老後・セカンドライフ

要介護認定が下りたら介護保険サービスが受けられる・その基準となるのが介護サービス計画書

更新日:

ケアマネジャーと契約する

要介護認定を受けられたら、介護保険のサービスが受けられます。しかしやみくもに介護保険のサービスを受けられるわけではありません。まずは介護サービス契約書と家計アプランと呼ばれるものを作成する必要があります。

ケアプランを作成するのは、ケアマネジャーです。要介護者の場合、居宅介護支援事務所と契約することが多いです。そこでその事務所に在籍しているケアマネジャーがケアプランを作成します。

ちなみに要支援認定を受けた人は、地域包括センターの担当者がケアプランを作成することもあります。ケアマネジャーと契約するときには、居宅介護支援事務所の概要や訪問頻度、個人情報などの保護についての説明が事前にあるはずです。

こちらは重要事項説明書に基づき説明が行われるのですが、もし一度に内容を理解できるかどうか不安であれば、事前にお願いして重要事項説明書を入手してよく読み込んでおくことです。そしてわからない所があれば契約当日質問をして、納得した上で契約を交わしましょう。

介護サービス契約書を作成する

エアマネジャーと契約をすれば、ケアプランの作成をお願いします。ケアプランはいわば介護サービスの設計図のようなものです。利用者の状況や要望をベースにして、「これからどのような生活を送りたいか」ということも踏まえて、プランを作っていきます。

ケアプランを作成するにあたって、介護サービスを受けることでどうなりたいのか、目標設定することが大事です。ここでポイントになるのは、いくつかの項目に分類しておくことです。

今できることとできないことを分けて、今はできるけれどもやっていないことや今はできないけれどもいずれできるようになりたいことを明確にしておきましょう。そうすれば、ケアプランの作成もスムーズに進められます。

介護サービス計画書作成の流れ

一般的にケアプランですが、ケアマネジャーによるアセスメントが行われます。この時先ほど紹介した目標設定が明確に行われているかどうかが重要なポイントになります。

利用者だけでなく、普段介護を行っている家族にもヒアリングを実施して、普段の利用者の様子とか家族の要望なども聞き取りします。アセスメントが終わったところで、ケアプランを作成していきます。このケアプランですが、最終結論ではありません

あくまでも原案であり、たたき台のようなものだと思ってください。ケアプランの原案ができると、サービス担当者会議が実施されます。会議ではケアマネジャーの他にもサービス提供事業所の担当者なども参加します。

その上で利用者にとってより良いサービスにするためにはどうすればいいか、いろいろと検討が加えられます。そして最終的にサービス担当者間でケアプランが出来上がったところで、利用者やその家族に計画書の説明をします。

そしてこのプランで問題ないかどうかの最終確認を行います。もし問題ないようであれば、正式にそのケアプランで介護保険サービスを提供していきます。もし納得できない部分があれば指摘して、ケアプランの修正が行われます。

ケアプランは作り直せる

計画書を作成した時には利用者に最適なプランだと思えても、その後状況が変わることもあるでしょう。たとえば利用者の抱える症状が変わってきた・悪化した場合などが相当します。ケアプランは一度作成したら、一切変えられないものではないです。

もしも今よりも違ったプランに変更してほしいと思っているのであれば、担当のケアマネジャーに相談してみることです。利用者の希望に沿って、柔軟に対応してくれるでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.