老後・セカンドライフ

老人ホームに入るとかかる費用の内訳を見てみよう

更新日:

注目すべきは「入居一時金」と「介護費用」

老人ホームに入居したらかかる費用

介護を受けるとなるとかなり費用がかかってくる老人ホームですが、その他もろもろの内訳とはどうなっているのでしょうか。

予算の関係もあり、入れる施設は限られてくる場合も少なくありません。一口に老人ホームと言いますが、安さに定評があるところからかなり豪華なところまであるので、料金を一概に言うことはできません。総合的に見て、ここなら良さそうと思えばとりあえずキープしておくことをオススメします。

0円~億単位まで

老人ホームに入るにはまずはある程度のまとまったお金がないと厳しいので、資金計画を立てておくことをオススメします。

当面の費用を用意できるのか、毎月いくらくらいなら支払い可能なのかをメーンに考えておきましょう。もしパンフレット等の資料があるならば、始めにどれくらいの料金が必要なのかを見てから検討するのも良いでしょう。

費用の内訳

生きていくために毎月支払わなくてはならない費用を減らすということは難しいため、初めから余裕を持っていける老人ホームを選びましょう。ここからは、その費用が何に使われているのか内訳を見ていきます。

入居一時金

老人ホームによって0円から億単位まで違ってくる入居一時金。入居時最初に必要となるものなので確実に用意しておきたいものです。

介護費用

今は必要なくとも、将来的に介護を受けることになるかもしれないと見越すのなら知っておきたい費用です。

介護認定があれば毎月決まった負担額を支払うことでサービスが受けられます。それほど介護がなくても生活を送れる方であれば目安は数千円、寝たきりになると3.6万円くらいを目安にしておくと良いでしょう。

また、まだ元気なうちから入居をする場合には、終身利用型の終身介護費用というものを先に支払う場合もあります。この場合には300万~800万円となり、かなり幅があります。

その他

他、生活していくために老人ホームの管理費を支払わなくてはなりませんし、月3~6万円の食費、5千~2万円の水道光熱費、急な病気やけがによる出費も念頭に入れておかなくてはなりません。

まとめ

費用に関しては0円~億単位まで幅広くあるため、どこが適切かは予算と相談して決めるに限ります。

食費や水道光熱費など、老人ホームで暮らそうが家で暮らそうがほぼ変わらない費用は計算がしやすいですから、介護費用や入居一時金に注目しておくと大体の目安はつかめるのではないかと思います。将来自分のためにと貯金しておくと楽かもしれません。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.