不動産投資

不動産投資で莫大な借金!失敗に対する補填は自己破産での対策が最善策!?

更新日:

不動産投資のブームにより、一般的なサラリーマンでもアパートやマンションなどの不動産投資を行う人が増えてきています。

ただ、不動産投資は投資金額が高額なため多大なリスクを負うことになり、中には莫大な借金を背負ってしまうことも少なくありません。

借金の金額が大きすぎると、自己破産といった最悪の事態も発生する例もあります。サラリーマンのような一般的な人が莫大な借金を背負ってしまった場合、必ず自己破産をしなければいけないのでしょうか?

自己破産や他の方法も併せて、不動産投資の失敗による莫大な借金についての対策を考えてみましょう。

大手企業のサラリーマンや公務員は自己破産を簡単にできない!?

不動産投資に失敗して数千万円レベルの借金を背負うようなことになった場合、返済が難しいときは自己破産をすることになってしまう可能性も十分に考えられます。

ただし、大手企業のサラリーマンや公務員の場合、ある程度収入が多いと判断されるので、自己破産をした時点で自身の資産を全て手放す必要が生じてしまうことになってしまいます。簡単に自己破産ができない状況なのです。

また、自身が勤める勤務先に自己破産をしたことが知られてしまう恐れもあり、地道に長い年月をかけて借金返済を続けていく、という道を選択せざるを得ない場合もあります。

融資する銀行側も、大手企業のサラリーマンや公務員は簡単に自己破産しないと認識しているので、融資先としてはメリットが大きいということになります。

不動産投資の失敗後、借金が支払えない場合の対処法

不動産投資の失敗により発生した借金を、自己破産で処理するような事態にしないためには、いくつかの行動を実行する必要があります。

まず、任意売却という救済措置を利用し、物件が差し押さえで競売にかけられてしまうのを防ぎます。競売による不動産売却は、市場よりもかなり安く買い叩かれてしまうからです。

任意売却後もまだ多額の借金が残るようであれば、債務整理を行うことになります。債務整理の方法は資産の状況によりさまざまですので、債務整理の専門家に一番有利な方法を検討してもらうのが効率的です。

資産がなく自己破産をしたほうが良い人もいれば、大事な資産を多数持っているため自己破産が不利になる人など個別の対処法がそれぞれの場合で異なります。

まとめ

不動産投資ビジネスが流行しているということは、それだけライバルが多いということを意味します。

また、有利な不動産投資の情報が一般的な投資初心者のサラリーマンに繋がるような例はほとんど無いと考えておいたほうが無難です。情報を流す側にとっても儲け話は、お金を持たない一般人ではなく、裕福な資産家や成功している投資家に優先して活用してほしいもの。

そのような既存の考え方を十分に考慮したうえで、どのような形で不動産投資に参入するかを検討すべきでしょう。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.