セキュリティ・安全性

セキュリティー効果が高い街灯 しかしこんなトラブルの原因となることも

更新日:

近所から苦情が来る街灯には要注意

犯罪は暗闇で起きるものです。「誰にもばれずに…」というのが犯罪者の心情というものです。つまり夜間街灯がある場所では犯罪者は犯罪行為が映し出されるので犯行に及びにくいでしょう。

どうすれば街灯を上手に使ったセキュリティーを行なうことができるでしょうか?
むやみやたらに街灯を設置すると近所から苦情が来るケースもあります。
どうすればご近所との関係を保ちながらセキュリティーを向上できるでしょうか?

 
 

防犯効果がある街灯の種類

 
街灯といってもいろんなタイプがあります。
いずれも照らすものである以上一定の防犯効果があるのですが、効果の程度はそれぞれ違います。
 

  • 街の街灯
  • 庭につける街灯
  • センサー街灯

 
 
 

街の街灯の効果

 
街の街灯がたくさんあるところに住むと、変質者も発見されやすいため後を追いにくく安全に帰宅できます。

街灯の下では覗きなどの行為も行なわれにくいでしょう。泥棒にも効果があります。

道路から庭に侵入しようともというとき泥棒は暗闇の誰も見ていないところから入りたいと思います。

いくら窓に鍵がかかってなくても街灯があっては進入の瞬間を見られるかもしれないと考え犯行を思いとどまるでしょう。

その反対で全く街灯がないようなところに住むと変質者が玄関の近くに立っていても気づくことはまずありません。
進入して鍵を壊して進入するのもたやすいことです。

街の街灯が少ない場所は犯罪がおきやすいのですが、そうした場所でも自分で街灯を設置することによって犯罪を未然に防ぐことができます。

 
 

庭に街灯を設置

 
現在は消費電力も非常に低く、明るく照らすことができるLEDライトがあります。

そうしたライトを庭先に設置し、夜間庭先を常に照らしておくだけで防犯効果は絶大です。

自分が泥棒だったら…と考えてみてください。その庭に侵入しようとは思わないでしょう。注意が必要なのはご近所にライトの光が漏れることです。
共同住宅では非常に小さなコトがトラブルの原因となります。

庭の街灯の光が少し入ってくるので眠れにくいなどと近所から言われたらどうでしょうか。
「これくらいの光どうって事はないだろうに」と思っても、本来付いていなかったものを勝手につけたわけですから撤去するしかありません。

 
 

センサータイプ街灯を設置

 
常時点灯タイプよりも、センサーになっていて庭に侵入者があるときのみライトが点滅するタイプのものはさらに防犯効果が高いでしょう。

泥棒からすると自分が侵入したことによって反応が起きているからです。「実際には侵入者が庭に入り込むことなどほとんど無くライトも点滅しない、ご近所さんに迷惑は掛からないだろう」と考えたら大間違いです。

猫ちゃんという侵入者もいるからです。猫の侵入で夜中に急にライトが点滅すると自分の家だけでなく近所も「何事か?」目を覚ますでしょう。

 
 

自分で街灯を設置するときは控えめに

 
街灯は防犯効果が確かにありますが、共同住宅に住んでいる場合は上記の理由から控えめに設置する必要があります。

ライトの強さを弱めにしたり、庭の全体を照らすのではなく、窓付近だけを照らすようにするなら問題を避けられるでしょう。

音が出るタイプのセンサーライトは最も要注意です。

防犯効果は絶大ですが、近所関係は間違いなく悪くなります。セキュリティーとご近所関係のバランスを保つのは大変ですね。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.