不動産投資

コインパーキング投資は小さな土地でも問題なし?回転率を高めればかならず利益を出せる!

更新日:

今、不動産投資で注目されているのが、コインパーキング投資です。

不動産というと、どうしてもアパマン投資のイメージが強いと思いますが、最近では地価の上昇などもあって、なかなかよい物件は見つけられません。そこで改めて注目されているのが、コインパーキングなのです。

コインパーキングというと、土地を持っていなければ運営できない、と考えている方も多いと思います。しかし、じつは土地を持たない個人でも、意外と簡単に運営できてしまうのも大きな魅力のひとつなのです。

では、ここでその内容について詳しく見ていきましょう。

コインパーキングは誰でも簡単に運営できる

コインパーキングは、時間ごとに料金を取って、駐車用のスペースを貸し出すサービスです。

その種類には、土地をラインで区切っただけの平置き式や、スロープで移動して各階に停める自走式、そして機械操作で立体的に収納する機械式、などがあります。

駐車場というと、どうしても広大なスペースが必要というイメージがあるかもしれません。しかし、実際には需要さえあれば、平置き式で一台分のスペースだけでも、十分に月20万円という売上を出すこともできるのです。

また、土地を業者から借りて、設備投資から代金回収など、すべてをまかせて運営するという方法もあります。

現在、コインパーキングのシェアは全体の4割を大手5社が占めていますが、それ以外は中小企業や、このような個人経営によって担われているのです。

更地のままでもすぐに始められる

コインパーキング投資のメリットは、あまりコストがかからない点です。

必要となるのは、無人化のための精算機やフラップ板によるロックシステムなどの機器くらいです。
機器自体も、最近は低価格化が進んでいて、精算機なら100万円くらい、フラップ板なら1台20万円くらいで購入できます。
ですから、収容台数5台としても、300万円もあれば十分に始めることができるわけです。

ランニングコストも、建物がないのでほとんど必要なく、火災保険に加入する必要もありません。うまく経営すれば利回りは20%以上にもなるので、初期投資だけでも数千万円かかるアパマン投資とくらべれば、かなりお手軽な投資といえるでしょう。

管理自体もあまり手間がかからず、運営会社にすべてをまかせておけば、することはほぼ何もありません。

また、アパマン投資では空き室が大きなリスクとなりますが、コインパーキングにはその心配もありません。
運営から撤退するにしても、そのまま更地として売ったり、あるいは建物の敷地として利用したり、柔軟性が高いのも大きなメリットです。
機器類は、そのまま別の場所に移動して、新しくコインパーキングを運営することも可能です。

三角や台形などのように、整った形の土地でなくてもかまわないので、余っていた土地を有効活用できるのも大きなポイントです。

利益を出すポイントは「立地」と「価格」

このように、サイドビジネスとしてとても魅力的なコインパーキングですが、一方で競争の激化や自動車販売台数の減少などもあり、ただ投資すればそれだけで儲かる、というものではないことも事実です。

もっとも重要な条件は、やはり立地です。地方ではすでに供給過剰になっているので、都市部でなければあまり利益を見込むことはできません。

とにかく、収容台数自体は少なくても、回転率さえよければ利益率は高くなっていくので、より人が集まる土地を探すことがポイントです。

もちろん、駅前や商店街がもっともよい条件であることは間違いありませんが、地価が高すぎては利益率も上がりません。
そこで、病院や大学のように、それ以外に多く自動車が訪れる場所を探してみましょう。

ほかに駐車場が見当たらなければ、さらに好条件です。

次に、価格設定も重要な条件のひとつです。自分で運営を行う場合には自由に設定することができるので、近くの駐車場なども参考にして、よりよい価格設定を決めていくようにしましょう。
少し安くするだけでも、一気に利益がアップするということもあります。

また、自動販売機を設置すると売上が出やすいので、おすすめです。

最初のうちはコインパーキングの宣伝も重要

このように、魅力的なコインパーキング投資ですが、順調に回るようになるまでには、多少時間がかかるという点もあります。それまでには、ビラ配りをしたり、根気よく集客をしていくことも大切です。

また、必要経費が少なく、更地なので固定資産税が高くなるなど、税制上でもあまり有利な点はありません。

ただ、これらのデメリットを踏まえたうえでも、一度利用率さえ高くなれば、安定して収入を得ていくことができるようになるので、とてもおすすめの投資であることに変わりはありません。

興味のある方は、ぜひ検討してみてください。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.