老後・セカンドライフ

高齢者住宅に入居する時の初期費用はいくら?

更新日:

初期費用0円のところもあれば、数千万するところもある

高齢者住宅に入るためにかかる初期費用はいくら?

親が老後どのように過ごすことになるのかを考える年代の方もいれば、自分の老後のことを考える世代の方もいることでしょう。特に今の日本は若い世代ほど老後の生活が保証されていません

そうなると、自分で自分の世話が出来なくなった時にどうするかを考える機会は少なからずあると思います。そこで、今回は高齢者住宅に住むためにかかる初期費用についてご紹介しておきたいと思います。

そもそも高齢者住宅とは?

高齢者が入る住宅としては、大きく分けて「サービス付き高齢者向け住宅」と、「有料老人ホーム」があります。ここでは、サービス付き高齢者向け住宅の話をします。

サ高住とも略されるサービス付き高齢者向け住宅ですが、これは民間事業者などによって運営されています。一般型と特定施設型との2種類があり、一般型は自立支援を、特定施設方は軽度の介護者を対象にしています。

サービス内容はスタッフが常に生活を見守ることですが、介護型となると食事や入浴、排泄などの世話もサービスに入ってきます。住宅自体は、高齢者が生活しやすいようバリアフリーになっています。

かかる初期費用のパターン

どのサービス付き高齢者向け住宅に入るかによって初期費用はまちまちですが、分けると主に3パターンあります。

初期費用0円パターン
敷金のみのパターン
前払いのパターン

敷金のみのパターンは、大体2カ月~6カ月間の家賃分だと考えてください。前払いのパターンは、数百万~数千万に及ぶことがあり、これが一番幅が広いです。このケースでは前払金の内容を明確に提示する必要があるので、契約書等で必ず確認しておくことが大切となります。

もしサービス付き高齢者向け住宅以外で考えているならば、それは0~数億円になるなど、とにかく幅が広いです。より正確な値段を知りたいのであれば、直接何件かまわって大体の費用を聞いておく必要があるでしょう。

まとめ

高齢者住宅と言っても、そのバリエーションはかなりあります。介護付きのところ、グループホームのように地域密着型のところ、医療系のしっかりした体制のところなどなど・・・。これを決めるのは値段もそうですが、入居する本人がどのようなサービスを必要としているかです。

親のため、自分のためにも、将来を見据えて少しだけでも貯金をしておくと不安は解消されるかもしれません。もし今は家族皆が元気でも、パートナーと死別したり、自分が介護できるかという問題に直面した時には高齢者住宅のことを今のうちから考えておくと心の準備ができると思います。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.