賃貸

連帯保証人が見つからない…そんな人は保証人不要の物件を

更新日:

保証人なしでも借りられる賃貸はある

賃貸物件を借りる場合、連帯保証人を付けることが求められます。しかし中には親が高齢で保証人を頼めない、兄弟もいないなどの理由で連帯保証人になってくれそうな人が見当たらないという方もいるでしょう。賃貸物件の多くが連帯保証人を付けることが契約の前提になっていましたが、最近では保証人不要でも入居できる物件が出てきています。

保証人不要で入居できる理由は、保証会社の保証を受けられるからです。保証会社とは保証料を支払うことで、連帯保証人の代わりになってくれる会社のことです。通常入居するためには、建物のオーナーの審査を受ける必要があります。しかし保証会社を利用する場合には、オーナーと保証会社の審査を受けて、両方クリアする必要があります。

その他にはすでにクレジットカードを持っている人は、保証人不要で審査を通してくれるケースもあります。不動産会社の提携するクレジットカードを利用して家賃の支払いをすることを前提にして、保証人を付けなくても良いとしているわけです。

このような保証人不要の賃貸物件は、連帯保証人を何らかの事情で見つけられない人にとってはメリットがあります。また本来連帯保証人を探そうと思えば見つかるけれども、書類の作成や印鑑証明の準備など、手続きが煩雑です。その手続きを省けるという意味でも借主にとってはプラスに働きます。

保証人不要の賃貸の家賃は?

保証人不要の賃貸物件を借りるにあたって、家賃はほかの保証人を付ける物件と比較して高いのか気になる人もいるでしょう。保証会社を付けた場合ですが、家賃に関しては別に連帯保証人を付けた場合とで異なることはまずないでしょう。

ただし保証会社に保証人をお願いする場合には先ほども紹介したように、保証料を支払う必要があります。保証料は契約時に一括で支払う方式が一般的です。賃貸契約は2年間としているケースが多いですが、2年間の保証料は家賃の30~70%程度の負担が相場になると思ってください。ちなみに契約更新する際には、保証料は初回と比較して軽減される傾向が見られます。

保証人不要の賃貸の中には、クレジットカードによる支払いの方法もあります。この場合には、毎月の家賃に保証料がプラスされる方式になります。しかしカード払いにするということは、キャッシュバックポイントがついてくるので多少の割引が実現できるわけです。

保証人不要物件の注意点

保証人を自分で準備できないのであれば、保証人不要の賃貸物件を探すのも一つの方法です。ただし保証人不要の物件を探す場合には、一つ注意すべきことがあります。それは、その物件が生活の利便性を欠いた物件である可能性も考えられる点です。

なぜ本来必要な連帯保証人を付けなくても良いとしているかを考えましょう。その理由の中の一つに、連帯保証人が必要だと借り手のつかない可能性があるからが考えられます。不人気物件なので、入居者を確保するために保証人不要として妥協していると考えられなくもないです。

もちろん物件の条件の悪くない保証人不要の部屋もあるでしょうが、不人気物件の混じっている可能性の高いことは頭に入れておく必要があるでしょう。たとえば部屋そのものは良いけれども最寄り駅から遠い、スーパーなど日用品を買えるお店が近くにないなどの理由が考えられます。内見などもしっかり行って、生活の拠点にするのに十分な条件がそろっているか確認しておきましょう。

賃貸物件は年々増え続けていますが、入居する人の数は頭打ちです。ですから満室に近い状態に持っていくためには、売りとなるものがほしいです。そこで保証人不要の賃貸住宅もだんだん増えてきているので、よく情報を見極めることです。



-賃貸

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.