様々なトラブルを解決できることもあげられます。

ところで、カギにまつわるトラブルの中で、よくあるトラブルは何でしょうか。それは「カギを開けたい」「カギを交換したい」などのトラブルです。しかし、実はカギに関する問題は、多岐にわたります。

ある調査では、現代人は一人平均6~7本のカギを持っていると言われています。例えば、家の玄関のカギ、勝手口や窓のカギ、マンションならオートロックシステムがあります。職場でも、カードキーやロッカーのカギ、デスクのカギ、金庫のカギなどがあります。また、車、バイク、自転車に必ずカギがありますよね。

それほどのカギをいつも持ち歩いていると、落としたり、盗まれたり、置き忘れたり、さらにカギ自体が折れたりと、トラブルが起こる可能性があるのです。カギは身近な存在なだけに、トラブルの元ともなりやすいのです。

でも安心してください。カギのプロフェッショナル「鍵の救急サポートセンター」では、どんな問題もスピード解決してくれます。わたしも今までに何度も、カギのトラブルで困ったことがありました。バイクのカギをメットインに入れたまま閉めてしまったり、家の勝手口のカギを失くして、家に入れなかったこともあります。

一番大変だったのが、会社のカギを忘れてしまった時です。急ぎの仕事をやり残していたので、休日も出勤したところ、カギを忘れてきたことに気づきました。通勤には往復2時間かかるため、家に帰っていては間に合いません。

そんな時に、「鍵の救急サポートセンター」に来てもらいました。30分ほどで来てくれましたし、素早く開けてもらうことができました。このように、いつ何時起こるかわからないカギのトラブルに「鍵の救急サポートセンター」が、いつでも相談に乗ってくれるのです。

先ほどあげたように、カギ業者に求められる重要な条件の一つに、「高い技術」がありました。「カギの救急サポートセンター」ではなぜ、「高い技術」を保持することができるのでしょうか。それは、「防犯設備士」が数多く在籍しているからです。

「防犯整備士」とは、警察庁所管公益法人である、日本防犯設備協会の認定する、民間の資格です。この資格は、平成四年から、国家公安委員会が認定する事業の一環として始まりました。犯罪者の手口や防犯設備に関する専門的な知識と実際の技術が必要になる資格です。

「鍵の救急サポートセンター」では、多くのカギに関する知識と、高い技術を兼ね備えた、サービススタッフが在籍しているおかげで、カギの問題を確実に、迅速に解決することができるのです。

こうした「高い技術」のほかにも、サービスがとても充実しています。相談や出張、そして見積もり、さらにキャンセル料までが無料なのです。

大抵のカギ業者は、出張料や見積料がかかります。またスタッフが出発後、キャンセルをすると、キャンセル料金が必要になることがあります。また、スタッフが到着してからキャンセルすると、基本料金、出張料などがかかるといった具合です。

しかし「鍵の救急サポートセンター」では、電話での相談、そして現場での見積りも費用がかからないので、手軽に相談することができます。カギを開けること、カギを作製することや、直すこと、またカギ交換や、新規につけるなど、専門的な知識と技術がないとできないこともなんでも無料で相談できるのです。利用者から高い支持を得ているのも納得ですね。

このように、「鍵の救急サポートセンター」は、カギに関する様々なトラブルについて、いつでもどこでも相談することができます。「高い技術」と豊富な知識を持った、サービススタッフが素早く問題解決にあたります。ですから、利用者の高い満足を獲得できているのです。

「鍵の救急サポートセンター」のサービス内容と料金

では、「鍵の救急サポートセンター」では、どんなサービス内容と料金設定がなされているのでしょうか。大きく分けて、五つの分野があります。一つ目は、カギを開けることです。二つ目に、カギの作製です。三つ目は、カギの修理、四つ目は、カギの交換、そして五つ目は、カギの取り付けです。

一つ目の、カギを開けることですが、一番多いのは、「家の玄関のカギを失くしてしまった」「スペアキーが家の中にある」、もしくは、「同居人が外出中などですぐに戻ることができない」ということもあります。そんな時「鍵の救急サポートセンター」のサービススタッフが、駆け付けて、カギを開けてくれます。

