老後・セカンドライフ

2つの危険をふせぐキッチンのバリアフリーとは?

更新日:

ユニバーサルデザインのキッチンとIHでバリアフリー
キッチンで料理することは老化の防止にも役立ちます。ご家族にはいつも元気で老後もキッチンに立っていただきたいです。

しかし、年齢がだんだんすすむにつれて、今まではちょうどよい高さだったキッチンが高すぎて不便になることや、手の握力がなくなって水道の蛇口の開け閉めが不便になります。

他にも火をつけていた事を忘れてしまい、ボヤや火事を起こすのが心配になります。長い時間キッチンに立つのも重労働です。年齢が進むに連れて生じるこれらの問題をバリアフリーでどう解決できるでしょうか。最初にみるのは、転倒して怪我をするリスクを減らす方法です。

転倒防止のため、ユニバーサルデザインのシステムキッチンを選ぶ

キッチンのバリアフリーを考えるときに優先したいのはケガをしないための対策です。

キッチンの足元はとかくものが増えがちです。普段使う調味料や野菜などはしまうのが面倒だと感じます。しかしこうしたものが転倒のきっかけになります。こうした問題をどうすれば避けられるでしょうか?

ひとつの方法は、ユニバーサルデザインのキッチンを選ぶことです。これはシンクの下の足元があいているので、そこに物を置いておくことができます。

従来型のシステムキッチンでは、シンクの下に扉があって収納したものが見えないようになっています。しかし歳を重ねるにしたがって、だんだん開け閉めするのが不便です。こうしたデメリットがなくなるだけでなく、イスを置いておくこともできるので、座りながら家事を行なうこともできるので一石二鳥です。

ユニバーサルデザインのシステムキッチンは、シンクの部分が浅くなっているので、座ったままでも洗い物ができるのでメリットといえます。では、2つ目の危険を避ける方法を考えましょう。

IHのクッキングヒーターで火事を起こさせない

キッチンでの事故で怖いのが、火事です。家事をしながら別のことをして火をつけたのを忘れてしまい、ヒヤッとした経験をお持ちの方は少なくないでしょう。

キッチンをバリアフリーにするとき、どんな選択肢がありますか?システムキッチンを選ぶときに、IHクッキングヒーターを選ぶなら火事の危険を最小限におさえることができます。

IHクッキングヒーターの機能には、一定期間ボタン操作をしないと自動的に切れるものもあります。他にも加熱防止、切り忘れ防止、空焚きOFFなどの機能がついているものもあります。

各メーカーによって特徴がありますが、火事を起こさせない工夫がなされています。安全性が高いので、リフォームの機会にIHに変えることができます。

年齢を重ねるに従って、バランスを崩しやすくなります。フードレンジを操作するときにバランスを崩して転倒しないようコントローラがついているシステムキッチンもあります。

年齢を重ねていても、出来る限りキッチンで安心して料理を作れるなら家族としてうれしいですね。キッチンをバリアフリーにするとき、キッチンの動線にものを置かないため、ユニバーサルデザインのキッチンを選ぶことができます。そして、火事の心配をしないで料理できるIHクッキングヒーターはバリアフリーの大きな味方といえます。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.