不動産投資

不動産投資を行う場合、知識不足と誤解による認識は致命的な失敗となる恐れあり!

更新日:

一般人の人でも経済的な自由を手に入れることが可能な手段として、近年、不動産投資に対する熱が高まっている傾向が見られます。

中には、時流に乗ることで不動産投資に成功した人による成功体験がクローズアップされることも多々あり、不動産投資に関する情報が一気に広がりました。

そのため、知識やノウハウさえあれば一般的なサラリーマンでも不動産投資に成功することができるという風潮が生まれる一方、同時に多くの問題点も業界全体で注目される事態になっています。

誰にでも起こりうる投資の失敗について、その原因を知識不足や誤解という観点から見ていくことにしましょう。

不動産投資に対する誤解を多く生み出している成功ノウハウ本の実態

1つの問題としてあげられるのが、多くの一般投資家が誤解した状態で不動産投資を行っている点です。原因として考えられるのが、近年多く見られる不動産投資のノウハウ本やネット上のノウハウ情報の存在

そのノウハウ本や情報を読んだ人たちが、多額の利益を手に入れてお金持ちになることを期待し、次々と不動産を購入していきます。

しかしそのノウハウ本や情報は、極端に個人的なテクニックで構成されているノウハウ・すでに再現性が乏しくなっているノウハウなど、情報に偏りがある場合が多く見受けられるのです。

今後、正しい投資方針を組み立てていくためにも、あまり偏りすぎた情報を鵜呑みにして誤解したままにならないよう気をつけなければいけません。

知識不足から生じる投資への見切り発車が招く危険性

もう1つ問題点をあげるとすれば、早く儲けようとして行ってしまう投資の見切り発車です。成功者への憧れから、十分に勉強と下調べを行わずに物件を購入したりしています。

しっかり事前調査や分析を行わずに、銀行が融資に応じない・空室が埋まらない・修繕費やリフォーム代が高くかかるなど、問題だらけの物件を購入。後になって後悔してしまうというパターンです。

不動産投資は早く始めることで利益も多く出る、というような理論を信じ、明確なエビデンスも得ることなく見切り発車してしまったという流れが1つと、練習にためにまずは1棟買ってみた、という流れがほとんどのようです。

まとめ

このように、知識不足や誤解から起こる不動産投資の問題は、今後もさらに多くなっていくことが懸念されます

金額が高額なため、被る被害も尋常なものではありません。人生に重大な損失を残さないためにも不動産投資を行う際は、十分な勉強と調査・分析と専門家への相談などを徹底することが必須だと言えるのではないでしょうか。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.