不動産投資

サラリーマンにおすすめのサイドビジネスとは?需要の高まる物置投資で副収入を蓄えよう!

更新日:

資産運用を考えてはいるものの、株投資や不動産投資にはなかなか手を出せない、という人も多いのではないでしょうか。

そんななか、今人気を集めているのが物置投資です。
一般的な不動産投資とくらべると、費用や労力をかけずにより高い利回りを得ることができるので、今後も大きく需要を伸ばしていくと予想されています。

それでは、ここでその内容について詳しく見ていきましょう。

土地を持っていなくても投資できる

郊外などで、貸しコンテナやトランクルームの看板を見かけることがよくあると思います。

これらはすべて、捨てるわけではないが今は不要というものを、保管しておくためのサービスです。
中小企業などはもちろん、個人で利用する人も増えています。

このようなサービスに投資することを、物置投資と呼んでいます。

物置投資には、おもに屋外に倉庫を置く貸しコンテナ、ビルやマンションの部屋を利用するトランクルーム、そしてバイク倉庫などが挙げられます。

最近では、住宅の供給も過剰になっているので、遊休地の活用法として500億円の市場を超え、さらに将来的には2,500億円までいくのではないかともいわれています。

もちろん、土地を持っている人だけではなく、借りた土地に物置を設置するだけでも運営できるので、幅広い層の人に手を出しやすい投資となっています。

少ない手間とリスクで大きな利回りを得られるのが魅力

物置投資の最大のメリットは、やはり何といっても少額の資金で始められる、という点でしょう。

たとえば、貸しコンテナなら1つだいたい70万円くらいなので、数台置くとしても、工事費をふくめて300万円程度あれば十分です。これは、パーティション工事が必要となるトランクルームでも、あまり変わりません。バイク倉庫などではさらに安く、50万円程度で済んでしまうこともあります。

同じ不動産投資でも、アパマン投資となると少なくとも2000万円は必要となるので、その手軽さが分かっていただけるのではないでしょうか。

また、コンテナというのは人が住むわけでもなく、水回りなどもないので、これといってランニングコストやメンテナンスなどの必要もありません。

さらに、賃料の15~20%ほどの手数料で、土地探しから利用者の募集、契約といったすべての運営を業者にまかせることもできるので、投資以外は基本的に何もする必要はないといえます。

それでいて、実質利回りが15~20%と、アパマン投資にくらべてかなり高めな点も、大きな魅力です。

もし運営がうまくいかずに撤退するとしても、コンテナを別の土地に移動させるだけで新しく始めることもできるので、リスク面でもとても優れている投資といえます。

気長な運用と土地探しが成功のポイント

このようにメリットの多い物置投資ですが、気をつけなければいけない点もあります。

まず、サービス自体がまだあまり普及していないという点です。日本ではまだ、貸し倉庫などを利用する人は、120~130世帯に1人といわれています。

ですから、運営してすぐに利用者で埋まることはまずありません。稼働率が上がるにはそれなりの時間が必要となるので、そこまでは賃借料やローンの返済でマイナスになってしまうケースも多くなるでしょう。

また、建物もないので、固定資産税の特別控除を受けることもできません。

しかし、このようなスタートの鈍ささえ乗り越えさえすれば、いったん利用したユーザーがなかなか離れにくいのも、このビジネスの特長です。

次に問題となるのが、土地探しです。

物置投資に注目が集まっている今、物件の競争率は激しく、4~5倍くらいになることも珍しくありません。ひとつの業者にまかせているだけではなかなか見つからないので、自分で複数の業者を訪ね回ってみたり、あるいはインターネットや、ドライブなどで直接探してみるという方法も必要です。

また、物件自体が物置投資に向いているかどうかを見きわめる必要もあります。基本的には大通りに面しているほうがよいのですが、あまり交通量が多くてもよくありません。
できるだけ生活道路に面している土地や、敷地へ入りやすい土地を選ぶようにしましょう。

よい条件の土地さえ押さえられれば、あとは都心でなくても十分に利益を上げることができるようになるはずです。

このタイミングに乗り遅れないように始めよう!

このように、同じ不動産投資のアパマン投資とくらべてみても、初期費用や手間がかからず、忙しいサラリーマンにとってまさに理想的な投資ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

需要の伸びなどを考えても、サイドビジネスとして始めるには、まさに今が絶好のタイミングともいえます。

興味のある方は、この流れに乗り遅れないようにぜひ検討してみてください。



-不動産投資

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.