不動産投資

不動産投資で融資を受けるためのポイントとは?受けられる金融機関も知っておこう!

更新日:

一般的なサラリーマンが不動産融資を行おうと考える場合、自分の年収であればどれぐらいの融資を受けられるのか、またどの金融機関なら融資をしてくれるのかなどを大まかに把握しておくことはとても重要なことです。

手元に十分な現金があれば別ですが、通常は足りない資金を融資に頼る状況が多いはず。

苦労して自分の基準に見合った物件を見つけたとしても、融資してくれる金融機関がないのであれば話になりません。

さらに、仮に金融機関を見つけることができたとしても、その人個人の属性やその時の金融機関の状況によって融資判断が左右されるものだということも理解しておかなければいけないポイントだと言えます。

年収別に見る融資可能な金融機関


まず最も融資が難しいことが予想される年収500万円以下の場合。
この年収層に該当する場合は、日本政策金融公庫を中心に融資戦略を組み立てることが基本となります。

また、他の金融機関についても借り入れが相談できそうなところがあれば、利用できるところは利用するという心構えが必要です。

次に、年収500万円以上700万円以下の人の場合。

融資戦略としては、融資可能エリアも比較的に広いオリックス銀行を利用することをまず検討するのが良いでしょう。

年収が700万円あれば、購入できる物件の数は一気に増えます。

最後に、年収700万円以上の場合。年収が700万円を超えてくると、使用できる金融機関の数はかなり増えてきます。融資が通る確率も上がってくるでしょう。
みずほ銀行など都市銀行も十分検討可能になります。

年収が低くても融資を受けやすくするための心構え

年収が高いことは、もちろん不動産投資をする上で有利に働きますが、年収が500万円以下であっても、融資を取れるやり方は皆無ではありません。

金融機関は融資を希望する個人の人物像を見て融資判断する傾向が強く、またタイミングや銀行員の力量によっても結果は変わってきます。

不動産投資をしている人の中には、年収500万円以下の低属性・派遣社員・日本国籍を有していない、という状態で融資を受けて不動産投資を始めている人も存在します。

このような人は、例外的な措置を自身の行動力・交渉力により金融機関から勝ち取っているのです。

年収が高くなると物件の良し悪しに関係なく一定額の融資が出てしまいますので、不動産会社にすすめられるままに物件を買ってしまう場合もあります。

むしろ、しっかりと勉強している年収500万円以下の人のほうが、よく検討された良い物件を買っている割合が高いくらいです。

例え自分の年収が低いとしても、不動産投資そのものはもちろん融資に関しても、諦めなければ道が開ける可能性があるのではないでしょうか。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.