老後・セカンドライフ

お年寄りの転倒を防ぐ玄関のバリアフリー

更新日:

3つのポイントで、玄関の中からバリアフリーを始める

玄関は毎日出入りする大切なスペースです。年齢を重ねたご家族のためには、玄関のバリアフリーは欠かせません。バリアフリーというと、玄関をでてから外の階段をスロープにして段差を解消したり、昇降機を設置してバリアフリーにするといった方法が思いに浮かびます。

では、玄関の中ではどうでしょうか。どこからバリアフリーをはじめたらいいでしょうか。3つのポイントを考えて、どのように年長の方が怪我をしづらい玄関造りができるか考えてみましょう。

靴の脱ぎ履きは座って

年齢とともに、バランス感覚を保つのが難しくなります。さらにかがんだり立ったりするときには頭がフラフラしてしまうこともあります。こうした時に転倒する危険があります。

それで玄関に靴の脱ぎ履きをするためのイスを置くことによって対処できます。そして、この時に、高齢の方が立ちやすいような高さのイスを準備すると便利です。

インターネットで「玄関ベンチ」で検索すると、持ち運びができ、高さを調整できる玄関用のベンチを見つけることができます。価格は約5千円から購入できます。さらに転倒を防ぐためには、玄関の土間の素材に注意することが必要です。次にこのポイントを見てみましょう。

マットを敷いて玄関の土間の床を滑りにくくする

玄関の土間は室内ではありますが、雨の日などは玄関の土間も濡れてしまいます。集合住宅や戸建住宅の土間の多くがタイルを使っています。タイルのメリットには、掃除がしやすいこと、汚れにくいことが挙げられます。

タイルだと雨の日でも便利ですが、反対に滑りやすいものもあり、転倒の原因になります。玄関の土間を滑りにくくするために、ジョイント型のマットを敷くことができます。

ジョイント式の人工芝の例ですが、大きさを各家庭にあったものにできるので簡単な方法で滑りにくい土間づくりができます。枚数によって価格が異なりますが、大きさが29.5cmの正方形が20枚セットで約1万4千円です。

他にも、滑りにくい素材の床を使って危険を減らすことができます。セメントで金コテ仕上げにして滑りにくくすることもできます。最後に注意を向けるのがドアです。

ドアを「引き戸」にして力を入れずに開け閉めする

出典:ykkap.co.jp

玄関をバリアフリーする際に、戸建住宅の場合であれば、ドアを引き戸にすることによって、力を入れずに開け閉めできます。例としてYKKのホームページでは、ドアを引き戸にリフォームする際の価格も載せられています。

ドアのリフォームに約50万円から約70万円かかります。これにオプションを付け加えることも出来ます。YKKのドアのバリアフリー工事のメリットは、一日でリフォームができることです。壁工事がないので騒音や、費用を抑える点で優れた方法です。

他のメリットには、開閉の際にスペースをとらないことです。引き戸のもう一つのメリットは、車いすを利用するときに、ドアだと車いすが邪魔して開閉しづらいという問題をなくせることです。

簡単に3つのポイントを考えました。玄関には年配の方が転倒などによる怪我をしやすい箇所です。少しでも安心して外に出かけられるようにバリアフリーをはじめてみましょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.