老後・セカンドライフ

住居型老人ホームの特徴を知っておこう

更新日:

共同スペースのあり方に特徴が出やすい

住居型老人ホームとは?

老人ホームには種類がありますが、今回はその中でも住居型というものに特化してご紹介していきます。

これは民間企業が運営しており、要介護者や、介護認定を受けていない自立者、要支援状態の高齢者を受け入れています。生活援助が受けられますが、介護が必要になった場合には外部から援助が受けられるようになっています。では、そのあたりのことをもう少し詳しく見ていきましょう。

メリット

まずは住宅型の老人ホームのメリットからお話ししましょう。
まず挙げられるのは、介護付きのものよりは利用料が安いという点です。もし介護が毎日のように必要となれば介護を付けた方が割安にはなるでしょうから、まだまだ元気という方が利用すると良いかもしれません。

外部サービスの利用は軽度の要介護状態の方に対応できますし、健康管理も同時に行えます。また、レクリエーションがあり、楽しみながら同年代の人たちと生活できる点も魅力の1つです。設備が充実しているところも多いので、見学に行くと良いでしょう。

デメリット

では、反対にデメリットには何があるのでしょうか。先ほどメリットで軽度の要介護状態なら・・・と書きましたが、重度の介護状態では住み続けられないのがデメリットとなります。

介護サービスが割高になりますし、将来的なことを考えれば別の施設に移ることを視野に入れておかなくてはなりません。その際、早くに見つかるかどうかの保証はありません。

入居にかかる費用

住宅型老人ホームの入居にかかる費用は、初期費用が0円~数千万円、月額利用料が12万円~30万円とかなり開きがあります。

この差は設備の差、スタッフの質や人数、施設がある場所などによって左右されています。最近では入居一時金を無料にして、その代わりに月額利用料を高く設定するという施設がメジャーになりつつあります。

入所基準

住宅型老人ホームへの入所基準は、基本的には介護が必要なく、自立した方が対象になりますが、介護サービスを利用することによって軽度の要介護者や要支援者も入れます。一般的には年齢は60歳以上であり、認知症は対応しない傾向にあります。

提供されるサービス

自立した人の入所を基準としているため、生活を見守ってくれるというのがサービスになります。

緊急時にはもちろん対応しますが、それ以外には食事、清掃、洗濯など、生活援助をします。外部からは入浴などの介護が受けられ、リハビリやカウンセリングも行ってくれますが、このあたりについてはそれぞれの老人ホームによって違うことがあるので要チェックです。

設備

基本的な設備であるトイレや浴室、共同設備、食堂などは付いていますが、他にも意外と思われるものがあります。理美容室があったり、医務室、売店があるケースもありますし、共同生活室はそれぞれの老人ホームの特色がでます。

カラオケができたり、麻雀卓、図書室、フィットネス用具、プールなどなど、バリエーションが豊かです。要介護認定なしで過ごす方が対象になっているので、できることが多いために遊びや健康維持について力を入れるところも多いようです。

まとめ

住宅型の老人ホームでは自立できる方が対象となっていることから、生活のちょっとした援助に+αして、人生の楽しみを見いだせるような設備が魅力です。

差を付けるとしたら共同スペースで、プールやフィットネス用具が用意されているのは健康維持には欠かせないものとなるでしょう。それぞれ特色があるので、住宅型の老人ホームを見る時にはどのような施設があるのかに注目してみてください。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.