老後・セカンドライフ

特別養護老人ホームってどんな老人ホーム?

更新日:

要介護1~5の方が入居する老人ホーム

特別養護老人ホームってどんなところ?

老人ホームという言葉はよく聞くと思いますが、「特別養護」老人ホームという言葉はどうでしょうか。親が要介護の認定を受けているなら知っているという方もいるかもしれません。ここでは、この特別養護老人ホームとはどのようなところなのか、どんな方が入居できるのかについてご紹介していきます。

どのような入居者がいるのか

特別養護という名前がついている通り、この老人ホームでは要介護1~5の認定を受けている65歳以上の方が入居しています。これは、日常生活を送る上で身体的、または精神的に常に介護を必要とする状態です。

家での介護を受けることが難しいという方が入ります。入所できるかどうかを決めるのは入所検討委員会というところで、老人ホームの施設や市役所に設置されていることが多いです。

入所条件とは

さらに詳しい入所条件を見ていくとすれば、入院が必要ではなく、老人ホームに入っても伝染するような病気を持っていないことが挙げられます。

また、入所判定審査会はどのあたりを見るのかについては、どの程度歩けるのか、トイレは1人でできるのか、食事、入浴、着替え等があります。こられのうち一から十まで介護が必要なものが1項目以上、また一部介護しなければならないものが2項目以上あり、その状態が継続するであろうと認められると入所条件をクリアとなります。

どの程度できるかというより、どの程度できないかという点が審査基準です。ただ、やはり医療的処置が必要であるならば入所はできません。

サービス内容とは

特別養護老人ホームでのサービスは、日常生活におけること全般の介護になります。

食事、排泄、着替え、入浴等を介護できるスタッフがいます。入居者の状況と、その子どもなら子どもの要望等を聞いて入所します。対応可能範囲であればそのようにしてくれるでしょうから、入る前に色々と聞いておくと良いでしょう。

まとめ

特別養護老人ホームは日々の生活の支えになってくれます。家での介護が難しい状態であるならば、目を離しても安心できる老人ホームの方が良いケースもあります。

そこに入るのは入居者が自分の意思を表現できるのなら別ですが、その子どもが判断しなければならないという場合もあります。親にとってそこが良いのかどうか、自分もたまに様子を見に行ける範囲であるか、いざという時にかけつけられるか等も参考にしながら選んでみましょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.