不動産投資

年収と自己資金、どの程度の目安で不動産投資を始めることが理想なのか?

更新日:

不動産投資を始めたいと考えたとき、自身の年収や自己資金の額がどのくらいあれば始めることができるのかということを疑問に思っている人は少なくないかもしれません。

年収が一般的な基準に比べあまりにも低いと、融資の申請などを行うときにネックになることがあります。自己資金についても、ある程度の準備がないと突発的な経費などの出費に耐えられなくなる可能性があるかもしれないのです。

銀行などがどのような条件ならどのくらい融資してくれるのか、自己資金はどの程度あれば不動産投資を安全に行うことができるのか、資金繰りについての知識は何より優先してチェックしておいたほうが良いと言えます。

銀行の融資は属性が高い人に対しては緩めの傾向

最近の傾向として、属性、すなわち年収が高い人に銀行は多く融資する場合が多いです。目安としては、年収1000万円以上で8割・700万円以上で5割・500万円以上で3割程度の金融機関が融資に応じてくれる可能性があります。

金額に関しても年収1000万円以上であれば、年収の10倍以上融資する場合がありますが、逆に500万円に満たない場合はかなり厳しい判断を下しているようです。

ただし、年収が高いほうが不動産投資に必ず向いているのかというとそうでもありません。年収が高い人は融資額も多く、不動産の選択肢が多くなるがゆえリスクの高い物件を購入してしまうことがあるのです。

逆に年収が少ない人は資金も少ないので、限られた条件のもと、自身で情報収集・分析を緻密に行う傾向にあり、良い物件をピンポイントで探し出す例もあります。

年収と自己資金が少ない場合の投資法

年収が低い場合でも、日本政策金融公庫などの政府系金融機関は、条件次第で利用できる可能性もあります。他の金融機関でも、とりあえず相談してみることは可能です。

ただし、自己資金に関しては、たとえ1000万円程度の小さな物件を購入する場合でも、300万円程度は準備しておくことが望ましいと言われています。

年収が低くても、活路を見出しアパート経営などを始めることはできるかもしれませんが、自己資金がほとんど無いような状態で不動産経営が成功したという例は少ないのです。

投資は資金を再投資に回すことで少しずつ投資規模を拡張していくものですので、突発的に発生する出費にはできるだけ自己資金で対応したほうがいいでしょう。

まとめ

不動産投資は特に高額な融資や出費を伴う投資案件だと言えます。軽い気持ちで数万円から開始できる投資ではありません。

どうしても不動産投資を行いたいと考えるのであれば、不動産投資を行うために必要な最低限の目安となる自己資金程度は貯めておく必要があるでしょう。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.