セキュリティ・安全性

自転車盗難に遭わないために こんな場所ではこんな鍵が必要

更新日:

自転車が盗難に遭った…おそらくほとんどの人が経験していることでしょう。

自転車とはいえ安くはありません。

万単位するものを盗られては生活にそれなりの影響が及びます。どうすれば自転車盗難に遭わないで済むのでしょうか?

自転車盗難を防ぐにはケースバイケースの鍵が必要です。
ある場所では鍵を抜くと同時にバーを押すタイプの簡単なプレスキーだけでも十分な場合もあれば、ダイヤルで開けるタイプのチェーンキーや鍵付きのワイヤーキーが必要な場合があります。

もしかしたら強力なU字キーをつけていても盗られるところもあるかもしれません。
いったいどんな場所にどんな鍵を取り付けておく必要があるのでしょうか?

 

共同駐輪スペースにおく場合

会社内の共同駐輪スペースはビル自体のセキュリティーがしっかりしているので簡単なプレスキーだけでもほぼ盗られることはないでしょう。

不審者は侵入しにくいですし、職場内の人が盗むにしても防犯カメラなどもあり、発覚した場合は仕事に影響が及ぶからです。

鍵をつけてなくても盗まれる危険はほとんどないほどです。マンションの共同スペースとなると勝手が違います。日本の場合、自転車窃盗のほとんどはちょっとした自分の都合で盗みます。

計画的なものではなく、誰かに売ろうという目的でもありません。つまり若者がたむろしがちな場所は簡単な鍵では盗まれてしまいます。

別に若者たちは自分の自転車にしようと思って盗むのではありません。
ちょっとそこまでの交通手段がほしいだけです。
ですから中古自転車であってもプレスキーに加えてさらにもう一つチェーンキーやワイヤーキーを付いてるならあきらめます。

若者はカギのないもしくは簡単に壊せるプレスキーだけの自転車を狙うからです。公園などの不特定多数の人が出入りできる共同スペースの場合は最も注意が必要です。

誰がどの自転車の持ち主か分からないので、自分のものではない自転車の鍵を壊そうとしていてるのを目撃してもだれも疑わないでしょう。

たとえ誰かがチェーンキーやワイヤーキーをペンチで切っていたとしても本人以外が指摘することはありません。つまり強力なU字ロックが必要です。

 

一戸建ての防犯

一戸建ての場合は、キーの種類も重要ですが、むしろ家の中、もしくは近所の人から見える位置に自転車を置くことが重要です。
ただし夜は暗くなるので家の門を閉めてない限りは、第3者は自由に庭に入り自転車を取ることができます。

誰もみてない環境ができるのでペンチで切ることができないU字ロックの鍵をつけたほうが安全でしょう。

 

自転車ロックの仕方

U字ロックをつければ安心と言われていますが、そうとも限りません。例えばU字ロックでも鉄の部分が細いものは金ノコなどですぐに切れてしまいます。
ですから太さのあるU字ロックが必要です。

太いU字ロックがあれば普通取られませんが、それでも心配なら何か固定されたものと自転車をU字ロックでつなぎましょう。これで自転車をそのままトラックで運んでしまわれずに済みます。太いU字ロックでもボルトカッターという道具を使えば5秒ねじけれてしまいます。

ただしボルトカッターはノブの一方を地面に固定しないと使えないので、地面から高い位置で太いU字ロックを使って何かに固定すればほぼ完璧です。

 

完璧な防犯防止方法はない

どんなに太いU字ロックでも金ノコを15分ほど使えば切れてしまいますし、もし自動車のジャッキを使えば3分でU字ロックを壊せてしまえます。つまり完璧な防犯方法はないのです。

本当に自転車を守りたいなら、外では有料駐輪場に、家では玄関の中に自転車を入れておくしかないでしょう。



-セキュリティ・安全性

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.