セキュリティ・安全性

引き戸の鍵が壊れたときは? こうすれば1万円以内で直ります

更新日:

日本の家屋には引き戸、つまり横にスライドするタイプの扉がたくさん付いています。

この引き戸の鍵が壊れてしまったというときにどうすればいいのでしょうか?玄関も引き戸というお家はたくさんありますが、玄関の引き戸の鍵を鍵屋に替えてもらうといくら掛かると思いますか?なんと相場は5万円です。

もっと高く取られる地区もあるでしょう。できれば引き戸の鍵の修自分で行なってしまいたいものです。自分で引き戸の鍵を修理するために、まず見極めなくてはいけないポイントがあります。

鍵が壊れているか?引き戸が壊れているのか?

引き戸の鍵が閉まらないというときは、まず確認する必要があるのが、鍵が壊れているのかそれとも引き戸が壊れているのかという点です。引き戸の立て付けが悪くなっている場合は、引き戸の側に問題があり、鍵の引っかかり部分が上手に引き戸に引っかかっていないのかもしれません。

まずは鍵だけを単独で見て、鍵を回せばちゃんと引っかかり部分が出てくるのかどうかを確認しましょう。鍵部分が問題ないのであれば引き戸のおそらく戸車と呼ばれる部分に問題があります。引き戸は何度も動かすと戸車が壊れて高さが変わり、そのために引っかかりの部分が上手に引っかからないのです。いったん引き戸を取り外し、逆さにして戸車も取り外し、ホームセンターで新しい戸車を購入しましょう。戸車の料金は600円程度です。戸車はドライバー一本で交換できてしまいます。ですが多くの場合は、引き戸の鍵部分が壊れているのが原因でしょう。

引き戸の鍵が壊れているときの修理法

引き戸で鍵が付いているのは通常玄関ですので玄関を例にとって説明しましょう。極まれに部屋のドアに引き戸が用いられ鍵がつけられていることもありますが、理屈は一緒です。

通常玄関の引き戸の中心部、もしくは片方側に引き戸の鍵はつけられています。まず壊れた鍵を取り外すことから開始します。取り外すには、玄関の内側部分(鍵差込口に裏側)の上下についているネジを二つ取り外します。すると化粧座と言われる鍵の芯以外の部分が外れるでしょう。

引き戸の中心部分についているタイプの鍵ならこれですべてが取り外せてしまいます。ドアの片側についているタイプのものは、さらに引き戸の横側、つまり引っ掛かりが出てくる部分の上下についているネジを取り外さなくてはいけません。そうすれば横についている金板(ケースと呼ばれる)が取りはずせ、鍵はすべて分解できます。取り外す作業そのものは早い人で2分、ゆっくりしても5分で終わってしまいます。さて次は壊れた鍵と同じ鍵を取り付ける作業となります。

ホームセンターで同じ引き戸用の鍵を購入する

ホームセンターで壊れた鍵と同じものを購入することになります。

一番よいのは誰か家にいてもらい、取り外した玄関の鍵の現物を持っていくことです。玄関の鍵もたくさんありますので、買い間違えないために、現物を持って行ってホームセンターの人に適合製品を探してもらえば、買い間違える危険はありません。家に誰もおらず壊れた鍵をどうにか閉めて出かけなくてはいけない場合は、化粧座の高さと幅、ケースの高さと幅、ドアの厚さを測っていく必要があります。

ホームセンターでこれらの寸法が同じものを買うことになります。値段ですが玄関引き戸の鍵なら、安くて3000円、どんなに高くても1万円もあれば購入できるでしょう。

購入した引き戸の鍵を取り付ける

分解したのと同じ要領で取り付けていきます。購入してきた鍵を差込み、横部分にケースと呼ばれる金板を取り付けてすべてのネジで固定するするだけです。決して難しくないでしょう。

鍵の交換はだれでもOK

鍵の交換は免許というものがありません。誰でも行なっていいのです。なぜ免許がないのでしょうか?それは特別大きな知識を必要としないからではないのでしょうか?自分でできるもののために5万円もの費用を払う必要はありません。自分で交換してしまえばコストは1万円も掛からないわけですから、鍵屋を呼ぶくらいなら、手先が器用な友人にやってもらってそれなりのおこづかいを渡すほうが安くつくというものです。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.