老後・セカンドライフ

介護保険サービスを利用する・サービス対象と対象外のサービスを理解しよう

更新日:

介護保険サービスの内容は?

要介護認定を受けて、ケアプランを作成したら、その計画書に則って介護保険サービスが受けられるようになります。介護保険サービスですが、いろいろとあって、大きく5つの項目に分類できます。

自宅で受けられるサービス

訪問介護サービスが代表的ですが、自宅療養している利用者のもとを介護スタッフが定期的に訪問します。そして食事や入浴、排せつなどの介助を必要に応じて実施します。その他にも掃除や買い物といった生活支援も必要に応じて行います。

通所サービス

デイサービスなど通所サービスを利用することも可能になります。通所サービスにはほかにも高齢者がいますので、お年寄りが陥りがちな社会的孤立を防げます。

その他にも家族が常日頃介護をしている場合には、デイサービスに行っている間だけでも、介護の負担が軽減できます。

短期入所サービス

ショートステイとも言われますが、一定期間施設の中で生活してもらう介護サービスになります。例えば介護をしている家族が長期出張などで家を空けてしまうとか、病気で介護できなくなったときなどに活用します。ショートステイですが、利用上限は30日間となっています。

入所サービス

特別養護老人ホームなどの専門施設に入って、介護サービスを受けることも可能です。家族の事情で自宅介護が難しい場合には、入所してもらう形になります。

特別養護老人ホームの他にも、介護老人保健施設などもあって、介護スタッフなどが食事や入浴、排せつなどの介助を実施します。

介護用具の購入・貸与

介護が必要な高齢者のために車いすやスロープ、介護ベッドなどいろいろな介護用品があります。介護保険サービスの中には、これらの用具のレンタルや購入のサポートなども実施しています。

また自宅療養している人は、バリアフリーのためのリフォームが必要なケースもあるでしょう。このリフォーム費用の補助も介護保険からねん出することが可能です。

介護保険適用外のサービスについて

介護サービスの中には、介護保険の適用外のものもあります。この場合、原則全額自己負担となります。ケアマネジャーがケアプランを作成するときに説明があるはずですから、しっかり確認しましょう。

見守りサービスは適用外

高齢者が一人暮らしをしているケースは決して珍しいことではありません。たとえば実家と今暮らしている所が離れすぎているとか、仕事の性質上今後何度か転勤するかもしれない、自分の家族の面倒を見るだけで手いっぱいなど、いろいろな事情があるでしょう。

その場合気になるのは、遠くで暮らしている高齢者が元気に問題なく暮らしているかどうかです。そこで注目されているのが、見守りサービスです。見守りサービスとは文字通り、家族に変わって一人暮らしなどの高齢者を見守るサービスになります。

より具体的に見てみると、定期的に連絡を取って安否の確認をする緊急事態が発生した時に迅速に対応し安全を確保するなどです。見守りサービスはいろいろな企業で提供していて、それぞれ差別化を図っています。

見守りサービスを利用したければ、具体的なサービス内容に関してもしっかり確認しておきたいところです。たとえば実際に家庭訪問するのではなく、IT系の企業などで見られるセンサーとかカメラなどを使って見守るサービスがあります。

ネットなどにつなげば、家族自身でお年寄りの状態をほぼリアルタイムで確認できます。その他には配食系といって、料理を届けるときに利用者の安否を確認する方法もあります。しかしこれら見守りサービスは、保険の適用外なので注意しましょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.