老後・セカンドライフ

賢いライフプランとは?3つのポイントでリフォームする

更新日:

今と将来を見据えてリフォームはライフプランの早い時期に計画しましょう

早くから老後のライププランを立てることは大切です。安心のために老後は2世帯住宅に住みたいと思われる方もいらっしゃいます。年を重ねるにつれて、住み慣れた家を引っ越すのはデメリットが大きいと感じられる方もおられます。

子どもたちが独立したあとに広くなった家をどのようにリフォームして、可能な限り子どもたちに世話の負担がかからないようにできるだろうかと計画をたてる方もおられるでしょう。どのように老後のライフプランにあったリフォームができますか?3つのポイントをおさえてリフォームする方法を考えてみましょう。最初のポイントは、介護を見越したリフォームです。

介護を見越したリフォーム

家を全面的にリフォームする時には、介護しやすい家づくりが大切です。介護で困ることの中には、車椅子が家の中で使いづらいことです。その原因は、廊下の狭さ、動線のスペースが十分でないことです。

この問題をリフォームの最初の時点で考えて、広めに確保できるなら、後から再度リフォームすることを避けられます。さらに、あらかじめ廊下や壁に厚めの合板を入れておくなら、すぐに手すりを設置しなくても、将来必要な時に設置が容易になります。壁だけではなく、床材の選び方、段差の解消は早めに行なっておくことができます。

手すりを使って歩ける時には滑りづらい素材を選び、車椅子が必要になる時に介護保険を利用して車椅子が通りやすい床材を選ぶこともできます。

使い慣れるための時間を見越したリフォーム

引っ越しをしたり、別の環境で生活しはじめて不便なのは、新しい環境に慣れていないため、使い勝手が悪く感じることです。普段食器を置いてある場所が変わったり、IH調理器に突然変わると使い慣れるのに時間がかかります。

早くからキッチンなど毎日ひんぱんに使う場所は早めのリフォームを計画できます。今からユニバーサルデザインのシステムキッチンに変更することを考えることができます。そしてIH調理器にあった調理器具に変更していくなら、使い慣れるための時間が十分にあるので、より老化に対処しやすくなることでしょう。

介護してもらう家族のことを想定したリフォーム

子どもたちにはできるだけ迷惑をかけたくないと2世帯住宅ではなく、自分たちで住みたいと考えている方もいらっしゃいます。将来的には介護してもらう必要が生じますが、来てもらった時に短期間泊まってもらえるなら便利なこともあります。このためにリフォームするときに客間を一部屋確保しておくなら、介護が必要な時だけでなく、たまにお子様が遊びに来られた時に過ごしやすい環境を準備できます。

現在の状況を見ると、どれほど介護の必要な方でも長期間病院で入院することは難しい状況になっています。何より使い慣れた家は住み心地がいいものです。環境の大きな変化は年長の方にとって思うよりも大きな負担となります。こうした変化がボケにつながる危険性もあります。それで早くから賢明なライフプランをたてるなら、老化のどの時点でも対応できるリフォームができます。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.