老後・セカンドライフ

有料老人ホームには3種類ある!どこがオススメ?

更新日:

入居者の能力に応じて決めなくてはならない

有料老人ホームってどんな施設なの?

今や老人ホームは高齢社会の日本にとってなくてはならないものになりましたが、もし自分が、親が入るとなったらどんな施設になるのでしょうか。実は、有料老人ホームと一口に言っても、それには3種類あります。それぞれに特徴があるので、それを自身と重ねてメリットとデメリットに分けてみましょう。そうすることでより自分や親に合った施設が見つかるはずです。

介護付き有料老人ホーム(特定施設入居者生活介護)

この老人ホームはその名の通り介護が必要という方を対象にしています。かっこ内にある特定施設入居者生活介護というのは、この指定を受けている老人ホームですよという意味です。

このようなところでは施設に常駐しているスタッフがいるため、いつでも介護がうけられます。食事のサポートから排泄まで、日々の暮らしで人の手が必要である場合はここになります。

住宅型有料老人ホーム

こちらは介護が必要な方だけでなく、不要であるという方も入れる老人ホームです。よって、施設に常駐する介護スタッフはいないことがあり、介護サービスはうけられません。では介護が必要な方はどうするのかというと、訪問介護というかたちで外部から介護サービスを受けることとなります。訪問介護の場合だと、介護保険料は在宅介護サービスを利用した時と同様になります。

健康型有料老人ホーム

健康型という名前が付いているものは、自立できている高齢者だけが入れる施設となります。よって、もし介護が必要となれば退去する必要があります。普段の暮らしと違う点は、露天風呂があったり、トレーニングジムがあるため、健康であることを目指して暮らせるという点です。

施設内にあるので、ジムが遠くにあって自分の足で通うとなると運転などが怖いという場合に役立ちます。今現在元気であり、自分のことは自分でできる方が入れます。ちなみに、食事のサービスはあるところがほとんどのようです。

まとめ

一口に有料老人ホームと言っても、入居者の程度により種類があることがお分かりいただけたでしょうか。元気でも老人ホームには入れますし、介護が必要であれば生活を見守ってくれる施設に入ることもできます。値段はそれぞれの施設によって豪華なところもあれば質素なところもあり、都心部や郊外によっても違います。どのタイプが良いかは入居者の能力によって決まってくる部分が大きいでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.