老後・セカンドライフ

トイレのバリアフリーでスムーズな使用を目ざす

更新日:

「手すり」と「ドア」で安心して利用できるトイレづくり

年齢が進むと、トイレが近くなるだけではなく、トイレに行きたいと思ってから、実際に用を足すまでの時間も短くなります。もしトイレまで間に合わなかったという経験を何度かするととても落ち込みます。わたしたちの家族にぜひそのような思いをしてほしくありません。

それでトイレをバリアフリーにするとき、大切なことは何でしょうか。目標は、ご家族にスムーズにトイレを使用していただくことです。トイレをバリアフリーにするとき、「手すり」と「ドア」の2点にしぼってスムーズに利用できるトイレ造りができます。最初に考えるのは、手すりの大切さです。

「トイレ用手すり」は可動式を選ぶなら簡単にバリアフリー

トイレに行きたい時はなにかと慌ててしまいます。トイレで体重を支えるときに、トイレの中に設置する手すりが重要な役目を果たします。トイレで立ち座りの時にちょうどよい高さに手すりがあるなら、力をあまり入れずに立ち上がることができます。

もし便器の両側に手すりがあるなら、より便利です。最近では可動式の手すりも販売されています。例えば楽天で「トイレ用手すり」で検索すると、工事不要タイプのものなど豊富な種類のトイレ用てすりを見つけることができます。

出典:rakuten

価格は6千円台から購入することができます。手すりはトイレの中にだけあれば安心でしょうか。トイレの出入りの際にも手すりが役立ちます。

トイレの外側にも手すりがあるなら安心

手すりが必要なのは、トイレの中だけではありません。比較的古い住宅では廊下とトイレの間に段差があります。そんなときは、わずかな段差に気づかず転倒してしまう危険があります。

こんな時、手すりがあるならトイレの出入りの際の転倒を防ぐことができます。例えば、TOTOで販売されている手すりは、力を支えるための手すりは32mmの太さの手すりを勧めています。では3つ目のポイント、トイレのドアについて考えてみましょう。

ドアの開け閉めは時間がかかるので引き戸のドアでバリアフリー

狭い廊下で特にドアが手前に開く時、トイレの出入りを不便に感じます。体を思うように動かせない年配の方にとって、ドアの開け閉めは障害になります。なぜなら、開け閉めの時にドアの開く角度が大きいので転倒する危険があります。

トイレのドアはどのようにバリアフリー化できるでしょうか。浴室だけではなく、トイレのドアも引き戸の形にするなら、ドアを開ける際にバランスを崩すことが少なくなります。トイレの引き戸は上吊仕様のものですと、約3万円から販売されています。しかし、実際には自分で取り付けするのは難しいので、リフォームすると、これにドア交換取り付け施工費用が別にかかります。トイレの引き戸にも種類があります。「Y戸車引き戸」や「戸袋引き込み式」などです。

トイレのバリアフリーの方法について「手すり」と「引き戸」にしぼって考えました。トイレのバリアフリーの方法はこれ以外にもさまざまです。トイレの床を張り替える方法もその一つです。毎日使うトイレ、そして、年長の方がスムーズにトイレに出入りできるなら、本人もご家族も安心ですね。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.