セキュリティ・安全性

1階住み危険!でも意外なメリットも…こうすれば快適過ごせます

更新日:

1階は狙われやすいが…

アパート・マンションの1階に住むのは危険と言われています。

泥棒は公共道路から1階の部屋の窓を見ていき、窓に鍵が掛かっていない部屋を狙います。2階以上はカギの状況が分かりにくい上、よじ登らないと進入できないので敬遠されます。

性欲の強い変質者は、若い女性が住んでいそうなアパート・マンションの1階を覗きます。2階以上なら覗きにくいのでターゲットにはなりにくいでしょう。

確かに1階住みは危険です。
ですが1階というのは意外なメリットも潜んでいて対策を練れば便利な場所ともなりえます。

1階に住んでいる人、住む予定の人はどんな点に注意を払えばいいのでしょうか?

 
 

1階に住むメリット

 
冒頭で記したように1階に住むと犯罪者に狙われやすい。
ですから1階に住んでいて外出するときは、玄関と窓のすべての鍵をかけておく必要がありますし、家の中にいるときは常にカーテンをすき間なく閉めておく必要があります。

ですが逆を言えばそれさえしておけば1階でも快適に過ごせるのです。見過ごされがちですが、逆に1階に住むメリットというものも存在します。こんなものがあるでしょう。
 

  • 安い -賃貸なら何千円、分譲なら何百万円安く入居できます
  • 便利 -1階なら重い荷物があってもすぐに家にたどり着きます
  • 騒音 -子どもがバタバタ騒いでも下の階に迷惑が掛かりません
  • 庭付き -マンションなどの場合、1階には専用庭が付いてガーデニングが楽しめことがあります
  • 防犯 -1階は逆にご近所からも目がつきやすく犯罪が発見されやすいようです

 

以上の理由から1階は意外に掘り出し物件でもあるのです。
ですが1階は犯罪者に狙われやすいのは事実なわけです。
どんな対策を練ればいいのでしょうか?

 
 

1階に住むときのセキュリティ対策

 
1階ならではの特徴を活かせば有効なセキュリティー対策が行なえます。

例えば専用庭があるなら犬を飼うといいでしょう。

犬の効果は絶大で誰かが覗こうものなら吠えてくれます。
すぐ退散するでしょう。

泥棒もさすがに犬が庭にいるおうちは狙いません。

カーテンは遮光カーテンにすると外から見えることはありません。

網戸も外側が銀色で内側が黒色の網戸を選ぶと外からは家の中が見えず、家の中からは外がよく見えます。

窓には簡易補助ロックを取り付け、簡単には入れないということをアピールしましょう。

センサーライトをベランダにつけておくのも有効です。若い女性の一人暮らしであれば男性用の下着を干しておくだけでも大きな効果があるようです。

 
 

どこに住んでいても防犯意識は常に重要

 
強盗や性犯罪者に狙われやすいのはどこに住んでいるのかというのもありますが、むしろどれほど防犯意識があるかというのことのほうが大きいようです。

犯罪者は無警戒の人を狙います。

いつも回りに変な人がいないか確認していたり、かぎ掛けなどを徹底するなどして隙が無い人であるようにしましょう。

どこに住んでいても絶対安全ということはありえません。自分自身が防犯意識を常に持つことご自分と家族を守る最も良い方法なのです。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.