リフォーム

カラー・デザイン・質感…部門別人気の壁紙を紹介

更新日:

人気のカラーの壁紙はどれ?

壁紙を張り替えるにあたって、どのようなカラーの壁紙を使用するか迷っている人もいるでしょう。人気の壁紙をカラー別でみると、ホワイト系のものが人気のトップの常連です。

ホワイトのいいところは、どのような部屋で使ってもしっくりなじむところです。またどのようなインテリアと組み合わせても、決して違和感がなく使い勝手のいいカラーといえます。もしホワイトだけの壁紙だと、味気ない・寂しいというのであれば、ワンポイントで何かデザインの入ったものをチョイスするといいでしょう。

ホワイトの壁紙を使用する場合注意しなければならないのは、汚れです。汚れが付着するとほかの壁紙よりも目立ってしまいます。ですからこまめに掃除するように心がけたほうがいいでしょう。

ブルー系の壁紙も人気です。クールな印象の部屋にした人の間で人気です。ブルーは人の心を落ち着けさせてくれる効果があります。リビングや寝室など、リラックスしたい空間で使うのもいいでしょう。

ブルーだと少し派手な印象を抱く人もいるでしょう。しかしトーンを控えめにすれば、それほど自己主張の強くない壁紙にまとめることも可能です。

イエロー系の壁紙も人気が高いです。温かい印象にしたい、元気なイメージの部屋にしたいと思っている人の間で人気です。イエローも控えめのトーンにすれば、派手で落ち着きのない空間にもなりません。

デザインで壁紙を選ぶなら?

壁紙のカタログやサンプルを見てみると、いまではいろいろなデザインの壁紙の販売されていることがわかります。その中でも人気の壁紙がいくつかありますので、ピックアップしていきます。

北欧家具のお店が日本に進出してきたことも影響して、北欧スタイルのインテリアコーデも人気です。北欧スタイルの特徴は、木のぬくもりをメインコンセプトにしたコーディネートです。

北欧スタイルの部屋にしたければ、木目調の模様の壁紙を使用してみるといいでしょう。森の中にたたずんでいるような印象で、リラックスできるはずです。

グリーンベースのミッドセンチュリー柄も、人気の高い壁紙のデザインです。このような壁紙を使うことで、レトロモダンな雰囲気の部屋にできます。どことなく昔懐かしい感じがあって、子供時代に戻ったかのような空間を作り出せます。

女性の間で人気の壁紙として、ダマスクス柄の壁紙があります。ピンク系のカラーをあしらったものを活用すれば、ガーリー度はますますアップします。ほかのインテリアとコーデすることで、ラグジュアリーな雰囲気になります。お嬢様の住んでいるような部屋にしたければ、このデザインはおすすめです。

ユニークな壁紙として人気を集めているのは、黒板壁紙です。文字通り黒板のような壁紙で、デザインだけでなく実際にチョークを使って書き込むこともできます。子供のいる家庭の場合、壁紙に子供が落書きしてしまって困るという人もいるでしょう。壁紙そのものを黒板にしてしまえば、自由に落書きさせることも可能です。

若い一人暮らしの壁紙でも黒板壁紙は人気です。英語などを表記することで、カフェのようなリビングに仕上げることも可能です。カフェインテリアも若い人の間で高い人気があります。

素材別でみる人気の壁紙

壁紙を素材別でみていくと、いくつかの種類があります。その中でも最も高い人気を誇るのが、ビニールクロスです。日本の家屋の中で、9割以上をビニールクロスが占めているといわれているほどです。

ビニールクロスが人気の理由は、ほかの素材と比較してリーズナブルな価格で導入できるところです。安い割には品質がしっかりしていますし、耐久性も高くメンテナンスもしやすいです。

また多くの家庭で利用しているので、ビニールクロスのバリエーションは豊富です。色やデザインの選択肢が多いので、自分のイメージにぴったりのものが見つかるはずです。エンボス加工であれば表面に凹凸があり立体感を出せますし、発泡加工のものもあります。シンプルにプリント加工したものもありますので、質感などにこだわることも可能です。

ビニールクロスのシェアが高いですが、そのほかの素材についても徐々に注目を集めています。例えば紙クロスは、エコにこだわりたいという人の間で注目を集めています。和紙やケナフを原料にしたものです。

紙クロスのいいところは、音を吸収して、通気性に優れている点です。もし今後壁紙の張り替えをする場合でも、紙ですからそのまま自然に還ることも可能です。その意味でも環境に配慮した壁紙として人気を集めています。

ホテルや美術館などのパブリックスペースの壁を見ると、立体感があって、やさしい質感の壁紙を使っていることが多いです。このような場所では、織物クロスの使われていることが多いです。レーヨンや絹、麻などを使って製造されたクロスです。

ビニールクロスと比較すると、高級感や重厚感が高まります。自宅の壁紙としても導入することは可能です。織物クロスの場合注意しないといけないのは、ホコリを吸着しやすい点です。ですからこまめに掃除などのメンテナンスをする必要があります。



-リフォーム

Copyright© イエマニア , 2018 All Rights Reserved.