購入

「収納」を重視したい方へ!物件購入時の「収納」選別ポイント解説

更新日:

分譲マンションや戸建て住宅の購入を考える際、「収納」の多さや広さ・種類などにこだわりを持つ方は多いのではないでしょうか。家族の人数が多い、それぞれの趣味のための道具が多くある、今まで家具に入れていた物を新しい物件では収納スペースに収めたいなど、効率的な「収納スペース」があればさまざまな必要性に対応することができます。

家族にとって大事なものや長く使う必要のあるものなど、収納スペースがどうなっているのかを、物件選びの際にチェックしておくことはとても大切なことです。

できれば「これだけ」は確保したい収納スペースの種類

まずは何と言っても「クローゼット」です。基本的には洋室にある衣類中心の収納スペースとなります。他にも、バッグや帽子・普段使わない道具など用途は多彩で便利な場所です。

物件の中には洋室にクローゼットがないものもありますが、それだと収納用の家具やボックスを部屋の隅に置かなくてはいけなくなりますので、できるだけクローゼットのある物件は必須で選びたいところです。

余裕があれば「ウォークインクローゼット」がある物件を選ぶことができれば、とても便利でしょう。ちょっとした衣類部屋のようなイメージで、家族全員のシーズンオフアイテム・ファッションを収納することができます。

また、あると便利なのが「シューズインクローク」。玄関に併設され土足で入ることが可能な、靴や野外アイテムの収納スペースです。

家族の人数が多い場合に重宝することはもちろん、ベビーカーや子供の外遊び道具・おもちゃなども置くことができます。玄関周りをスッキリ片付けることができるでしょう。

収納について物件見学の際に「必ず」チェックしておきたいこと

収納については広さや種類だけでなく、いくつか見ておきたいポイントがあります。まず一つ目は「収納率」

通常の物件においては、その専有面積の8〜10%が理想だと言われています。それより少ないと収納スペースとしては手狭になるし、収納率が高すぎても生活空間への影響が出てくるかもしれません。

二つ目は各収納スペースの「間口」。写真や見取り図からは、なかなか判断しにくいところです。間口が狭いと、せっかく広いスペースがあっても入れられるものに限りが出てしまいます。事前にしっかり採寸しておく必要があります。

三つ目は「カビ」。水回りにある収納スペースや日光の当たりにくい場所にあるクローゼットなどが、カビの生えやすい環境となっています。

あやしい斑点やシミは、しっかりチェックしておきましょう。川沿いの物件は特にカビが生えやすい傾向にあるので、十分な注意が必要です。

まとめ

物件探しをしていて、せっかくお気に入りのマンションや家が見つかったのに、実際に住んでみたら予想以上に荷物を収納する場所が足りなかった、という話は意外によくあることのようです。

収納にこだわって物件を探すのであれば、事前に持ち込む荷物の量や大きさを把握しておき、収納の種類や数・広さなどをしっかり「採寸」しながらチェックするほうがいいと思います。また、家族の状況も考慮に入れながら、将来的な荷物や道具の増減なども計算しておいたほうが、より安全かもしれません。

快適な生活空間の確保に、直接影響してくることが考えられる「収納スペース」。くれぐれも後悔のないよう、十分に注意しながら計画していくようにしましょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.