また、車やバイクのカギを車の中や、メットインの中に閉じ込めてしまったということもあります。また、ロッカーや、デスク、スーツケース、南京錠などのカギを開けることができます。また、金庫などのダイヤル式のカギも開けることができます。カギ開けの基本料金は、8,000円からとなっています。「鍵の救急サポートセンター」では、出張料、現場での見積もり料が無料なので、かかる値段が明瞭です。

二つ目のカギの製作に関して、特にトラブル時に頼りになります。カギが一本もなくなってしまったという場合にも、カギ穴からカギを作製することができるからです。カギなしのカギを作製の金額は15,000円からとなっています。この料金設定は、相場に比べて、見た感じ少し高めの設定に感じるかもしれません。しかし、「鍵の救急サポートセンター」では、出張料、見積料が無料だということを考えると、それほど高くはないと言えるでしょう。

三つ目に、カギの修理のサービスがあります。「鍵が入らない」「カギがカギ穴から抜けなくなった」「カギがカギ穴で折れてしまった」などの場合です。

カギの修理金額は、8,000円からとなっています。カギ自体が開いている場合は、シリンダーを分解し、ごみを取り除いて洗浄します。また、接着剤の除去なども行います。しかし、カギがまだ開いていない状態の場合は、まず特殊工具での開錠と修理という作業工程になります。

そして、四つ目のサービスは、カギの交換です。カギを失くしてしまった場合、第三者の手にわたっているかもしれないという可能性を考えて、カギの交換をすることがあります。従来型のシリンダーから、防犯性が高いディンプルキーがあります。カギの種類により、かかる金額が変わってきます。

「鍵の救急サポートセンター」では、カギ交換料金は、10,000円からプラス材料費となっています。実際、カギ交換は数千円から2万円までと、種類によって相場は様々です。10,000円からということですから、難しいタイプのカギなのであれば、値段も少し高くなります。いずれにしても、取り付けるカギの種類によって値段が変わります。

最後に、カギ取り付けのサービスもあります。これまでのカギに加えて、補助カギを取り付けたいという人もいるでしょう。また、これまでのカギが壊れたり、古くなったりして、新しくカギを取り付けたいということもあります。「鍵の救急サポートセンター」では、15,000円からプラス材料費で、新しいカギの取り付けを行ってくれます。こちらも、取り付けるカギの種類によって値段が変わります。

このように、「鍵の救急サポートセンター」では、主に五つの分野でサービスを行っています。一つ目はカギ開け、二つ目はカギの作製、三つ目はカギの修理です。そして、四つ目はカギの交換、五つ目はカギの修理です。

カギ開けと、カギ修理は8,000円からで、カギの交換は10,000円からと材料費です。そして、カギ作製とカギ取り付けが、15,000円からと材料費になっています。

「鍵の救急サポートセンター」では、出張料、現場見積料が無料のため、格安業者の設定する値段より少し高めに設定されています。しかし、合計金額はあまり変わりません。相場より安くなることもあります。

なんといっても、かかる値段が、はっきり提示されるので、あとから請求を見てびっくりするということもありません。

また、365日、早朝から深夜まで電話連絡を受け付けており、素早く対応してくれるのも安心できます。またメールで24時間相談、依頼を受け付けています。全国各地に経験豊富な、防犯整備士が待機しているので、依頼を受けてから、最短30分で現場に駆け付けることができます。

>>>詳しいサービスを知りたい方はコチラ!

