賃貸

賃貸を借りる費用は家賃だけじゃない!諸費用もかかることを忘れずに

更新日:

賃貸を借りるには初期費用が掛かる

初めて賃貸を借りる人の中には、家賃を支払えば入居できると思っている人もいるでしょう。しかし家賃以外にも諸費用が必要なことを忘れないようにして下さい。まずよく聞くのは、敷金・礼金です。

敷金とはもし家賃を滞納したとか、退去するときに部屋の修理が必要な時のための保証金のようなものです。また礼金とは、部屋を貸してくれた大家さんに対して謝礼の意味で払うお金のことです。いずれもだいたい家賃の1~2か月程度かかります。

その他には、仲介手数料があります。通常不動産会社に間に入ってもらって、賃貸契約を交わすはずです。そこで不動産会社に対して、手数料を支払う必要があります。一般的には家賃の1か月分ですが、一部不動産会社の中には家主と折半としている所も見受けられます。

賃貸住宅に入居する際には、いざというときのために火災保険に入ることを義務付けている物件が大半です。そこで火災保険料も負担しなければなりません。火災保険料は物件により費用はまちまちですが、契約期間・多くは2年契約でその一括費用を最初に支払います。

このように入居するにあたって、諸費用がいろいろと発生する点も引っ越す前に確認しておきましょう。だいたい目安と言われているのが、家賃の半年分が初期費用としてかかるというものです。

更新料のかかることも頭に入れておこう

賃貸物件を借りるにあたって、契約を交わしますが有限の契約となります。一般的な賃貸物件の場合、契約期間は2年間となっています。もしこの契約が満期になって、引き続きその物件で暮らしたいというのであれば、契約を更新すればさらに2年間住み続けることが可能です。

延長はお互いが希望すれば何度でもできる契約が基本なので、ずっと同じ所に住み続けることも可能です。ところで契約を更新するにあたって、更新料を借主は負担しなければなりません。更新料ですが物件によってまちまちですが、相場は家賃の1~2か月分になると思いましょう。

更新の手続きですが、契約してから2年が経過しようとしたところで、「契約を更新しますか?もしくは部屋を解約しますか?」という連絡が入ります。

もし住み続けたいというのであれば、契約更新の手続きを行って、その時に更新料を支払います。契約を更新しない場合には、更新料を負担する必要はなく、契約満了になるまでに部屋を明け渡さないといけません。

更新にも手数料がかかる?

契約更新をする場合、更新料を負担しなければなりません。それにプラスして、更新手数料とか更新事務手数料といった費用も追加で必要になるケースもあります。契約更新をするにあたって、大家さんに更新料を支払います。

ただし更新手続きをする時に大家さんと借主だけでなく、その間に不動産会社が仲介することもあります。その更新手続きに対する手数料を不動産会社に支払わないといけないかもしれません。

更新手数料ですが、1万円から数万円程度が相場になると思っておきましょう。例えば家賃5万円のところに住んでいて更新する場合、更新手数料が家賃1か月・更新手数料が1万円となると、6万円の出費を強いられます。

決して安い費用ではないので、更新する際の費用に関しても事前にしっかり確認しておきましょう。ちなみに首都圏の物件だと、更新料を大家さんに支払った時にその一部を不動産会社に手数料として渡しているケースが多いです。このため、更新手数料を別途に支払う物件はあまり多くありません。



-賃貸

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.