老後・セカンドライフ

健康型老人ホームの特徴を知っておこう

更新日:

自分なりのシニアライフを送りたいという方は必見

健康型老人ホームの特徴とは?

健康型の老人ホームの場合は住居型とは違って民間事業所が運営しています。
家事の手伝いなどのサポートを受けながら、健康維持をしつつ生活できるための施設となります。自立している高齢者が対象となり、家で全て自分のことをするのが辛くなってきた方などが利用しています。ここでは、この健康型の老人ホームについてもう少し詳しく見ていきます。

メリット

まず挙げられるメリットには、ほとんどの家事を施設のスタッフに依頼できる点です。

その分他のことができるため、自分のしたいシニアライフをエンジョイできるというわけです。設備が充実しているのもそのためで、図書室に通って勉強したり、スポーツジムに行って身体を動かしたりと、自由にできることが多いです。

自立している方が対象とはいうものの、軽度の要介護状態の方は外部サービスを利用することによって入所し続けることが可能です。

デメリット

反対に、デメリットとしては重度の介護状態になった時に住み続けられないことです。健康型から移行し、また別の施設へと引っ越しを余儀なくされることもあるでしょう。

そのことを考えると、いつまでも健康型老人ホームに居られるわけではないのかもしれません。その際、別の施設が必要となった時にすぐ見つけられるかというとその保証はありませんまた、要介護度が高いと介護サービスを使った時割高になってしまうので、ここは比較的自分のことは自分でできる程度の方向けと言えます。

かかる費用

健康型老人ホームの場合、レクリエーションの充実具合などによって初期費用が0円~数億円とかなり幅が広いです。その他必要となるのは月額利用料で、これは10万円~40万円程度が目安となります。

入所基準

基本的に、入所基準となるのは60歳以上の方で、介護レベルは自立しているか軽度の要介護者となります。認知症には対応しないところが多く、共同生活は必ずしもしなければならないというわけではありません。

受けられるサービス

健康型となると家事を手伝ってくれるのが主たるサービスとなりますが、その他では医療機関によるメディカルチェックが受けられます。多くの施設が近隣の医療機関と提携しているため、必要に応じて定期的に健康の具合がわかります。

まとめ

健康型老人ホームは、自分のことはまだまだ自分でできるけれど、家事が辛くなってきたという方向けの施設となります。

家事をすることによって認知症防止になるとか、自分でしたいという方には向いていません。考え方の違いで、家事にかかる負担を減らし、自分のしたいことを楽しみながら暮らしたいという方は健康型老人ホームが向いていると言えます。

豪勢なところもあるので、予算によって入るところを見極めてみてはいかがでしょうか。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.