賃貸

いい賃貸に出会うためにはいい不動産会社を!不動産会社の見極め方を紹介

更新日:

2種類に分類できる不動産会社

いい賃貸物件を見つけられるかどうかは、良い不動産会社を見つけられるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。信頼できる不動産会社を見極める所から始めましょう。まず不動産会社ですが、大きく2種類に分類できます。それは多店舗チェーンタイプ地域密着タイプです。

多店舗チェーンタイプの不動産屋の場合、周辺の店舗とネットワークでつながっているのが強みです。ですから広範囲で物件探しをした場合でも、複数の店舗と連携できます。また大手の不動産会社の場合、社員教育がしっかりと行き届いています。このため、誰が担当になっても一定基準以上の接客が受けられるでしょう。

一方で多店舗チェーン型の不動産会社の場合、融通が利かない可能性があります。会社の方針やマニュアルにのっとって営業活動するので、柔軟性に欠けるきらいがあります。

地域密着タイプは、特定の地域であれば、かなりいろいろな物件を抱えています。大家さんとの個人的なつながりで物件の提供を受けていることもあり、大手では紹介していない掘り出し物の物件に出会える可能性も高いです。地域密着タイプは、営業マンが独断で営業していることが多いので多少の融通の利く可能性に期待が持てます。

ある特定の地域であれば、かなり詳しい情報を持っています。ところがその地域から少し外れてしまうと、途端に弱くなってしまうのが地域密着タイプの不動産会社の弱点といえます。

営業マンを確認すること


いい不動産会社を見つけられるかどうかですが、営業マンが信頼できるかどうかに最終的には行き着きます。一言で言ってしまえば、信用できる人かどうかを見極めることが大事です。営業マンの態度が誠意ある印象を持てるでしょうか?連絡をしたときに、早くレスポンスをよこしてくれるでしょうか?

その他には、賃貸物件について詳しいかどうかも重要でしょう。中には問題のある営業マンもいて、いろいろと質問をしても暖簾に腕押しといった感じであいまいな返答ではぐらかす人も見られます。

ただしいかに優れた営業マンでも、すべての質問に即座に答えられるわけではありません。中にはその場で即答できないような質問をされることもあるでしょう。その時に適当に答えるのではなく、正直に「わからないので後日調べてご返答させていただきます」といってくれる人の方が信用置けるでしょう。しかもすぐに調べて返答をくれる営業マンであれば、なおさらです。

賃貸物件はどの部屋でも、完全無欠というのはあり得ないです。メリットのある反面、デメリットも存在します。優秀な営業マンは、メリットだけでなくデメリットもきちんと情報公開してくれる人です。物件に関して、良いところしか言ってこないような営業マンがいれば、逆に怪しんだ方がいいでしょう。

あと契約をせかせる営業マンも避けた方がいいです。営業マンの中には「今即決しないと他の人に決まってしまうかもしれません」といった、半ば脅迫じみたようなことを言ってくる人もいます。しかしあくまでも最終的にその物件を借りるかどうかは、借主が判断することです。借主の意向を尊重できずに、とにかく契約させようというのは自分の営業成績向上のことしか頭にない独りよがりな営業マンとなります。しっかりした営業マンであれば、その場で契約を迫るようなことは絶対にしないはずです。

意外な情報として、駅前にある不動産会社の営業マンは契約を強引に取る傾向が見られるという話も聞かれます。駅前のような好条件な場所に店舗を構えていると、どうしても賃料なども高くなります。経費がかかるので少しでも利益をあげようとして、契約の取り方が多少強引になってしまうのです。すべてがそうではないでしょうが、頭に入れておいても良い豆知識です。



-賃貸

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.