セキュリティ・安全性

鍵が折れた… この折れた鍵に使い道はあるのか? ちょっとあった

更新日:

鍵というのは突然折れることがあります。

ポケットの中から折れた状態で出てくるときもあれば、鍵を鍵穴に入れて回そうとしたときに折れてしまうこともあるでしょう。鍵はどうして折れてしまうのでしょうか?

その原因が分かっているならば、鍵が折れて使えないという最悪の事態を防ぐことができます。もしも鍵が折れてしまったもすべてが終わりというわけではありません。折れてしまった鍵にはまだもうひと働きしてもらえる可能性があります。

鍵はなぜ折れるのか

普通に使用しているの鍵が折れてしまうという場合、鍵が折れる原因は金属疲労です。特に鍵は鍵穴に差し込んで回したときに折れる場合が一番多いようです。なぜでしょうか。鍵を差し込んだ状態でまわすと金属の特定の部分にいつも圧力が掛かるからです。

同じ箇所にいつも圧力が掛かると、金属といえでも時が経つうちに劣化していき、いつしかはポッキリと折れてしまうというわけです。これはひとえにどんな金属で鍵ができているか、その鍵の太さはどれくらいかに依存します。玄関の鍵などは通常強く作られているので、それでも鍵が折れてしまうのは、他の原因である場合が少なくありません。

どんな他の用途で使ってしまうときに鍵は折れてしまうでしょうか?。鍵は金属でできているので、何かをちょっと叩いたり、ドライバー代わりに使ったり、先がとがっている鍵の場合は穴を開けたりするのに代用されたかもしれません。このような本来の鍵の用途以外の使い方をすると、強い鍵でも折れてしまいます。理由はどうであれ、鍵が折れてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?折れてしまった鍵に使い道はありますか?

鍵が折れてしまったどうすればいい?

折れてしまった鍵と同じ鍵がある場合は、その鍵で合鍵を作ることになります。唯一のマスターキーが折れてしまって、合鍵しかないという場合はどうですか?確かに合鍵の合鍵はよくないのですが、すべての鍵が使えなくなってしまうよりはよいでしょう。

ただし折れてしまった鍵が最後の一つだった場合はどうですか?決してやってはいけないことがあります。折れた部分をアロンアルファなどでくっ付けてまた使おうと思ってはいけません。見た目しっかりくっついたように見えますが、鍵を回す際に大きな圧力が掛かるので、必ずまた同じところで折れてしまうからです。

折れてしまった鍵の使い道の可能性

折れてしまった鍵が最後の一本で、その鍵をどうしても使いたいと思う場合、残された唯一の方法は、その折れた鍵で合鍵を作るという方法です。ですがこれをやってくれる鍵屋少ないでしょう。合鍵を作る際にスペアキーとの高さをあわせる作業が面倒だからです。

しかし折れてしまった鍵あったとしても、そのギザギザの形が残っているなら、折れてしまった鍵を元に合鍵を作ることは理屈上可能です。合鍵を作る業者側に技術が求められるのは確かです。どうしても最後の一本の鍵が折れてしまってその鍵が重要な鍵であるという場合にのみ、折れた鍵で合鍵を作ってもらうという方法を探してみましょう。合鍵なら1000円前後で対処できてしまいます。

合鍵も不可能…しかし折れた鍵は最後の働き

残念ながら合鍵を作ることも不可能だったという場合はどうしたら良いですか?鍵を本体ごと取り替えてしまうとになります。ただし基本ドアの鍵が掛かっていない状態でのみ、ドアの鍵全体の取り外しが可能です。

ですからもし可能なら折れてしまった鍵をペンチでつかんだ状態で鍵穴に差込み一度でも回すことができる場合は、折れた鍵でドアを開けてしまいましょう。これで折れた鍵は最後の一矢を報いることができたというものです。開いた状態にすると鍵全体を解体できます。

ホームセンターには玄関のかぎでも部屋のかぎでも取り揃っているので、同じ形の鍵を購入して取り付ければOKです。玄関の鍵なら3000円~7000円程度、部屋の鍵なら2000円前後で購入可能です。鍵屋に鍵を交換してもらうと、材料費だけでなく出張費と工賃も請求されます。

ホームセンターで3000円で売っているようなものでも鍵屋が取り付けると材料費ということで7000円ほど請求され、さらに出張費が3000円、工賃が7000円といった感じです。鍵の交換となると全体で2万円近い料金が掛かってしまいます。折れた鍵ではあってもまだまだ使えます。お金のかかる鍵屋を呼ぶのではなく、折れた鍵を活躍させ急場をしのぎましょう。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.