購入

バルコニー付き物件の利点は?マンション・一戸建てでの活用法を探る!

更新日:

バルコニー付きのマンションや一戸建ては、ガーデニングや屋外での食事などに憧れる方にとっては必須設備なのではないでしょうか。例えば庭付きの一戸建てということであればそれが一番理想的な形なのかもしれませんが、広めの庭を確保できる「土地」が前提として必要になるのは周知の事実だと思います。

昨今の土地事情を鑑みると、高い土地代も気にならないほどの資金があるか、土地代を抑えることができる郊外でもかまわないということでなければいいのですが、実際はなかなか思うようにいかないものです。

そのような高額で広い土地の確保をする必要もなく、建物の中や外側の張り出し部分の「バルコニー」でガーデニングなどを楽しむことができれば理想だと思いませんか?

「バルコニー」と「ベランダ」・「テラス」は何が違うの?

簡潔に言うと「ベランダ」は、「屋根の付いているバルコニー」です。マンションでは基本的にベランダとなりますし、日本家屋の「縁側」にも軒が付いていることで一種のベランダと言うことができます。

ただしベランダは、屋根が付いて洗濯物を干す場合などは重宝しますが、ガーデニングなどアウトドア的な目的にしては少々狭く感じるかもしれません。

一方「バルコニー」は、屋根が付かずに建物の外側に張り出されたスペースのことを言います。比較的に広いスペースを確保できるので、さまざまな趣味に利用することができます。

建物の1階部分の前面、庭に向かって張り出されたスペースを「テラス」と呼びます。地面より一段高いところに設置されるため、「庭」とも違ってくるわけです。材料が木材であれば、「ウッドデッキ」となります。

とにかく豊富な利用バリエーションで「バルコニー」を楽しもう!

バルコニーと言えば、やはり「ガーデニング」を楽しむのが醍醐味です。数多くのプランターを置いて、家族みんなでいろいろな種類の花を育てたり、野菜を栽培したりすることができます。

床や壁をラティスなどでオシャレに飾り、花や装飾品などで自分好みのスタイルに仕上げることも可能です。それこそオリジナルな「庭」を自分で作る楽しさを味わうことができます。

一方テラスは「アウトリビング」と呼ばれるように、建物内のリビング・ダイニングと一体になった空間としてさまざまな活用方法で楽しめます。大人数のパーティーとして広い空間での食事会を開くのも、効率的で楽しい利用法の一つです。

テラスのある物件はあまり多くはありませんが、地域によっては「テラスハウス」という考え方での建て方を特徴にしている物件もありますので、情報収集を欠かさないことが重要です。

まとめ

バルコニーを後付けで設置することも、もちろん可能です。生活をしていくうちに園芸の趣味に目覚めたりすることで、バルコニーの必要性を感じるようになることもあるでしょう。

ただ、どのようなリフォーム案件でも同じことが言えますが、もともとないものを後で設置・造作することは、費用的にかなり高額になることがあります。できるならば最初に物件を購入するときは、将来的な利用方法や趣味などの多様性も考慮し、後々費用が積み重なっていかないようなプランを立てながら購入を進めていく方が良いでしょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.