「鍵の救急サポートセンター」サービスの流れの詳細

サービスが充実した「鍵の救急サポートセンター」ですが、サービスの流れはどのようなものになるのでしょうか。まず、カギに関するトラブルについてメールや電話での相談することができます。急ぎでなければ、メールで連絡することができます。「鍵の救急サポートセンター」のホームページの下の方に、「メールでのお見積もりはこちら」というところがあります。「お問合せ内容種別」にチェックを入れます。

例えば、「鍵を作りたい」また「鍵の防犯対策について」などがあります。次に名前、連絡先、メールアドレス、相談内容などを入力します。そしてカギの写真を3枚添付します。ドアの外側の写真、内側の写真、扉の側面側の写真です。これらの内容を送信すると、だいたいの見積りが返信されてきます。

また、「カギを早く開けて欲しい」「カギが壊れた」「カギを失くした」などの緊急の場合はフリーダイヤルの電話での相談がよいでしょう。「鍵の救急サポートセンター」では、365日、早朝8時から深夜0時まで受け付けています。

電話がつながったなら、コールスタッフに名前や住所、そして電話番号などを伝えます。また、トラブルの内容も細かく伝えましょう。カギの型や、ドアの形式などを伝えるなら、大体のかかる 値段がわかるので安心です。依頼が完了したなら、現場の一番近いサービススタッフがすぐに駆け付けてくれます。最短で30分で到着することができます。到着の時間などは、コールスタッフや担当のサービススタッフが知らせてくれるでしょう。

現場到着後、作業に取り掛かる前に必ずすることがあります。それは、状況を確認し、料金の見積りをすることです。作業の内容を説明し、かかる料金を提示し、利用者が納得してから作業が始まります。この時点で、キャンセルをするとしても、キャンセル料などは発生しません。それで、見積りしてもらったのだから必ず、作業を進めなければならないということはありません。また、作業終了後に、よくわからない追加料金を請求されることもありません。

そして作業が完了したなら、利用者が施工部分をしっかり確認し、精算ということになります。支払い方法に関しては、現金はもちろんクレジットカードでも可能です。また、後払い決済となるコンビニや、銀行振込なども使用することができます。予想外のトラブルで、現金を持ち合わせていなくても支払いが出来るのは便利ですよね。

「鍵の救急サポートセンター」のメリットとデメリット

「鍵の救急サポートセンター」を利用すると、メリットがたくさんあります。大きく分けて、四つあります。一つ目は、無料で多くのサービスが受けられることです。二つ目は、防犯整備士が数多く在籍していることです。三つ目は、出張できるエリアが全国であることです。四つ目は、365日、24時間対応しているという点です。

一つ目のメリットとしてあげられるのが、無料で多くのサービスが受けられることです。例えば、電話の相談無料、出張費は無料、また見積もりも無料です。

また、現場でのキャンセルも無料です。緊急にカギを開けて欲しいという時は、キャンセルすることは少ないかもしれません。しかし、セキュリティー強化のためのカギ交換、またカギの調子が悪いので交換するかを考えている場合は、見積もりをいくつかのカギ業者で出してから、じっくりと考慮したいですよね。

比較検討した結果、ふさわしい業者に依頼しようとしても、見積料やキャンセル料がかかってしまうなら、費用がかさんでしまいます。実際のところ、多くのカギ業者は、電話での依頼後10分以降はキャンセル代が必要であったり、サービススタッフが出発する後だとキャンセル料がかかります。多くのカギ業者が出張料や見積料がかかるのにも関わらず、「鍵の救急サポートセンター」では、これらのすべてが無料なので、安心して依頼することができます。

二つ目のメリットは、「防犯整備士」が数多く在籍することによって、「高い技術」を期待できるという点です。カギは家また車などのあなたの財産を守る大切なアイテムです。最近では、カギ自体も複雑になってきて、簡単には開かなくなっています。技術のないカギ業者に依頼してしまうと、開かないだけでなく、カギを壊さないといけなかったり、余計な出費がかさむことになりかねません。

その点、「鍵の救急サポートセンター」では、「高い技術」があるため、安心してカギのトラブル解決を依頼することができます。

三つ目に、出張できるエリアが全国であるというメリットもあります。全国主要都市には基本的にサービススタッフが待機しており、それぞれの現場に最短30分で到着することができます。ただし、離島などは、対応するのが難しい場合もあります。まず、電話で確認をしてみましょう。

