不動産投資

投資用マンションへの電話勧誘 礼儀がありかつ効き目のある断り方5選

更新日:

不動産業者から「投資用のマンションを買いませんか」との電話勧誘が掛かってきたことがありますか?

お昼寝を起こされたり、忙しいときに貴重な時間を取られたりしたかもしれません。しかも何度も電話が掛かってくるのです。

どうすれば彼らの電話を止めさせることができるのでしょうか?不動産業者の心情に立てばいとも簡単に、彼らの電話勧誘を止める方法が分かります。
勧誘電話を止めさせる効果のある方法を5つ紹介していきましょう。
 

なぜ勧誘電話をしてくるのか理解する

こちらとしては電話勧誘は迷惑以外の何ものでもないですが、不動産業者は別に嫌がらせで電話しているのではありません。

業者は「資産活用に興味がある方に、マンション投資という方法をご紹介したい」と思っているのです。

業者の目的はマンションを購入してもらって販売利益を得たり、他の人のマンションを買ってもらって仲介手数料を得ることなのですが、買ってもらうお客さんにも、資産価値が上がる可能性のあるマンションを購入することによって得をしてほしいと思っているのです。

もちろん業者も、資産活用したい人、マンションを買いたい人はとっても少ないことを知っていますが、何か行動を起こさないとそのような人にも出会えないので、電話という手段でコンタクトを取ってきているわけです。

ではこれらの事情を踏まえ、断り方を見ていきましょう。
 

ハッキリ拒否する

私たちは誰かから電話が掛かってきたら、まず目的を聞いて対応すると子どものときから教わっています。これは勧誘の電話も例外ではありません。

業者から電話が掛かってきたときに、何の目的で電話してきたのか聞くのは人として間違っていないのです。

すが礼儀もなくすぐに電話を切る人が多いなかで、断られても、説明だけは聞いてくれたお客さんは、業者からすると「多少脈あり」と感じることがあります。

そのため何度も電話をかけてくるというわけです。ですから趣旨を理解したのであればは「お電話の主旨は分かりました。ですが全く、本当に全く興味がないんです」とハッキリ断るといいでしょう。
たいていの業者は良識のある業者です。ハッキリ断ったお客さんには電話しません。
 

断る具体的な理由を挙げる

ではもう一度熱心な不動産会社の営業マンの立場に立って考えて見ましょう。あるお客さんが「興味がない」という理由で断りました。

どう考えるでしょうか?「もしかしたらこのお客さんはまだ不動産投資による資産活用の可能性を知らないのかもしれない」と考えます。

よって「興味がないんです」と断っても「投資用マンションを購入することにはこんなメリットが…」と説明してくるかもしれません。
このときは、断る具体的な理由をあげる必要があります。「親の介護が大変で、金銭的にも時間的にも全く余裕がないんです。マンション投資なんてとても考えられる状況ではありません」熱心な営業マンも人ですから、家庭の事情を伝えてもらったうえで、拒否されるなら「これ以上電話をしては失礼だ」と感じます。
 

法律に触れて断る

ですが不動産業者の中には、近くにいる上司の手前一応話はできるお客さんに何度も電話をしようという場合もあります。

何度かハッキリ断ってもまだ電話をかけてくるという場合には、法律に触れましょう。
宅地建物取引業法施行規則16条の12第1号には「相手方が契約を締結しない旨の意思(または勧誘を引き続き受けることを希望しない旨の意思)を表示したのに、勧誘を継続する行為」を禁じています。
しつこい電話には「宅地建物取引業法施行規則16条の12第1号には…」と法律をあげて断るなら、警察の反応を恐れて勧誘電話が止まります。
 

静かに電話を置く

これは意外と効果がある方法です。また同じ業者からの電話だと分かったなら、何の反応もせずに電話を切りましょう。

何も言わないのは時として「迷惑です」と言うよりも効果があります。

業者はこちらが何か言わない限り反応できないからです。
こちらが何も言わないで電話を切ると、いわゆる手も足も出さない状態なので、電話代だけがかかることになり、3度ほど静かに電話を切ると勧誘電話は終わります。
 

着信拒否する

電話の着信拒否機能を使って物理的に電話をかからないようにすることもできます
。しかし勧誘をしてくる会社は一社ではありませんから、全ての業者を着信拒否するのも難しいでしょう。
 

結論

勧誘電話はオレオレ詐欺とは違います。

人を騙そうと思って電話をしているのではありません。
投資という資産活用の機会を熱心に差し伸べているのです。ろくに話も聞かず容赦なく電話を切ることもできますが、相手は再び電話をかけてくるでしょう。

むしろ、相手の意図を簡単に理解したうえで、上記のように理由を述べてハッキリ拒否するほうが効果が高いようです。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.