老後・セカンドライフ

介護サービスを受けるのに欠かせない要介護認定・その段階は7つに分類される

更新日:

要介護と要支援

介護サービスを受けるためには、市区町村に申請して要介護認定を受ける必要があります。要介護ですが、5段階の要介護と2つの要支援の7段階に分類されます。

要介護状態とは、日常生活における基本的な動作に関して、常時介護が必要だと判断された状態をさします。一方要支援状態とは、常時介護によって日常生活の基本的な動作のサポートの軽減や悪化の防止のために支援が必要な状態のことです。

基本的に症状が軽いのが要支援・症状が進行しているのが要介護状態だと思ってください。もし日常生活を送るにあたって、自立しているのであれば、非該当とか自立と判断されます。

このような自立・非該当になった場合には介護保険サービスは受けられません。ただしどうしても介護が必要であれば、高齢者福祉サービスの利用が可能なケースもあります。

要支援状態とは

要支援状態の人は、日常生活を送るにあたって支援が必要な状態をさします。その中でも要支援1と2という2段階があります。要支援1比較的軽い状態で、生活機能の一部に若干の低下の起きている状態です。

それに対して、要支援2機能の低下が見込まれる状態なので要支援1よりも症状が進んでいると考えられます。しかし両者とも共有しているのは介護予防サービスを受ければ、改善が見込まれる点です。ですから比較的症状の軽い高齢者が該当します。

要介護状態を見る

要介護状態になると、介護サービスがより必要な状態となります。ちなみに要介護度は5段階に分けられていて、段階が進めば進むほどより深刻な状態となります。

要介護1

要介護1の状態は要介護の中でも最も軽微で、部分的な介護を要する状態が該当します。日常の動作が全般的に不安定で、物忘れの症状も顕著ですが食事や排せつはだいたい一人でできる人をさします。ただし身だしなみや掃除など身の回りの世話をする時に、介助が必要です。

要介護2

要介護2になると、軽度の介護が必要な状態です。具体的には、立ち上がりや動作をする時に支えが必要で、周囲に無関心なところがあり、食事や排せつも介助が必要、身だしなみや掃除など身の回りの世話でも介助が求められる状態です。

要介護3

要介護3になると中程度の介護が必要な状態になります。具体的な状況としては、入浴や排せつ、立ち上がり・歩行などを自分一人の力ではできなくなっていて、痴呆のような問題行動が出てきている状態が該当します。また身だしなみや掃除なども自分ではできない状態になっています。

要介護4

要介護4に認定されると、かなり重度な介護が必要になっています。具体的には、日常生活能力がかなり低下してしまって、身の回りのあらゆる動作が一人ではできなくなっていて、尿意や便意がなくなっている状態などが該当します。ここまで来ると、生活全般にわたっての介護が必要になるでしょう。

要介護5

要介護度の中でも最高レベルに相当するのが、要介護5です。ここまで来ると、生活全般において全面的な介護をしなければなりません。食事や排せつ羽尻では不可能で、立位を保持することがほとんど不可能であり、理解力が低下して意思の伝達が困難・問題行動が多々見られる状態の人が要介護5に認定されます。

要介護度が進めば進むほど、介護サービスの受けられる範囲や量も増えます。そして介護サービスの費用負担の上限もアップするわけです。もしも上で紹介した状態の高齢者が家族にいる場合には、まず市区町村などに相談して要介護認定を受けることが先決になるでしょう。



-老後・セカンドライフ

Copyright© イエマニア , 2019 All Rights Reserved.