購入

「ディスポーザー」付き物件に「意外」なメリット・デメリットを発見!

更新日:

キッチンのシンク下に設置されている「ディスポーザー」。簡単に言うと生ゴミ粉砕機のことです。水を流しながらでも生ゴミを粉砕することができ、処理層に流していきます。

生ゴミをキッチンの排水溝部分に溜めている場合や、ゴミ収集車が来てくれるまで置いておかなくてはいけないとき、臭いに困ることがあります。そんなときに「生ゴミを普段からできるだけ臭わないようにしておきたい!」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

分譲マンションや一戸建てを購入しようとすするときに、「ディスポーザー」の設置してある物件とそうでない物件どちらが良いか。そのメリットやデメリットを検証しながら一緒に考えていきましょう。

「ディスポーザー」設置物件を購入する場合のメリット

ディスポーザーを設置する最大のメリットは、もちろん「臭いなどの衛生面」です。特に夏場に感じる生ゴミの異臭は、人によっては耐え難いものなのではないでしょうか。

ゴミ収集車が回って来てくれるタイミングや時間帯などに何らかの理由で合わせることができない場合、臭いが耐えられないとお考えならディスポーザー付きの物件購入はかなり優先度が高くなると思います。

他にも、害虫が寄り付かなくなった・掃除が楽になった・排水溝用のネットをかける手間が無くなったなど、使用経験者からも絶賛の声が多数上がっているようです。

例えば、特に衛生的に気を付けなければいけない小さなお子様がおられるときや、病気など身体の調子を整える必要がある方が同居の場合などは、ディスポーザー付きの物件を考慮するほうがいいのかもしれません。

「ディスポーザー」設置物件を購入する場合のデメリット

ディスポーザーが設置されている場合の最大のデメリットは、「高いコスト」だとよく言われています。ディスポーザーで生ゴミを砕く場合、ネットなど張らずそのままゴミが排水溝に直接入り込むわけです。砕いた物全てが抜かりなく収集できればいいのですが、万が一、生ゴミの一部でも流れていってしまうと、浄化槽などの設備故障の原因になりかねません。

設備に不具合を生じさせないためにも、通常より多めの浄化槽の定期点検が必要になってくるでしょう。物件がもしマンションならば、ディスポーザー用共用排水管の点検・清掃費用が必要になってきます。

もちろんディスポーザー本体の点検費用、故障した場合は修理・部品代が必要になってきます。もし共用部分にまで故障被害が及んだ場合は、修理費用がかなり高額になる可能性も否定できません。

まとめ

ディスポーザー付きの物件にしようかどうか考えるとき、臭いを抑えたり衛生面を守ることを第一に優先したい場合は、多少のコストを覚悟してでもディスポーザー付き物件にこだわったほうがいいでしょう。

そこまで臭いや衛生面の優先度が高くなく、もし物件の環境的な条件面から考えてディスポーザーがなくても良さそうであれば、コストを考慮してディスポーザーなしの物件を選ぶことも悪くないかもしれません。

生ゴミは、いろんな工夫次第で臭いや衛生面をある程度綺麗に保つ方法はいくらでもあるようです。「ディスポーザー」の便利さを選ぶか、コスト面から選ぶのをやめるのか、物件にある他のさまざまな環境も一緒に加味しながらしっかり考慮するようにしましょう。



-購入

Copyright© イエマニア , 2020 All Rights Reserved.