賃貸

マンションの駅まで○○分はどれくらい信用して良いもの?

更新日:

駅までの徒歩時間表示は「道路距離80mにつき1分」が一般的

マンション選びの大きなポイントのひとつが通勤がどれくらい楽になるか、ですよね。多くの方は駅チカ物件を探していると思います。

不動産屋さんに相談して色々なマンションを紹介してもらうと「駅まで徒歩○○分!」と書かれているものがほとんどだと思います。

しかし、実際に引っ越ししてみると、書かれていた時間では到底駅にたどり着けない…ということもしばしば。
実際、ネットで調べてみるとこういった意見は数多く見受けられます。

駅チカの定義

実は駅チカの定義は決められていません。これは人によって近いか、遠いか、の感覚は随分と違うからです。
一般的には徒歩圏内は徒歩10分~15分、駅チカは徒歩5分~10分くらいだと言われています。

どうやって計っている?

不動産広告に表記されている徒歩時間は誰がどうやって計っているのでしょうか。実はこれは、ほぼ全ての不動産業者は「道路距離80mにつき1分」として計算しています。

肝となるのは「道路距離」ということです。
例えば横断歩道を何度も渡らなくてはならなかったり、道中ずっと坂道だったりするとかかる時間は大幅に違ってきますよね。

 

実際に歩いて計っているところも

ほとんどの不動産広告は道路距離から計算されていますが、地域密着型の不動産屋さんなどはスタッフが実際にマンションから駅まで歩いてみて、どれくらいの時間がかかったかを目安として記載していることもあります。

もちろん歩くスピードは人によって大きく変わってくるので、これも100%当てになるとは限りません。

 

実際に確かめてみるのが安心

もし引っ越し先がそこまで遠くないのなら、実際に足を運んでみて、駅からマンションまでの時間を計ってみるのが良いと思います。

道のりも確認できますし、マンション周辺の雰囲気や治安などを確認するのにも有効です。



-賃貸

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.