老後・セカンドライフ

介護サービスは2種類に分類できる・それぞれのサービス内容は?

更新日:

居宅サービスの内容

介護保険システムの中では、要介護認定されると介護サービスが受けられます。介護サービスですが、大きく2種類に分類されその中の一つに居宅サービスがあります。

居宅サービスとは、要介護・要支援者が自宅で暮らしながらサービスが受けられるものをさします。居宅サービスの中でもさらにいくつかの種類があります。

訪問サービス

訪問サービスとは、介護スタッフが自宅療養している人のところに出向いて、必要な介護サービスをすることです。生活支援や食事や排せつなどの介助、家族が同居している場合には健康管理などのアドバイスを行います。必要に応じて、リハビリや入浴のサービスも実施します。

通所サービス

通所サービスとは、要介護者や要支援者が定期的に施設に訪れて、介護サービスを受けることです。こちらも訪問サービス同様、食事や排せつの介助やリハビリ、入浴、健康管理や衛生管理の指導などが含まれます。通所サービスは日中だけ要介護・要支援者を受け入れて、宿泊することはないです。

短期入所サービス

短期入所サービスとは、要介護・要支援者を一時的に施設内で受け入れるサービスになります。短期入所の場合、一定期間ではあるものの施設の中で寝泊まりをします。食事や排せつなどの必要な介助や健康管理・衛生管理指導、リバヒリ・入浴などを個人に合わせてサービス提供します。

その他にも特定入居者生活介護などの介護保険の指定を受けた有料老人ホームやケアハウスに入居している人のためとか住宅改修費支給や特定福祉用具販売など自宅療養している要介護・要支援者向けのサービスがあります。

施設サービスの介護サービス内容

もう一つの介護サービスの種類の中に、施設サービスと呼ばれるものがあります。施設サービスとは、特定の施設に入居してもらって、必要な介護サービスを提供するスタイルのことです。特定の施設としておもに特別養護老人ホームと介護老人保健施設、介護療養型医療施設があります。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームでは、施設利用者に対して施設サービス計画を個々の状態に合わせて策定します。そして施設サービス計画に則って、入浴や排せつ、食事などの介護や日常生活における世話、リハビリ、健康管理などの多彩な介護サービスの提供を行います。

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、介護だけでなく医療の両面からのサービスを提供します。そして病院から家庭でできるだけ自立した生活を送れるための橋渡し的な役割を担っています。痴呆性疾患を持つ人が大半を占めていると言われています。

介護老人保健施設に入居した場合でも、それぞれに施設サービス計画が作成されます。そして日常生活で必要なお世話をする介護サービスだけでなく、機能訓練のためのリハビリを医療・看護的管理のもとで実施されます。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、医療を中心としたサービスを提供します。要介護者の中でも長期の療養が必要な人が入所の対象になります。療養病床を持った病院や診療所が認定を受けています。施設サービス計画に則って、看護などの療養上の管理からリハビリ、医学的管理のもとでの介護サービスが提供されます。

介護保険システムの下では、要介護度や健康状態、生活環境によって受けられるサービスも決まってきます。そこでまずはどのような介護サービスが受けられるのかを考えて、それに基づき施設の選択をしていくことが大事です。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.