四つ目のメリットは、365日24時間対応しているという点です。電話での対応は、午前中8時から深夜0時までですが、メールの対応を含めると、24時間対応となります。それで、忙しくて昼間電話連絡できない時でも、夜中に見積依頼を出したり、相談ができるので安心ですよね。

では、「鍵の救急サポートセンター」のデメリットはどんな点があげられるでしょうか。一つは現場につくまでの時間が30分かかるという点です。大抵のカギ業者の最短20分ほどに比べると、少し時間がかかります。また、出張料や見積料が無料なため、作業料金が少し高く感じてしまうという点もあげられます。しかし実際は、それほど高くはありません。このように、「鍵の救急サポートセンター」を利用すると多くのメリットのあることが分かります。

「鍵の救急サポートセンター」の口コミ

古いカギを新しいカギに

「古いカギを使っていたので、新しいカギに交換することにしました。「鍵の救急サポートセンター」に、依頼することにしました。親切に対応していただいたので安心してお任せすることができました。防犯が強化されましたし、とても満足しています。」大阪府30代女性

1時間足らずのうちに解決

「海外旅行から帰宅した時、家の玄関のカギがないことに気づきました。どこを探しても見つからないので、ネットで見つけた「鍵の救急サポートセンター」に連絡することにしました。手際がとてもよかったので、1時間以内に解決できました。」東京都20代男性

早くて、丁寧

「マンションのカギを失くしてしまい、何件かカギ屋さんに問い合わせました。一番早く来てもらえるようだった「鍵の救急サポートセンター」に来てもらいました。対応もとても丁寧だったで、安心してお任せすることができました。」岐阜県30代女性

>>>口コミで高評価の鍵の救急サポートセンターの公式サイトはコチラ!

「鍵の救急サポートセンター」は利用者のニーズにこたえる

「鍵の救急サポートセンター」は、さまざまなカギのトラブルにすぐに駆け付け、迅速に対処してくれるカギ業者として、高い評価を受けてきました。カギは私たちの生活になくてはならない、大切なアイテムです。しかも、現代社会においては私たち一人ひとりの持つカギの数は増える傾向にあります。

また、社会全体のセキュリティー意識も高くなっているので、従来通りのカギでは、安全を確保できなくなってきています。また、カギの種類も増え、複雑化しています。専門的な知識を持った、サービススタッフに気軽になんでも相談できる環境が必要です。

そんな現代社会に必要なカギ業者が、「鍵の救急サポートセンター」なのです。私が冒頭で選んだ暗証番号タイプのカギも「鍵の救急サポートセンター」で、取り付けてもらうことができました。カギに関して全くの素人が、新しいカギを取り付けるのは一大事です。しかし、出張料や見積料が無料のため、気軽にいろんなことを相談できましたし、この機会に、カギについての知識が得られたのもよかったと感じています。

家族と家族の財産を守るカギの占める面積自体はごく一部です。しかし、この大切なアイテムについてよく知っておく必要があるでしょう。

例えば、カギがますます複雑化して精度が上がっているため、町のカギ屋さんではスペアキーが作れないことが多くあることなどです。先ほどあげた、ピッキング対策で開発された「ディンプルキー」は、出始めの頃は、普通のカギ屋さんでは作れませんでした。今ではほとんどが町のカギ屋さんで作製することができるようになりました。

しかし今度は、純正のカギをメーカーに発注して作製する必要のあるカギも出てきています。スペアキーはカギ穴を傷つける可能性があるからです。このカギは、町のカギ屋さんでも、メーカーに発注するため、2~3週間、場合によっては、4週間かかることもあります。値段も3,000~5,000円、またそれ以上と、従来のカギより高くなっています。

このように、カギは日々進化しています。防犯性がより高いカギがたくさん様々な会社から販売されているのです。最近のカギについてよく知っておくなら、カギのトラブルがあった時はもちろん、新しくカギを取り付けるということになっても、現状に合わせた良い判断ができることでしょう。

>>>もっと詳しく知りたい方はコチラ!



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.