不動産投資

マンションを借りればすぐにでも始められる!あなたも手軽なレンタル会議室を運営してみませんか?

更新日:

不動産で安定した資産運営を行いたいと思っている方は多いと思います。

しかし、アパマン投資となると、少なくとも3,000万円は資金が必要です。
ほかにも、ランニングコストやメンテナンスなどに大きな費用がかかるので、なかなか手を出すことができない人も多いのではないでしょうか。

そこで今、サラリーマンでも簡単にできるサイドビジネスとして注目を集めているのが、レンタル会議室です。

ここでは、その詳しい内容や方法について見ていきましょう。

さまざまな利用方法で人気のあるレンタル会議室

レンタル会議室というのは、ワンルームマンションなどの部屋を利用して、1時間500~1500円くらいの料金でスペースを貸し出すサービスです。

利用方法には、企業の研修会や説明会、懇親会、また個人でもパーティー会場やアトリエ、フリーマーケットなど、さまざまな用途が考えられます。

サービス自体は最近になってできたわけではなく、都内のオフィス街などでは、昔から多く利用されていました。

近年では、起業するさいの住所登録のために利用する人も増えています。

運営するには、マンションを借りて、ある程度の設備を用意すればよいだけなので、初期費用もほとんどかかりません。撤退する場合にも、賃貸契約を解除するだけです。

アパマン投資のように、初期費用に数千万円もかかったり、撤退するには売却先を見つけなければいけないという大変さを考えると、とても気軽に始めることができるのも大きな特長です。

このようなサービスは企業も運営していますが、その場合はだいたい1時間で数千円ほどの料金となっているので、価格設定で住み分けをすることは十分に可能です。

マンションとわずかな設備があればすぐに始められる

レンタル会議室を運営するには、まずマンションやオフィスを賃貸契約するところから始めます。

そこへ、机や椅子、スピーカーやマイク、そしてホワイトボード、スクリーン、プロジェクター、インターネット回線などの設備を用意しておけば、すぐにでもサービスを開始することができます。

それほど大きな機器などは必要ないので、敷金礼金などを合わせても、数十万円程度で済むと思います。

ランニングコストは、家賃とネット回線の費用、それに光熱費くらいでしょう。

これを踏まえて考えると、月にだいたい20万円ほどの売上があれば、十分に利益を出していくことはできます。
20万円というと多く感じるかもしれませんが、稼働率でいえば5割くらいでよいので、それほど大変ではないということが分かっていただけると思います。

つねに満室にしておく必要がないというのは、初心者にとってもかなり気が楽でしょう。

ほかにも、敷金ゼロの物件で契約したり、備品をレンタルで用意しておけば、さらにコストを抑えることもできます。

レンタル会議室は無人で運営するのも簡単

このようにほとんどコストをかけずに始められるレンタル会議室ビジネスですが、運営はどのように行えばよいのでしょうか。

たとえば、サラリーマンなどは本業が忙しくて、平日は電話受付などで対応することもできないでしょう。

そこで便利なのが、貸し会議室サイトです。

このようなサイトに物件を登録しておけば、売り上げの15~25%程度を手数料として支払うだけで、あとは予約受付や入金確認など、すべての手続きをまかせておくことができるようになります。

鍵はキーボックスに入れて管理してもよいのですが、安全面が気になるという方には、スマートフォンを利用したスマートロックがおすすめです。

これは、スマートフォンをかざすだけで鍵の開閉ができるというシステムで、機器も簡単に取り付けや取り外しができます。もちろん、鍵として利用できる期間も自由に設定しておくことができるので、最初にメールを送るだけで、あとは無人のまま安全に運用することができるようになるわけです。

リピーターを大事にするのが成功のポイント

このように、資金や手間をかけずに簡単に始められるのが、レンタル会議室の大きな魅力です。ただし、ある程度サービスが定着して利益が出るようになるまでは、少なくとも1~3年くらいのスパンで見ておくことも必要です。

基本的にはリピート率の高いサービスなので、一度利用してもらったお客さんに満足してもらうことが重要です。
特に、セミナーを開催するお客さんは利用頻度も高いので、大切にしましょう。

また、多少価格設定を高くしても、立地さえよければ十分に回転させることができるので、最初の物件探しをしっかり行っておくのも大切なポイントです。

一度軌道にさえ乗ってしまえば、これほど手軽に利益を出せるサイドビジネスもなかなかありません。特に、資金や時間を作るひまのないサラリーマンの方は、ぜひ検討してみてください。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.