老後・セカンドライフ

高齢者住宅への入所基準にはどんなものがあるのか

更新日:

実は60歳未満でも入所できる条件があるって本当!?

高齢者住宅への入居条件とはどんなもの?

サービス付き高齢者向け住宅に入居するためには条件がついています。そうでなければ今の日本はその住宅に本当にサービスを必要としている人たちが入れなくなってしまいますから。そのため、条件を満たした人が入居できるようになっています。ここでは、それぞれの条件を詳しくみていきましょう。

条件①…60歳以上であること

サービス付き高齢者向け住宅に入居する本人が60歳以上であることが条件です。例外はありますが、それについては条件②を参照してください。日本では世界保健機構と同じく65歳からを高齢者と定めていますが、それよりも5歳若くから入居が可能です。

条件②…介護保険法が規定いている要介護認定・要支援認定を受けている60歳未満の方

条件①では入居者は60歳以上でなければいけないと述べましたが、特定疾病を持っている40歳~64歳の方であれば要介護認定を受けることが可能です。しかし、全ての施設に医師が常駐しているわけではないので、そのあたりはしっかり検討する必要があります。

一方、要支援認定は介護が必要というレベルまではいかながい、将来はそれが必要になるであろうとみられる場合や、日常生活に軽度の支障をきてしている場合に当てはまります。

同居者が一緒に入居できるところもある

サービス付き高齢者向け住宅では、要介護者や要支援者以外にもその配偶者や60歳以上の親族などであれば一緒に入居できる住宅があります。いきなり知らない家で1人になり、知らない人たちと共同生活をするのが不安であるという場合には知っておきたい情報です。

条件は地域によって違う

上記に挙げた条件は、ある地域では若干異なるという場合もあります。住居によって細かく設定されている場合もあるでしょうから、詳しくは実際に調べてみた方が良いでしょう。一般的には軽度の要介護者を受け入れ、スタッフがその面倒をみるというかたちになっていますが、それより寛容で、ある程度症状が進んでしまっていても受け入れ可能としている場合もあります。

大事なのは、その施設の雰囲気を入居者が気に入るかです。施設自体の構造もそうですが、今入居している人と折り合いが上手くいきそうかを見るためにも、少しずつ見学させてもらうなり、話し相手として度々訪れるなり、出来る準備は進めておきたいものです。

まとめ

65歳以上を高齢者と定めているにもかかわらず、60歳から入居可能というのにはびっくりした方もいるのではないでしょうか。サービス付き高齢者向け住宅はこれからますます必要とされるでしょうから、今後は今以上に人気が高まると思われます。早めの確保も大切かもしれませんね。もしかしたら家の近くにはないかもしれませんが、どのあたりにどんな施設があるのかを把握し、調べておくことは損にはならないでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.