老後・セカンドライフ

高齢者住宅の提供サービスにはどんなものがあるの?

更新日:

「安否確認」と「生活相談」はサービス付き高齢者向け住宅のメーンサービス

高齢者住宅に提供されるサービスとは?

もし本当にサービス付き高齢者向け住宅に入居することとなったら、気になるのはそこでの生活です。どんな風に生活できるのは、受けられるサービスにはどのようなものがあるのか、これらによって居心地の良さは変わります。

大きく言えば、提供されるのは安否確認と生活相談になり、1人で孤独死することがなくなり、相談相手もできるというのがメリットです。では、このあたりのサービスについてもって詳しくみていきましょう。

生活の援助には定評がある

サービス付き高齢者向け住宅の場合、その内容に満足できるという高い評価を受けているのが生活面での全般的な援助です。ただ、その一方では介護や身体の具合の医療的に処置してもらうという面では他の施設の方が勝っている場合も多いです。

しかし、「特定施設入居者生活介護」という指定を受けている施設ではそれらにも十分に対応しているので、例えば食事のサポート、掃除・洗濯、入浴や排泄のサポート、リハビリテーションなどが充実しています。これらは介護付きの有料老人ホームとほぼ変わらないサービス内容となっていますね。

自由度が高いこともサービスの一環

サービス付き高齢者向け住宅では、高齢者が住みやすいよう工夫された住居であり、介護を必要としない人にとっても暮らしやすい環境が提供されています。バリアフリーに気を使いながらも、自分の室内にトイレもキッチンもあるという普段の生活とそこまで離れない作りになっているところもあります。

入居者の中には、自宅を離れたくない、今更前の暮らしと大幅に変わるのは嫌だと感じる方も多くいます。そのような方でも暮らしやすいよう配慮されています。

契約次第で色々なサービスが受けられる

まだ介護はいらないけれど、今後必要となるであろうという場合には、外部の介護サービスと契約してそのサービスを利用することができます。必要に応じて変更できるというメリットがあるのは嬉しいのですが、一方でそのサービス内容には運営事業所によって大きなばらつきがあることがデメリットとなります。気に入らなければ変更が可能ですが、できれば最初から良いところと契約したいもの。そのためにも、何がオススメなのかを事前に聞いておくことは大切です。

まとめ

高齢者にとっては、今の近所関係が薄くなってきた環境では安否確認を行ってくれることや、生活の様々な相談にのってくれる人がいることは心強いことではないでしょうか。これがサービスとして受けられつついつもの生活ができるのはサービス付き高齢者向け住宅のメリットと言えるでしょう。ただ、まだまだ自分のことは自分でできるというのであれば、今の生活を捨てて入居する必要はないのかもしれません。そのあたりはよくよく検討すべきでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.