老後・セカンドライフ

高齢者住宅に入居したらかかる月額費用はいくら?

更新日:

特に注意したいのは、介護保険でカバーできないサービスを受けた時の「サービス支援費」

高齢者住宅にかかる月額費用はいくら?

もし高齢者住宅に入ったら、もちろん初期費用だけではやっていけません。当然月額費用のことも考える必要があります。サービス内容によって合計金額はかなり変わってきますが、ここではサービス付き高齢者向け住宅に入居した時にかかる月額費用の内訳を載せたいと思います。それぞれの目安も書きますので、参考になればと思います。

賃料…(5万円~10万円)

まずは賃料ですね。これは近所の相場と同じになるので、不動産屋さんが詳しいでしょう。便利で都市部になればなるほど高額になるでしょうし、郊外に行くほど安くなります。

共益費…(2万円~3万円)

これは共有スペースにかかるお金です。個別の部屋だけで生活を見守るわけではなく、皆と一緒に食事をするスペースや団らんをするスペースなどがあるため、通常の賃貸住宅と比べると高く設定されています。あまり1人の部屋に閉じこもっていると認知症には良くないですし、人とのコミュニケーションも適度に取る配慮がされています。

水道光熱費…(1万5千円程度)

個室がない場合は水道光熱費は共益費に含まれているのが一般的ですが、そうでないなら別途かかってきます。

食費…(4万円~5万円)

自炊をするタイプの住宅や、その能力がある方だと自炊分の料金がかかりますが、食堂などを利用するとなると4万円から5万円かかってきます。一般的な計算では昼食が300円~500円のところが多く、夕食は500円~1,000円ほどだそうです。

サービス支援費…(2万円~5万円)

これは人件費と捉えてください。高齢者の生活を常に見守るためには駐在しているスタッフがいます。また、介護保険ではカバーしきれないというサービスを受ける場合にも、その料金はここに含まれることもあります。

介護保険費用…(0円~4万円)

これを0円からとした理由には、介護を必要としない方には必要ないからです。要介護認定を受けている方であれば、介護サービスを利用するとその1割分の負担がかかります。

医療費…(1万円程度)

高齢者となると医療費が若い人より多くかかる傾向があります。生活を任されているスタッフは責任を持って介護をしますが、なかなか専門医に見てもらわなければわからないこともあります。そのような場合は外部の医療サービスと契約するため、この費用がかかります。多いのは、高齢者が病院に出向かなくてもよい訪問医との契約で、月2回の検診だと1割負担となります。

おむつ代…(0~2万円)

これも必要としない方にはかからない費用ですが、定期的に持ってきてくださいという場合や、こちらで用意しますという場合には費用がかかります。

このあたりがサービス付き高齢者向け住宅にかかる月額費用でしょうか。また、高齢者住宅に限ってというわけではありませんが、普段の生活をしていてかかる美容院代や交通費なども含めるとその他もろもろは用意しておく必要があります。

まとめ

賃料や食費、水道光熱費などは高齢者でなくても生きていくために支払っているという方も多いですが、注意したいのはそれ以外にかかる費用になってきます。特にサービス支援費は、介護保険でカバーできないものがあるとかなり額が大きくなるのでチェックしておかなくてはなりません。費用内容の捉え方も施設によってまちまちなようなので、そのあたりはある程度住宅に目星がついたら聞いておくと良いでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.