購入

「床暖房」付きの物件購入を迷っている方へ…メリットとデメリット徹底比較!

更新日:

「床暖房」は冬場の底冷え対策にちょうど良い!と、床暖房システム付き物件の購入をお考えの方も多いのではないでしょうか。高齢者の家族がいらっしゃる場合は尚更そのように感じることでしょう。

ただ、実際に床暖房を取り付けている物件に住まわれている方や、新たに取り付けた方などは、本当に床暖房システムに満足しているのでしょうか?

もちろん部屋の中や身体が温まるというメリットはすぐにでも理解できそうですが、その他のメリットやデメリットもよく把握してから、床暖房システムが付いている物件の購入を検討するのも遅くはないと思います。

暖かさだけではない!意外な床暖房システムのメリット

「床暖房は足もとだけが暖かくなるのでは?」とお考えの方が多いと思います。もちろん品質や価格によっても違いがあるのですが、床暖房システムのメリットはそれだけではありません。

床暖房はシステムの内容によって、部屋全体を均一に暖めてくれるものもあります。さらに高気密・高断熱の家であれば、部屋だけでなく家全体も暖かく保つことも可能です。

また、エアコンと違って室内に機械的な温風を送り込むことがないので、埃が舞い上がったり嫌な臭いがすることもありません。クリーンな空気感を大事にする方には嬉しいメリットではないでしょうか。

暖房器具が剥き出しになっているわけではないので、設置についてもスペースを取ることがなく、部屋を広く使うことができます。ファンヒーターのように「ファン」がついてないので、騒音が気になることもありません。

床暖房システムで困るポイントはこれだ!考えてもみなかったデメリット

床暖房システムはメリットばかりの印象があるかもしれません。まったく床暖房のことを知らない場合は、すぐにデメリットが思いつかないのではないでしょうか。

デメリットの一つとして考えられるのが、やはり「コスト」の問題。床暖房も消耗品です。

循環している不凍液の補充や交換、ボイラーの整備や交換などが必要に応じておこなわれる場合があります。電気式や温水式など、どのシステムの場合でも耐用年数があるので、相当の期間が経過すれば点検や修理・交換などのコストが必要になります。

また床暖房システムは機能性が高いということもあり暖かくなりやすい反面、「低温火傷」への注意が必要になります。特に小さな子供や体の弱い高齢者の方がいる場合は、気を付けなければいけません。

まとめ

床暖房システムは、基本的に暖房器具としては便利なものと位置付けられるでしょう。

ポイントは、デメリットであげた「コスト」と「安全面」をどう判断するかです。

経済的に多少の余裕があり、小さな子供や高齢者と一緒に住む予定がない、というのであれば問題はないように思います。一般的にも床暖房システムは維持コストが高い場合が多いので、経済的にそんなに余裕がないと感じるのであれば、他のコストがかかりにくい暖房器具・設備も選択の候補に入れながら総合的に判断しましょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.