賃貸

インターネットに紹介されている物件・客引き物件の可能性も!

更新日:

客引き物件があることに注意

賃貸の情報はインターネットや情報誌などで掲載されています。ところでこのような賃貸情報の中には、客引き物件・おとり物件と呼ばれるものもあるので注意しましょう。

客引き物件とは、すでに入居者がいるけれども空き物件かのように掲載しているとか、本来の条件よりも家賃や敷金・礼金を安くしているなどお客さんにとって魅力的な物件であるかのように見せたものです。悪質なものになると、実在していない物件をでっちあげるケースもあるといいます。

客引き物件を見て良いなと思って連絡を入れます。すると「ちょうどさっき決まったところです」のような言い訳をします。そして「ほかにもいい物件がありますよ」などと言って、不動産屋に客を引きつけるわけです。

客引き物件は見分けられる?

客引き物件ですが、冷静にじっくりその情報を見れば、素人でも見分けることが可能です。そのためには、以下のポイントをしっかり押さえましょう。

好条件すぎる

都会の一等地で破格の家賃で出ている、しかも資金も礼金もゼロの物件と言われると一見魅力的に感じるかもしれません。しかし賃貸の家賃は相場から大きく外れることはまずないです。もしも都会の一等地で相場よりもかなり安い物件があれば、おとり広告の可能性が高いですし、実在した場合でもいわゆる訳あり物件である可能性が高いです。

不動産のポータルサイトを見ると、各エリアの家賃の相場が掲載されています。その相場よりもかなりの低価格で提供されている賃貸があれば、おとり広告の可能性が高いと思った方が良いです。

取引様態のチェック

不動産物件を掲載するときに、取引様態と言ってその物件の持ち主と不動産屋の関係性について表示しています。これは宅建業法の中で表示が義務付けられています。取引様態ですが、

  • 代理
  • 仲介元付
  • 仲介先物

などの表示が見られます。この中でも、仲介先物と書かれていて魅力的な物件があれば、客引き物件である可能性が極めて高いです。

仲介先物とは大家さんから直接物件のお願いされている仲介元付の不動産屋から広告を許可されて、物件の情報提供を行っている状態です。間接的な立場なので物件に関する責任も軽い、よっておとり広告として出しやすいのです。

詳細な情報が掲載されているか?

通常物を販売するにあたって、お客さんに信用してもらうために詳しい商品情報を提供するはずです。たとえば賃貸物件を紹介するときには、住所は番地まで事細かに記載します。

ところが賃貸の間取り図を見てみると、住所が丁目などで終わってしまっている、マンションやアパートの場合建物の名称が記載されていない物件が時たま出ています。詳しい情報が掲載されていない物件は、おとり物件の可能性が高いと思って良いでしょう。

不動産会社に問い合わせてみる

もしおとり広告かどうか判断に迷うような物件があれば、電話をかけて内見可能か聞いてみましょう。この時「現地待ち合わせで内見できるか?」と聞いてみることです。

この時一部不動産屋で「直接来店してもらわないと教えられない」「まずは来店なさってください」と言って答えをはぐらかすときがあります。そもそも不動産屋は賃貸の場合、契約成立して仲介手数料をもらわないと利益になりません。

もし自分の提供している物件に興味を持ってくれれば、電話だけでも喜んで情報提供するはずです。それを教えようとしないということは、内見できない状態にあると疑われても仕方がないわけです。



-賃貸

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.