不動産投資

設置するだけで利益が入る自動販売機投資!商品の取り揃えでさらなる利益アップも狙える!

更新日:

自動販売機を利用したことのない人は、ほとんどいないといってよいでしょう。

現在、日本には飲料水の自販機だけでおよそ250万台設置されていて、その総売上はじつに2兆円以上にも上るといわれています。

このように、まだまだ高い需要を見込める自動販売機ビジネスですが、じつは土地を持っていなくても誰でも運営することができることをご存知でしたか?

特に、サラリーマンのサイドビジネスとしては、手間もお金もかけることなく利益を出せるので、とてもおすすめの投資といえるのです。

自販機投資も時代とともに大きく変わっている

かつての自動販売機投資は、飲料メーカーの自販機を自分の土地に設置して、売上の数%を受け取る、というものがほとんどでした。
しかし、電気代などのコストを考えると、あまり利益が出ないことも多かったようです。

しかし、現在では自動販売機の設置を斡旋するベンダー業者も増えているので、誰でも手軽に土地を借りて、自動販売機を購入することができるようになっています。

あとは、運営をすべて業者にまかせれば、売上に対して20%前後のマージンを受け取ることができます。特に条件の良い設置場所になると、10万円前後の設置協賛金を受け取ることができるケースもあります。この場合、コストは電気代のみとなります。

一方、運営を自分で行う場合には、商品の仕入れはおもにベンダー業者やメーカーから直接購入することになります。
しかし、ディスカウントショップでは数十円程度のジュースが売られていることも珍しくないので、それを利用すればさらに高い利益率を狙うこともできます。

飲料以外にもおでん缶など独自の商品を揃えて、価格も自由に設定できるのが大きなポイントです。

自動販売機投資では具体的にどれくらいの利益が得られるのか?

自動販売機の1台あたりの売上は、全国平均でだいたい1ヶ月で700~1000本といわれています。

メーカーの自動販売機を設置するだけの場合、利益率は15~20%くらいなので、800本売れるとすると、利益は1ヶ月で16,000円です。
これに設置協賛金をプラスすると、1ヶ月に2万円ほどの利益があると考えてよいでしょう。

これに対し、自分で自販機を購入し、商品も仕入れる場合には、利益率を50%以上にすることも可能です。

たとえば、1本あたりの利益を50円として、1ヶ月に800本の売上があるとすると、利益は4万円となります。

自動販売機の購入金額は40万円とすると、1年あれば回収することができるので、あとは安定して4万円程度の利益が入ってくることになります。
商品の仕入れ以外は、ほとんど放置しておけばよいだけなので、ビジネスとしてはかなり効率がよいといえるでしょう。

一方、コストとして考えなければいけないのが、電気代です。

こちらは季節によっても異なりますが、1年間で平均すると、だいたい2,000円前後になります。利益率が20%としても、月に100本売れればマイナスにはならない計算です。

また、自動販売機の耐用年数は5年間なので、40万円の自販機を購入した場合、減価償却は1ヶ月でだいたい6,666円となります。

このように、自動販売機投資のコストは、利益にくらべてほぼ気にしなくてよいレベルだといえるでしょう。

自動販売機投資は売上を増やすことが第一

ただし、いくら自動販売機投資の効率がよいといっても、利用者が少なければ話になりません。

商品を自分で仕入れる場合には、当然のことながら、かならず売れ筋のものを揃えておくことが条件です。

飲料水の売上は、半分近くが缶コーヒといわれているので、できるだけ多くの種類を用意しておきましょう。ほかにも、炭酸飲料やお茶などの需要が高くなっています。

また、季節の移り変わりでホットとコールドを切り替えるタイミングも重要です。

自動販売機の設置場所ももちろん、大きなポイントです。

基本的に人通りの多い場所、学校やオフィス街、さらにスポーツ施設など需要の高そうな土地を選ぶとよいでしょう。

また近くにコンビニがない住宅地も狙い目です。あえて大手メーカーの自販機の近くで、価格を下げるという戦略も有効です。

置いておくだけでさまざまなメリットが得られる

このように、自動販売機投資は最低でも仕入れさえ行えば、あとはほとんど放置しておいても利益を上げられるのが大きな魅力です。

特に、初期費用もわずかで済むので、うまくいった場合はさらに台数を増やしていくことも簡単です。

ほかにも、防犯効果や災害対策など、設置するだけでさまざまなメリットも考えられます。

自宅やアパートに空いているスペースがある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

興味のある方は、まずメーカーや業者に連絡してみましょう。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.